ダフロン

2015年05月20日

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 4/大森藤ノ

4797383127【Amazon.co.jp限定】 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
大森 藤ノ はいむら きよたか
SBクリエイティブ 2015-05-14

by G-Tools

「どうして君は、そんなに早く、強くなっていけるの?」「……何がなんでも、辿り着きたい場所があるから、だと思います」「私も……」──悲願(ねがい)がある。何がなんでも、辿り着かなければならない場所が、遥か先の高みにある。少女にも、少年にも。ついに始まる『遠征』。未到達領域59階層への挑戦。

 冒険を越えた英雄たち

 ロキ・ファミリアの美しき女剣士アイズの視点から描くダンまち最強スピンオフ

 レフィーヤ頑張った。外伝はこの娘を応援していこう。アイズは放っておいてもベル君とイチャるし。
 レベル6になったアイズに触発され、遠征を目前に特訓ブームが訪れたロキ・ファミリアの少女魔術師レフィーヤが、憧れのアイズや先輩団員の背中を追いかけて必死に手を伸ばし成長していく姿に胸が熱くなった。
 本編のように初々しい成長物語もいいですが、最前線で活躍する攻略組の物語も壮大でいいですねぇ。

 ベルとアイズが秘密の特訓をしているところを目撃してしまい、驚愕と嫉妬にかられるレフィーヤが可笑しく、アイズがベタ褒めする少年にライバル心を抱いてより修行に励む彼女の真っ直ぐな負けん気が眩しいです。
 未到達領域59階層への挑戦を目標に掲げるロキ・ファミリアを支援する他派閥もあれば、迷宮深層への潜入を望ましく思わぬ勢力もあり、アイズたちの一挙一動を中心に世界観が回っていく展開がワクワクする。

 遠征に向かう途中、ベルとミノタウロスの死闘を目撃し、下級冒険者が成し遂げた偉業に奮起され、はやる気持ちを抑えきれないベートやティオネたちも若さが溢れていいですね。彼らもまだ伸びしろがありそうだ。
 予想外のアクシデントに遭遇しながらも目的の59階層へ到達した彼らが見たのは未知の世界と未知の怪物で、都市最強クラスの冒険者たちが全力を振り絞り、連携を繋いだ迫力満点の大激戦に魅せられました。

 神々の眼の届かない地下深くで繰り広げられていた闇派閥の企みを知り、さらに事態のスケールが都市や世界規模に広がっていきますが、もう外伝でやるレベルじゃないですよねこれ。世界の危機がこわい。
 本編での思わせぶりなヘルメスの言動が意味わかめでしたが、ベル君に何を期待しているのか、なんとなく見えてきますね。今後は本編にも繋がってくるのでしょうか。それまでにベル君はどこまで強くなっているのか。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

異世界ラ皇の探求者 02.女騎士さんはシコシコです!/西表洋

4797383380異世界ラ皇の探求者 02.女騎士さんはシコシコです! (GA文庫)
西表 洋 モレ
SBクリエイティブ 2015-05-14

by G-Tools

ある日、チャーの屋台の対岸に見慣れない一軒の屋台ができていた。「まさか冒険者学院の敷地にライバル店が現れるとは──迂闊でした」ただでさえ皆無にほど近い客足を心配するアテナ。更にはライバル店主から勝負を挑まれることに――!?

 命をかけた戦いがそこにある

 異世界に転生し至高のラーメンを究めんとする少年が繰り広げるラーメンマシマシファンタジー

 ここまでラーメンを不味そうに描けるとは、作者はラーメンに恋人でも殺されたのか……?
 クソ不味いラーメンに加え、ライバル店の登場により、さらに経営が窮地に追い込まれた主人公チャーが、店の存続をかけて料理勝負をすることになり、ヒロインたちが悪戦苦闘する姿が笑いを誘いました。
 死人がでるラーメンってダメでしょ! ラーメンには何の魅力もないが、ヒロインが可愛すぎて困る。

 ライバル店に客足を奪われて心配するヒロインたちをよそにライバル店長の煽りに乗って閉店を賭けた料理対決を受けてしまう自信満々のチャーのボケ面をはっ倒してやりたくなりますね。味オンチを自覚しろよ!
 勝負する前から負けが見えている対決をなんとかフォローすべく、チャーのためにヒロインたちが制服を作ったり、新しいラーメンの具材探しに奔走しては空回りする姿がいじらしくて泣ける。おのれチャーめ!

 いやもう、本当にヒロインがそれぞれ可愛すぎるんですよ。腹黒ロリメイドなメイとか、どこかズレて乙女なアテナさんとか、クールなのにときどきドジる黒マントとか、おっぱい弟子のおっぱいとか、キャラの異なる美少女がことあるごとに全裸になったり、コスプレしたり、触手に絡みつかれたりするんだぜ。もうラーメン対決の行方とか、本当どうでもいいよね。美少女を裸にして鍼刺しまくるハーレムファンタジーにしようよ!

 自称・ラーメン職人のチャーが作るラーメンよりも、素人のはずのアネキャットやメイの作った料理の方が美味しそうなんだもん。っていうか、もうラーメンが人間の食べ物じゃないんだもん。魔獣のエサだこれ。
 てっきり今回で再会できると思っていたのにパクパ様残念な子……。息子さんが学校サボって大勢の少女を囲っている女たらしになっています早いところ制裁を。チャーは一度ぐらいひどい目にあった方がいいと思うの
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

僕と彼女のゲーム戦争 8/師走トオル

4048651315僕と彼女のゲーム戦争 (8) (電撃文庫)
師走トオル 八宝備仁
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-05-09

by G-Tools

秋葉原のゲーセンで遊んでいたことが父にバレてしまい、部活禁止を言い渡されてしまった天道。天道の部活復帰のために、世界レベルで商業的に成功したゲームの例を提示することで、どうにか天道の父の理解を得ることに成功する。しかし天道が部活に復帰するためには、大会で結果を残すという、交換条件が出されてしまう。

 時空を超えた戦い

 名門女子校のゲーム部に入部した少年がチームメイトと共に世界大会を目指すゲームライフラブコメ

 カラー口絵の男女の格差ワロタwっていうか誰だ!? これは人物紹介の意味をなしているのだろうか。
 ゲーセンで遊んでいたことが父親にバレてしまい、部活禁止を命じられた天童の部活復帰を賭け、ユーザー数最多タイトル『リーグ・オブ・レジェンド』の大会で実績を残すため、団結する5人の姿に胸が熱くなった。
 やはりチームワークが重要なチーム戦は、それぞれのキャラが相乗効果でより魅力的に映えますね。

 『電撃FC』は、いつか登場すると思ってました。『電撃FC』は従来の格闘ゲームと違って、初心者でも勝ちやすい仕様になっているから岸嶺向きですが、対人戦の駆け引きはなんかちがくないかそれ……。
 天童父のゲームへの偏見は古臭すぎますが、こういう大人いるいる。ゲームは遊びだけれど娯楽だって立派な産業だってことがわかってない中年が多過ぎる。そういう大人が日本をゲーム後進国にさせてるんですよ!

 『リーグ・オブ・レジェンド』の大会に向けて戦術や立ち回りを研究するシーンだけですでに面白い。キャラクターが100体前後で技も4つずつしかないと知って「少ないな」と思ったのは私だけでしょうか。
 またもや《宵闇の魔術師》チームと対決することになり、どちらのチームも譲れない思いを抱えて勝負に挑み、ゲーマー全員が仲間のためを考えて勝利を目指し、技術と知識と意地でぶつかり合うから素晴らしいんだ。

 『リーグ・オブ・レジェンド』は興味はあるんですけど、チーム戦が重要なゲームで言葉の壁があるとそれだけでハードル高いんですよね。あと私自身が海外ユーザーのチームワークを信頼してないってのもある。
 ゲームの上級者になるのには、経験も知識も必要ですが、私の意見としては自分に合ったスタイルを見つけてそれを磨くことだと思います。まあ考え方はいろいろあるでしょうけど、さて岸嶺はどんな道を選ぶのか。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする