ダフロン

2019年01月04日

青色ノイズと<やきもち>キラーチューン ワケありJKと始める男装V系バンド/総夜ムカイ


自分の声にコンプレックスがある男子高校生・大上透。かつて軽音楽部のライブで散々な思いをしたことで音楽をやめてしまう。その彼を「ボクは、君の歌声が忘れられないんだ」とバンドに誘う謎のイケメンが登場!? なんと、その正体はクラスで一番地味な女子・音子が男装した姿だった!


 弱い自分を救う歌

 ワケあり少年少女が音楽で過去の弱い自分を塗り替える学園青春ヴィジュアル系バンドストーリー。

 ヒロインがみんなカッコ可愛い! 揃いも揃って性格が面倒くさいけど、そこがいい!
 生まれつきの高い声にコンプレックスがある主人公・大上透が、クラスメイトの地味女子・化野音子にに誘われて男装Vバンドを組み、音楽を通じてトラウマを乗り越えていく姿に心を揺さぶられました。
 誰でも自分自身に嫌いなところがある。そんな劣等感や諦念を彼らのサウンドがぶち壊してくれます。

 普段は内気で人見知りな音子が、ウィッグをつけて男装をした途端に人懐っこくて陽気な王子様に早変わりするギャップが面白くて、ガーリーな魅力とボーイッシュな魅力が共存しているキャラが新鮮。
 妙に音子に信頼されてしまい、表面では適当にあしらいながらも、やたらと無防備で距離感が近い彼女に内心でドキドキしてしまってバンドの練習どころではない透の男心も初々しくて笑いを誘う。

 さらにメンバーのライオンや神原小鳥、演奏の腕前には十分だが、透と音子と同様にメンタルの問題を抱えていて、似た者同士で友情の輪が広がっていく展開に胸が弾む。けれど次第に人間関係のすれ違いを起こすようになって自分を追い詰めていってしまう光景は、やるせなくなりました。男女間のもつれ、傷つきやすい繊細な人間ばかりが集まるのもバンドあるあるなんでしょうか。

 自分に自信を持てない。弱い自分が嫌い。でも、ヴィジュアルという仮面をつければ、違う自分になれる。劣等感をエネルギーに変えて、虚勢でも勇気を出して嫌いな自分を受け入れて、仲間と支え合って舞台に立った透たちの歌だからこそ、文字だけでも読んでいて心に響くロックと感動がありました。
 本来ならライブのところで終わっていいんだけど、結末の絶妙な引きはずるいな。続きに期待。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

ライトノベル福袋を考えてみたA

みなさん、おはようございます。
初詣はお済みになりましたか?
おせち料理やお雑煮は食べましたか?

お正月番組はバラエティ特番が多いですね。
私はどちらかというとお笑いより、ドラマなどの物語性のある番組が好きです。
昼間は主に、こたつでぬくぬくしながらラノベを読んでいます。

さて、今日も昨日に引き続き、福袋にかこつけて、ライトノベルをオススメする突発企画をお送りします!

ルールは変わらず、予算5000円以内。
ライトノベルの定義はなんでも可。
例えば、こんなセットはいかがでしょう?

■福袋その2 "あの"人気作家の新作セット
知る人ぞ知るライトノベルの人気作家が昨年内に開始した新作シリーズのなかからオススメ作品をピックアップ。

『七つの魔剣が支配する』745円

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』の宇野朴人の新作。キンバリー魔法学院に入学した新入生オリバーと同級生たちが繰り広げる魔法学園ファンタジー。魔法と剣戟アクションを融合させた独特な世界観が魅力。最強の魔法剣「魔剣」をめぐる魔法界の深淵に迫っていく物語は読み応えも最強。


『どらごんコンチェルト』745円

『きんいろカルテット』の遊歩新夢の新作。コンクールで大失態を犯し失意に暮れるトロンボーン奏者・遊佐響也が、神聖ローマ帝国時代のタイムスリップする。そこで竜神様へ音楽を捧げる『竜楽師』を目指す十二歳の少女・フィリーネと出会う。彼女に音楽を教えながら、再び音楽への情熱を取り戻していく異世界音楽ファンタジー。


『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか? 1時間目』626円

『変態王子と笑わない猫』のさがら総の新作。27歳の塾講師・天神。教育指導に長けてるが教え子への思い入れはないドライな性格だが、女子中学生・星花に弱みを握られて「特別レッスン」をさせられることに。思春期の子供を相手する塾講師の苦労と、どんな仕事でもベストを尽くす大人の男のカッコよさを描いた年の差ラブコメ。


『リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫』691円

『ムシウタ』岩井恭平の新作。リオランド王国の辺境騎士団を率いる若き騎士団長・ミカドが戦場で拾ったのは、不慮の事態によって《科学》の異世界からやってきた少女・エチカだった。未知なる文明との衝突を避けようとするエチカとミカドだが、思いも虚しく王国と科学世界の争いに巻き込まれていく。


『ファイフステル・サーガ』670円

『タクティカル・ジャッジメント』、『僕と彼女のゲーム戦争』の師走トオルの新作。未来予知の異能を持つ公女セシリアによりもたらされた魔王の復活による人類滅亡を回避するため、傭兵団長カレルと帝国の皇子ヴァッセルら、若き英雄たちが表舞台に名乗りを上げ、時代を切り開いていく戦記ファンタジー。


『ゴスロリ卓球』637円

『ロウきゅーぶ!』『天使の3P!』の蒼山サグの新作。父親の作った8000万の借金返済のため、卓球の天才少女・斎木羽麗と主人公・坂井修が送り込まれたのは、金持ちが主催する闇賭博だった。人生と大金を賭けた危険なギャンブルがゴスロリを着て卓球バトルという、ぶっ飛んだ世界観で繰り広げられる真剣勝負が必見。


『ラストラウンド・アーサーズ クズアーサーと外道マーリン』648円

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』の羊太郎の新作。前世の記憶を持ち完璧優秀な高校生・真神凜太朗が、次世代のアーサー王を決める『アーサー王継承戦』へ介入を決める。最弱と呼ばれる瑠奈=アルトゥールの陣営に手を貸すことにした真神だが、瑠奈は金に汚いロクでなしだった。クズなヒロインと外道なマーリンが強豪ライバルを押しのけて勝ち抜いていく様が痛快な学園異能バトルもの。

計7冊で合計4762円。

 前作も併記しましたので、「あの作品の人か〜」と思いながら眺めていただければ幸いです。前作を知っている方であれば、新作も期待を裏切ることはないと思いますので、是非、書店や電子書籍でお手に取ってみてはいかがでしょうか。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

ライトノベル福袋を考えてみた@

あけましておめでとうございます。
こちらでは更新が不定期ですが、今年から徐々に再開していきたいと思っております。
みなさま、本年もよろしくおねがいします。

さて、いきなりですが、お正月といえば福袋!
デパートやアパレルショップや家電ショップの初売りの目玉といえば福袋ですが、書店で福袋販売という話はあまり聞きません。

そこで今回ライトノベルで福袋を作るとしたら?というテーマでオススメを選んでみました。

予算は、学生でもお年玉で買いやすい5000円以内!
ライトノベルの定義は不問!(単行本やキャラ文芸でも可)

いくらなんでもランダムでは収拾がつかないので、例えば、こんな福袋セットはどうでしょう?

■福袋その1 カクヨム書籍化セット
私もちょっとお仕事させていただいてる小説投稿サイト『カクヨム』から出版化した作品セットです。


『異世界城主、奮闘中! 〜ガチャ姫率いて、目指すは最強の軍勢〜』691円

ゲーム世界に召喚された主人公・梶が、残念ヒロインたちと這い上がる城主ストーリー。神に命じられてオンボロ城の主になった主人公だが、配下を得るガチャ召喚では低レアリティしか当たらない。金もなければ、力もない。そんな彼がヒロインたちを命がけで守って戦国乱世で生き抜いていく姿が熱い。

『公女殿下の家庭教師 謙虚チートな魔法授業をはじめます』648円

王立学校を次席で卒業し、学問や魔法の才に長けながらも決して偉ぶらない主人公・アレンが、魔法の使えない公爵令嬢・ティナの家庭教師となって繰り広げる教官系ファンタジー。『天性の年下殺し』のアレンが行く先々で女の子たちをメロメロにしていく光景にニヤニヤ。

『西野 〜学内カースト最下位にして異能世界最強の少年〜』648円

裏社会では最強の異能力者である男子高校生・西野は、ハードボイルドを愛する男だが、残念なことにフツメンだった。顔面偏差値がすべての学校生活で、痛い言動を繰り返しスクールカースト最底辺な彼が、それでも周囲のために陰ながら活躍する姿がカッコいい学園異能コメディ。

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』670円

片思いの相手にフラれたサラリーマンの吉田が、自宅への帰り道の途中で家出中の女子高生・沙優を拾ったことから始まる奇妙な同棲生活。「ヤらせてあげるから泊めて」という沙優に意地を張って大人の対応でつっぱねる吉田。赤の他人でありながら兄妹のような恋人のような距離感が甘酸っぱいラブコメ。

『放課後は、異世界喫茶でコーヒーを』648円

異世界でたたひとつのコーヒーが飲める喫茶店がある。現代からやってきた高校生ユウが切り盛りするこの店には、物珍しさとユウの人柄に引かれて一風変わった常連客ばかりが集まってくる。そんなお客さんたちがもたらす悩みやトラブルでいつも賑やかな店内の交流が心ときめくハートフルファンタジー。

『ワキヤくんの主役理論』626円

青春を謳歌するには主役として行動する《主役理論》を掲げる主人公・我喜屋未那。その隣人・友利叶は、彼とは真逆の《脇役哲学》を掲げていた。いがみ合ってばかりの二人だけれど、アパートの部屋の壁が壊れてほぼ同棲生活、バイト先から趣味嗜好までぴったり同じで、付き合っているとしか思えない姿が可笑しいラブコメディ。

『始まりの魔法使い1 名前の時代』648円

主人公・リョウジが赤竜として転生した異世界は、まだ言葉も文明もない石器時代だった。なにもかもが未発達の世界で、人間やエルフ、獣人たちの"センセイ"となって文字を教え、技術を教え。ゼロから文明と歴史を築き上げ、世界の理を解き明かしていく。いくつもの時代を超えて紡がれていく登場人物たちの生き様が胸を打つ創世記ファンタジー。

計7冊 合計4579円。

『カクヨム』ってどんなラノベが人気なの?と疑問に思った方へ向けた福袋セットです。これ1セットで『カクヨム』の特色や傾向がわかっていただけるかと思います。

他の福袋セット案も考えているのですが、長くなったので続きはまた明日!
posted by 愛咲優詩 at 00:00| ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする