ダフロン

2018年07月14日

「好きなライトノベルを投票しよう!!2018上半期」に投票します

好きなライトノベルを投票しよう!!」に投票します。

長い感想を書く時間がなかったので、感想は一言コメントで。

『錆喰いビスコ』
【18上期ラノベ投票/9784048936163】

新人とは思えぬキャラ、ストーリー、文章力がいずれも高い次元で融合した完成度、そして独特の世界観に圧倒される。

《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!
【18上期ラノベ投票/9784094517323】

ラノベ業界をぶった切るストーリーが衝撃的。内容の正否については賛否両論あるけれど、業界に関わる者であれば必読。

『青春失格男と、ビタースイートキャット。』
【18上期ラノベ投票/9784040728032】

正直、キャラや展開については煮え切らない点もあり不満もあるが、ぶっ飛んだ性癖をためらわず読者の顔面に投げつけてきたところが個人的には高評価。

『ミリオタJK妹!』
【18上期ラノベ投票/9784797394306】

異世界でミリオタを無双させるという、誰もが考えついたけど誰もまともにやれずにいるネタをど直球にやっているのがよい。ファンタジーで対空戦術を議論する前にまず読んでおいて欲しい一冊。

『ファイフステル・サーガ』
【18上期ラノベ投票/9784040726991】

王道戦記もの。半年に1作品くらいはこういう王道のファンタジー戦記ものが出てこないと不安になる。いい意味でクレイジーな主人公がお気に入り。

『真・三国志妹』
【18上期ラノベ投票/9784040726243】

どうして三国志と妹を混ぜようと思ったのか。『織田信奈の野望』がシリアス路線に行ってしまったけど、本当は妹のおっぱいを書きたいんだよという作者の真摯な思いは伝わった。

『オタギャルの相原さんは誰にでも優しい』
【18上期ラノベ投票/9784040699547】

ギャルがオタクに流行っているという噂を聞きつけた取材班は、その真相を探るべくオタギャルの生態に迫った。結局、オタクの僕らは積極的でヲタトークができる美少女に弱いことがわかった。

『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』
【18上期ラノベ投票/9784040691794】

働く大人の男の格好さが現れた年の差ラブコメ。作者本人も塾講師の経験がありそれがリアリティに生かされている。変態王子シリーズの世界観と若干リンクしている(?)のが気になる。

『西野 〜学内カースト最下位にして異能世界最強の少年〜』
【18上期ラノベ投票/9784040698595】

「小説家になろう」で二回も警告を受けてカクヨムから出版化したという怪作。世にスクールカーストもの学園ラブコメは数あれど、主人公がまったく救われないスクールカーストの最底辺主人公である。主人公の西野とバーテンダーのマーキスとの茶番が唯一の癒やし。それ以外、ヒロインも同級生も全員クズ野郎でストーリーも始終不愉快すぎる。誰一人好きにはなれないが、だからといって作品に低評価をつけたら負けかなと思っている。マイナス方向に振り切っているとは言え、物語に心を揺さぶられ、感動させられたということには違いない。読者がどこまで許容できるか、寛容さを試されている。西野はズレたところもあるが他人にないセンスの持ち主であり、主人公として濃いキャラに自分は好感を持っている。ただ「西野も気持ち悪い」という他の人の感想を否定はしない。それもわかる。評価が真っ二つに割れるというか、この作品を純粋に楽しめるのは絶対に少数派だ。わかりきっている。それでもこの作品に目をつけて出版化にゴーサインを出したMF文庫は英断だった。このような作品が世に出ることで読者の凝り固まった価値観や意識を変えてカテゴリエラーの壁を壊し、新しい作風を吹き込んでいくのだ。この作品は壁に空いた穴そのものだ。穴であるから何かがあるわけでも何かを得られるわけでもない、空白の虚無だ。しかし穴は確かにそこにある。自分たちは穴を通していままでにない世界を垣間見ているのだ。

以上です。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

オタギャルの相原さんは誰にでも優しい/葉村哲


「オッケー! あたしがカノジョになったげる!」相原璃子はオタクでギャルで巨乳で水泳部のリア充である! なんかノリと勢いで僕(リアルに興味のないクソオタク)のカノジョ(仮)になってくれやがった相原さんマジ天使! 一緒にいれば楽しいけれど、現実の僕らはギャルとオタクの単なる仲良しオタ友コンビ。

 陽気なギャルが世界を回す

 陽キャなギャルと陰キャなオタク男子のオタクラブコメディ。

 このクソオタク! なんで黒髪ロングよりおっぱいギャルを選ぶだー! 黒ストだぞよく見ろ!
 ぼっちオタクである主人公・綿貫アキラの平凡な日常に突如として現れた底抜けに明るいギャルの相原璃子の疑似恋人となったオタク二人の校内でも休日でもイチャつきまわる掛け合いが面白かった。
 オタクはギャルに弱いんじゃなくて、女子に優しくされたら誰にでも惚れるよ。ソースは俺。

 オタク趣味で一人で時間を潰すのが好きな寡黙なアキラと、誰かと好きを共有するのが好きな能天気なオタギャル・相原さんの正反対のキャラクターながらも妙に息の合った夫婦漫才が笑いました。
 どちらも生粋のオタクで、ゲームに始まり、深夜アニメの視聴まではともかく、マニアックなサメ映画でも嬉々として楽しんでくれる相原さんマジ天使。こんなカノジョ誰だって羨ましいに決まってる。

 おっぱいも大きくて笑顔が可愛い相原さんの魅力を次々に発見していくけれども、アキラはギャルは好みではなくて、あくまでも本命の彼女ができるまでの練習相手だとお互いに割り切ってたからこそオタ友として気軽に付き合えていたんだけど、恋心を意識してしまってギクシャクしていくところは、これだからリア充になれないクソオタクは面倒くせえなぁと思いましたね。オタクにはラブコメは難しすぎる。

 オタクは消極的だから、押しの強くてオタ趣味に理解のあるギャルに弱いとは聞きますが、いやそれにしてもやっぱり好みってもんがあるでしょう。ましてや好みのタイプどストライクの女の子が現れたら、そっちに惹かれるほうが納得できるけど、どうなんですかね。相原さんは一緒にいると楽しそうだけど恋愛もグダグダになりそう。詠美さんのほうがメリハリつけて長い目でみると付き合えそう。好みの問題か?
posted by 愛咲優詩 at 03:20| MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

Walhalla《ワルハラ》-e戦場の戦争芸術-/柳内たくみ


 戦術シミュレーションゲーム『Walhalla』。ヒルドルクランに所属する谷田契斗はクラン戦で自軍が完全敗北を喫す中、唯一人戦功を上げる。スタンドプレーとも思えるその行動はクランマスターの反感を買い、クラン脱退を余儀なくされる。そんな中、契斗の前に電脳自衛隊が現れ──


 軍師は戦場の芸術家

 類まれな戦局眼を持つ少年が人工知能と電子の盤上で駆け引きを繰り広げる本格戦術VRMMOもの。

 人間よりもNPCのキャラが面白い。副官ちゃんに課金したい。いくら貢げばうちにもくるんじゃー。
 戦略シミュレーションVRMMO「Walhalla」の世界で、戦況を見通す才能「戦局眼」を持つ少年・八咫烏(谷田契斗)が、知識と経験を越えた直感と閃きの部隊運用で描き出す逆転劇に魅せられました。
 いままでありそうでなかったタイプのタクティクスRPG系のVRMMOもの。本格的な戦術描写が熱い!

 他人には真似できない勘の良さで危機を回避し、勝機を掴むセンスを持つ八咫烏を称賛するどころか嫉妬して彼を使い潰すクラメンたちが腹立たしい。人間関係の面倒臭さまでゲームに持ち込むんじゃない。
 その八咫烏の戦術的才能を見抜いて一番評価しているのが、共に戦った味方ではなく敵であった人間ならざる量子コンピュータに宿った人工知能というのが実に皮肉が効いていて痛快なんだ。

 人工知能にライバル視されたことで自衛隊のエリートが集う電脳部隊にスカウトされ、一介の少年が日本の未来をかけたゲームに巻き込まれていくという展開が荒唐無稽だけれどもスケールが壮大でいい。
 とにかく本格的な戦術描写がいいです。歩兵を並べて、騎兵を突撃させて戦況に合わせて臨機応変に部隊を動かして、敵の作戦や思惑を読みながら将棋を指していくような深い駆け引きに引き込まれました。

 ただ主人公の八咫烏のキャラ立ちが弱くないかな。キャラ背景が描かれないから良くも悪くも影が薄い。自衛隊のおっさんズやNPCがいいキャラしていて人間臭くて愛着が持てるだけにもったいない。
 例えば、無課金縛りだったり、不遇キャラを好きで使ったり、チート能力以外にも何かしらのこだわりか感じられるプレイスタイルを持っているとゲーマーとして親しみや共感がわいたと思います。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| ブレイブ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする