ダフロン

2007年01月23日

マルアークの種 片翼の記憶/細江ひろみ

4797339330マルアークの種~片翼の記憶~
細江 ひろみ みかき みかこ
ソフトバンククリエイティブ 2007-01-12

by G-Tools

【女性恐怖症のトラウマを抱えた秀人は、その原因を捜すべく向かった先で事故に遭う。見知らぬ病院で目覚めたとき、彼は不思議な少女達と出会う。彼女たちはいったい何なのか?】

閉鎖病棟ラブコメ

トラウマを抱えた少年と不思議な二人の少女との入院生活。
怪我を負って入院した秀人が出会ったのは、銀髪に紅眼の少女・亜里沙と頻繁に記憶喪失を起こす少女・和葉。
普通とはちょっと違う彼女たちに違和感を覚えた秀人が、
やがて彼女らに秘められた事実を知っていくといった話です。

世間知らずな亜里沙やおっとりした和葉と送る入院生活の場面では、ほのぼのとした会話といい、和葉と秀人がお互いを意識しあう初々しい雰囲気がとてもよかったのですが、
後半、彼女らについての秘密が明かされてからは、一気に話の空気が伝奇っぽくなってしまったのが若干、興醒めかな。

秀人は良くも悪くも平々凡々で陰が薄い・・・。
キャラ全体にもうちょいアクがあってもよかったかと。
そしてエピローグになんでもかんでも詰めないでください。
ピンチを脱した後は、後日談を書くべきなんだろうけど、
さすがに細かすぎます。あと秀人はガキっぽすぎます。

なんか読んでいていろいろと納得が追いつかない。
雰囲気小説といってしまえばそうなんですけど、わかりづらい
原案は絵師本人とのことですが、あとがきを読むと当初のファンタジー路線、殺伐とした娘っぽい和葉の方が面白そう。
イメージ絵そのものは幻想的で儚いカンジがよかったので、
文章に落とすときの作家か編集の雑念が余計だったのかな。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マルアークの種 片翼の記憶
Excerpt: マルアークの種 細江 ひろみ著 ソフトバンククリエイティブ(2007.1) 幼い頃に兄が療養していたサナトリウムで事故に巻き込まれた秀人は最近、過去の悪夢に悩まされていた。偶然買った本で見かけた、そ..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2007-01-24 02:47

[細江ひろみ] マルアークの種 片翼の記憶
Excerpt: お見舞いで兄の隣に寝泊りしていたとき、病院が火事になり、目が覚めたときには、兄はいなくなっていた。十年前のことで、その頃の記憶はないのに、秀人は未だ悪夢にうなされるときがある。 ある日、ふと手にとった..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-01-24 08:57

マルアークの種 片翼の記憶
Excerpt: 『マルアークの種 片翼の記憶』(著:細江ひろみ イラスト:みかきみかこ GA文庫刊)を読了。  んー、勿体ない。一言で表現すると練り不足という感じかなぁ。生きるとは愛、というのをテーマを描こうとして..
Weblog: ぬるいヲタク猫風味
Tracked: 2007-01-24 19:58