ダフロン

2016年01月03日

2015下半期新刊10選

 半期恒例の新刊チョイス。

 ルールはいつも通り、既刊シリーズを除き、2015年下半期にシリーズを開始した新作&読み切りに限定しています。また作品のナンバリングはランク順位とは関係ありません。

1.宇宙人の村へようこそ 四之村農業高校探偵部は見た!
4048653385宇宙人の村へようこそ 四之村農業高校探偵部は見た! (電撃文庫)
松屋大好 霜月えいと
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-08-08

by G-Tools


 宇宙人の子孫たちが作り上げた村で巻き起こる怪事件に挑む超科学田舎暮らし物語
 常識外の天才児や超人たちがひしめく四之村に引っ越してきた主人公が、探偵部の美人部長と共に奇っ怪な事件に巻き込まれていく展開にハラハラする、オカルトと超科学の混ざり合った新感覚のSFでした。

2.東京ドラゴンストライク
4048651234東京ドラゴンストライク (電撃文庫)
長田信織 緒原博綺
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-08-08

by G-Tools


 異世界からやってきたドラゴンの侵略に立ち向かうスペクタクルアクション
 自動車や戦闘機などの機械を眷属に変える力を持ったドラゴンの侵略から日本を守るため、主人公・景人と竜族の少女クウクルが奔走するスケールの壮大さと息もつかせぬノンストップ展開が手に汗握りました。

3.MOE 召喚しませ!おとめなえいたんご
4048655175MOE―召喚しませ!おとめなえいたんご (電撃文庫)
旭蓑雄 keepout
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-11-10

by G-Tools


 擬人化された英単語に恋した少年の萌えて学べるオンラインゲーム奮闘記。
 VRMMO『えいたんご☆ますたあ』の超人気キャラ銀髪貧乳ツンデレ幼女【explode】を手に入れるため、誰も解いた者がいない難問クエストの謎を解いていく主人公エイタの天才ぶりと変態ぶりがドン引きでした。

4.最強ゲーマー、異世界にて実況プレイ中
4865540695最強ゲーマー、異世界にて実況プレイ中 (オーバーラップ文庫)
結城忍 加藤いつわ
オーバーラップ 2015-10-22

by G-Tools


 異世界に飛ばされた凄腕ゲーマーがツルハシ一本から始める異世界新生活ファンタジー。
 ひょんなことから異世界でダンジョンの管理人見習いになった主人公・高坂葵が、古今東西のゲーム経験を活かし、アイテム売買や合成を繰り返して現地人と築いていく人間関係や意識改革がワクワク胸躍りました。

5.ワールド・ティーチャー ―異世界式教育エージェント―
4865540601ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)
ネコ光一 Nardack
オーバーラップ 2015-09-18

by G-Tools


 異世界に転生した元最強エージェントが、弟子たちと駆け上がる異世界教育ファンタジー。
 かつて世界最強のエージェントだった男が命を落とし、異世界に転生した少年シリウスが、孤児の子供たちを弟子にして、戦い方や生き方を教えていく姿に考えさせられます。流行りの異世界転生と教官ものの融合作。

6.七星のスバル
4094515666七星のスバル (ガガガ文庫)
田尾 典丈 ぶーた
小学館 2015-08-18

by G-Tools

七星のスバル 2 (ガガガ文庫)七星のスバル 2 (ガガガ文庫)
田尾 典丈

by G-Tools


 再起動した仮想世界で再会を果たした幼なじみとの絆を描く革新的青春オンラインストーリー。
 かつてMMORPG《ユニオン》の世界で伝説となった最強パーティの6人の幼なじみが、再稼働した新世界《リユニオン》で再会し、バラバラになって失われたお互いの絆をもう一度築いていく姿が胸に迫りました。

7.ダメ魔騎士の英雄煌路
4040680189ダメ魔騎士の英雄煌路(ヘルトシュトラッセ) (MF文庫J)
藤木 わしろ 山本 ケイジ
KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-12-25

by G-Tools


 魔術を使えず仕事もサボってばかりのダメ騎士が国家の窮地を救うネクストヒーローファンタジー。
 英雄の息子でありなが魔術の才に恵まれず、騎士としての仕事もサボって妹に介護されているダメ人間アルフが、手段を選ばない卑怯な戦い方で高慢な騎士たちの鼻をあかしていく戦闘シーンが痛快でした。

8.あやかし露天商ティキタカ
479738512Xあやかし露天商ティキタカ (GA文庫)
井上 樹 ゆらん
SBクリエイティブ 2015-11-13

by G-Tools


 あやかしの露天商に部屋を貸すことになった少年が遭遇する美少女あやかしラブコメディ。
 あやかし専門の露天商ティキタカに部屋を貸すことになった少年・江口海人が、客として訪れるあやかしにまつわる騒動に巻き込まれつつ、ヒロインたちとフラグを立てていくところがニヤケました。

9.剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です。
4798611131剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です。 (HJ文庫)
ツガワトモタカ 村上ゆいち
ホビージャパン 2015-10-30

by G-Tools


 人の死ななくなった剣と魔法の世界で超兵器を駆使して神と戦う最強無双SFファンタジー。
 老衰以外では人が死ななくなった世界で唯一死ぬ可能性がある少年エイジが、失われた文明の機械兵器を駆使し、人類を滅亡させる神の僕アマデウスとの次元の違うぶっ飛んだ戦いぶりに圧倒されます。

10.楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?
4047307971楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃? (ファミ通文庫)
野村 美月 竹岡 美穂
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-11-30

by G-Tools

楽園への清く正しき道程 1番目はお嫁さんにしたい系薄幸メイド (ファミ通文庫)楽園への清く正しき道程 1番目はお嫁さんにしたい系薄幸メイド (ファミ通文庫)
野村 美月 竹岡 美穂

by G-Tools


 庶民から王様になった少年がハーレムを築いていく宮廷ラブコメディ。
 庶民から玉座を継いだ美少年ルドヴィークが、遠い帝国の王女カテリナと政略結婚することになり。高貴な血筋で美少女でありながらも極端なツンデレである彼女に翻弄される姿が切実で胸が締め付けられました。

次点
俺と魔物の異世界レストラン…異世界グルメに見せかけた働くラノベ、着眼点はいいと思う。
ギルド〈白き盾〉の夜明譚…潰れかけた傭兵ギルドを兵站から立て直すという切り口が珍しい。
月虹戦記アリエル…天才幼女が主人公の戦記物とくれば食いつかずにはいられない。
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!…こいつらならとんでもないことをしてくれるという期待感を掻き立てられました。
異世界魔導古書店…表紙の知的でおしとやかな美少女はいったい誰だったんだ(; ・`д・´)

総評
 ジャンルとしては「小説家になろう」からの文庫デビューも続いたことも影響し、タイトルに「異世界」がつくファンタジー作品が多い印象です。現代ものであっても、ファンタジーから現代世界へと勇者や魔王、ドラゴンがやってくるようなパロディ風の作品が増え、定番の学園異能バトルや学園ラブコメと三つ巴を繰り広げています。しかしやはり現在の主流はゲーム感覚のファンタジーがスタンダード。VRMMORPGもの、異世界転生ものがジャンルを二分していて、そこに異世界グルメや教官ものがジワジワと浸透してきているような感じです。

 今期は前期に引き続き人気作家の新シリーズのラッシュが続きましたが、異世界グルメや教官ものの流行は既存作家の作品にも傾向が見られますね。手島史詞の『戦艦学園のグラムリッター』や、瀬尾つかさの『横浜ダンジョン』にも教官要素がありますし、アサウラの『英雄都市のバカども』はアクションよりも食レポがメインとまで言われるくらい力がはいってます。

 その他には、これまで鬼門とされていたSFロボットものの急躍進に注目が集まっています。ロボットものが受け入れられる下地もできてきたのでしょうか。「今年はSFが流行る」と言い続けて毎年ハズレてたので、2016年こそ流行ってください。戦記ファンタジーだって、見事に盛り返したんだからSFだってやればできる(はず)。同じく鬼門の一角とされていた将棋ラノベでは、白鳥士郎の『りゅうおうのおしごと!』が出ています。超頑張れ。

 これまでのラノベ業界ではタブーやジンクスとされてきた題材にも果敢に挑戦していく風潮が見られていい年でした。2016年もどんどんこうした新境地を開拓していって欲しいです。次世代の名作はきっとそこに誕生すると思います。

過去記事
2015上半期新刊10選
2014下半期新刊10選
2014上半期新刊10選
2013下半期新刊10選
2013上半期新刊10選
2012下半期新刊10選
2012上半期新刊10選
2011下半期新刊10選
2011上半期新刊10選
2010下半期新刊10選
2010上半期新刊10選
2009下半期新刊10選
2009上半期新刊10選
2008下半期新刊10選
2008上半期新刊10選
2007下半期新刊10選
2007上半期新刊10選
2006下半期新刊10選
2006上半期新刊10選
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。/逢上央士

4800247489建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。 (宝島社文庫)
逢上 央士
宝島社 2015-12-04

by G-Tools

建築を学ぶ今西中が、風変わりな喫茶店で出会った小柄な女性。彼女こそ今西がこれからインターンとして働く建築事務所の代表、音無薫子だった。天才的な観察眼と奇抜な発想で依頼に応える彼女の元には、ちょっとワケありの依頼人ばかりが訪れて

PRtag.jpg

 家に宿るは家族の想い

 依頼主の要望聞くが決して要望通りにしない女性建築士が家に秘められた謎を解き明かす建築ミステリー

 建築ミステリーとはなんぞやと思いましたが、読んでみると、謎解きのある立派なミステリーでした。
 建築学を学ぶ大学生の主人公・今西中が、インターンとして働くことになった建築事務所所長・音無薫子と共に、奇妙な依頼主が持ち込む謎あり物件のリノベーションに挑み、導き出してく建築計画が興味深かった。
 謎を紐解いて見えてくる、かつて家に住んでいた人々の想いや願いにホロリと涙するいい話でした。

 今西中が働くことになった音無建築事務所は、所長である音無薫子が切り盛りする超小規模ながらも奇妙な依頼ばかりやってきて、依頼主の服装や建物を見ただけで事情を察する音無薫子の観察眼が、まさに名探偵。
 要望は聞くけれども自分のプランに任せなさいと、やたら強気な彼女ですが、そこは「餅は餅屋」。素人では気づかないような驚く工夫やプランを提示して、最後にはしっかりと依頼主を満足させるから痛快です。

 劇的ビ○ォーなんたらで、カリスマ建築士たちが、何故やたら住みにくいデザインの建築ばかりするかわかった気がします。いえ、薫子さんはそんな建築は考えないんだけれど、ライバル建築事務所は地雷臭がする。
 ただ建築士の理想を押し付けるのではなく、家を建てた親や住む人の想いや願いを反映した、思いやり溢れる家造りが感動的でした。夢を思い出して建築士として一皮むけていく今西くんの成長もよかったです。

 作中に出てくる家に住みたいかと言われたらノーですね。100人いたら100通りの生き方、暮らし方のスタイルがあるものだから、誰でもにあった家はないのでしょう。私もそういう家に住みたいと思いました。
 この作品が、普通のミステリーとは違うのは、犯人探しやトリック・アリバイ崩しとは別の思考力が必要になって、そして絶対的な正解がないところでしょうか。読んでいて推理や考察を巡らせるのが面白かったです。
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | このライトノベルがすごい!文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10/鳳乃一真

4047307645龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10 (ファミ通文庫)
鳳乃 一真 のん
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-10-30

by G-Tools

《ゲーム》の終盤で起こった、GREAT7や七重島総合警備保障ら大人の介入によって、コレクション保持者たちの間に不穏なムードが立ち上る中、七重島に重護が帰還。決意を新たにした重護が始めたのは、誰もが想像をもしない計画で……!?

 盗人からの挑戦状

 最強地縛霊少女(ただしニート)の"埋蔵金"をめぐる、奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル。

 さすが重護汚い。いや、前回このヒモ野郎もげればいいのにと思ってたが、やっぱり主人公だったな!
 《ゲーム》で起きた大人たちの介入や、七々々コレクション強奪事件の発生でコレクション保持者たちが動揺するなか、GREAT7を相手に真っ向から勝負を挑み、澱んだ状況を一気に吹っ飛ばす重護の奇策が痛快でした。
 しかし、キャラクター増えましたね。人物紹介一覧がパッと見わけわかんないことになってるー。

 主人公不在でも七重島では状況が動いていて、《ゲーム》の影響で第七高コミュニティが勢力を増したり、混乱に乗じて唯我部長が暗躍したり、人それぞれに事態を受け止めて、これからを考えていく決意が印象深い。
 妹と元婚約者を連れて戻った重護は、いつにも増して女の子に囲まれて姦しいな! すっかり雪姫姉さんもデレてるし。これはユリシーズちゃんに刺されるのも時間の問題ですわ。いつの間にか勝ち組じゃないですか!

 重護が積極性を出して悪巧みしてると、どんなドッキリを見せてくれるのかとワクワク感がたまらない。そしてその期待を裏切らないんだから好きだよ。周囲を操るフィクサーとしての顔を隠さなくなってますね。
 一人の女を奪うために、恋のライバルに挑戦状を叩きつける男気がカッコイイ。無謀な挑戦だからこそ応援したくなる。かつては義賊なんて古臭いと拗ねていた重護が、ここにきて一回り大きく成長して見えました。

 一方、唯我部長は、どんどん暗黒面に堕ちていくなぁ。イケメンが敗北感に打ちひしがれて足掻く光景はどうしてこうもメシが旨いのか。名前からして一鶴派に入りそうな気がしていましたが、そのうち自滅しそうだ。
 七々々ちゃん殺害事件の犯人探しにも重護が先んじて一手をかけて、内心焦る壱級の今後の活躍にも期待だな。本編ではやられてばかりだが、重護に負けない好敵手でいて欲しい。さて、二学期編と新作も楽しみです。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。