ダフロン

2018年07月29日

空飛ぶ卵の右舷砲/喜多川信


『大崩壊』から数十年。小型ヘリ<静かなる女王号>を操り、樹竜狩りを生業とするヤブサメ。彼は師であり相棒でもあるモズとともに仕事をこなしながら、日本各地を飛び回っていた。そんな中、二人は東京第一空団副長セキレイに、その腕を買われて旧都市・新宿での大規模探索作戦への同行を依頼される


 呻れ、回転翼! 鳴らせ、砲口! 空飛ぶ卵の竜殺し

 植物のモンスター樹竜に支配された未来の日本で小型ヘリを駆って戦う近未来アクションSF

 大自然によって文明が衰退した世界でもしたたかに生き抜く人間の力強さに圧倒されました。
 若くして凄腕のヘリパイロット・ヤブサメが、美人だけれど破天荒な師モズに振り回されながらも、小型の武装ヘリを操り過酷な依頼に挑み、機転と度胸でピンチをくぐり抜けていく様がスリル満点でした。
 怪奇な樹竜とヘリとの空戦の描写から伝わる作者の情熱と想像力に引き込まれます。

 小型ヘリ<静かなる女王号>の船長モズは、いい年してどこかに大人の節度を置き忘れ、ギャンブルや酒で借金まみれのダメ人間の典型なんだけど、荒廃世界でも楽しく生きる自由人な生き方に憧れる。
 常識人のヤブサメは苦労させられるのだが、そんなダメ師匠でも戦闘では天性のセンスを発揮して、そんな師弟が窮地をくぐり抜けて人知を超えた怪物である樹竜を打ち倒していく勇姿が興奮するんだ。

 海上都市を守る空挺兵団が計画する大規模作戦の協力を依頼され、民間でフリーランスの二人は最初は味方である兵団の堅物パイロットたちに疎まれてしまうんだけれども、小型ヘリで樹竜を駆逐するその常識はずれの戦闘力でもって次第に認められていくのが痛快で、いつの間にか官民の垣根を超えてお互いに連携が通じ合い、助け合う戦う光景が、まさにプロフェッショナルって感じで全員格好いいんだ。

 総じて完成度は高いんだけれど、審査員特別賞にとどまっているのは、やはり中高生向けとしてはハードボイルドを貫きすぎているストロングスタイルが良くいえば拘り、悪くいえば足かせになってる。
 ヒロインとのラブ要素とか、主人公の成長要素とか、あまり必要としないタイプのストーリーだから、少年向けラノベで重視される読者の親近感を得にくいのが残念に思います。それでも十分に面白いのでオススメです。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| ガガガ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

パパ!パパ!好き!好き!超超愛してる/なめこ印


夏目此葉にはふたりの娘がいる。ファザコンの姉・キララと反抗期(?)の妹・セイラは年頃の中学生。オンボロ女子寮・陽ノ目荘の管理人となった此葉の日常は、娘達からの過剰な愛情にいつもふりまわされちゃって?

 お父さんだけど愛さえあれば関係ないよね

 ファザコンな姉と反抗期な妹の美少女姉妹を娘に持った父親の親子ラブコメ。

 JCに甘えられたいんじゃー! 年頃の女の子の間で板挟みになるシチュが美味しすぎです。
 故郷の栃木に戻り、女子寮の管理人となった夏目此葉が、しっかり者でファザコンな姉キララと、反抗期になクールな妹セイラの二人の可愛い娘と暮らすドタバタな日常が賑やかで楽しかったです。
 娘ちゃんの他にも女子寮のメンバーは変わり者だけど美人と美少女ぞろいで、なんだここが天国か。

 ファザコンをこじらせて「パパと結婚したい」と考えてる姉キララがガチでヤバイ。問題なのは赤の他人が見て聞いてるところでセリフや行動に移しちゃうところですね。社会的に殺しにきてる。
 そんな節操のない姉を冷ややかに見ている妹セイラは、反抗期に入って父親を避けるまっとうな感性をもった常識人かと思いきや、盗撮してたり、においフェチだったり、姉に負けず劣らずヤベー奴だった。

 その二人に惚れられる父親の此葉は、娘に振り回されるヘタレ系の平凡パパに見えるんだけれど、予想外の過去や意外な経歴を持っていて、女子寮の子たちの心を開いていくのがニヤリとさせられるんだ。
 女子寮メンバーに混じっていてもキララとセイラの双子が浮いちゃわないところがいいね。夏目家の親子仲を奇妙に感じないで普通に流してる時点ですでに彼女らも一般世間で浮いちゃってそうだけど。

 娘とイチャイチャしても実は血が繋がってないから問題無いとか言い出すテンプレ予想をしていたんだけど、最後に驚愕の事実をぶっこんできて血縁とかどうでもよくなるな。美少女JC姉妹は宇宙の奇跡。
 ちなみに本作はカクヨムからの書籍化ですが、WEB版を読んでいないどころかノーチェックでした。こんな作品を薦めないなんて公式レビュアーはいったい何をしてるんだ怠慢だな。あっ、俺だった!
posted by 愛咲優詩 at 00:00| 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

「好きなライトノベルを投票しよう!!2018上半期」に投票します

好きなライトノベルを投票しよう!!」に投票します。

長い感想を書く時間がなかったので、感想は一言コメントで。

『錆喰いビスコ』
【18上期ラノベ投票/9784048936163】

新人とは思えぬキャラ、ストーリー、文章力がいずれも高い次元で融合した完成度、そして独特の世界観に圧倒される。

《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!
【18上期ラノベ投票/9784094517323】

ラノベ業界をぶった切るストーリーが衝撃的。内容の正否については賛否両論あるけれど、業界に関わる者であれば必読。

『青春失格男と、ビタースイートキャット。』
【18上期ラノベ投票/9784040728032】

正直、キャラや展開については煮え切らない点もあり不満もあるが、ぶっ飛んだ性癖をためらわず読者の顔面に投げつけてきたところが個人的には高評価。

『ミリオタJK妹!』
【18上期ラノベ投票/9784797394306】

異世界でミリオタを無双させるという、誰もが考えついたけど誰もまともにやれずにいるネタをど直球にやっているのがよい。ファンタジーで対空戦術を議論する前にまず読んでおいて欲しい一冊。

『ファイフステル・サーガ』
【18上期ラノベ投票/9784040726991】

王道戦記もの。半年に1作品くらいはこういう王道のファンタジー戦記ものが出てこないと不安になる。いい意味でクレイジーな主人公がお気に入り。

『真・三国志妹』
【18上期ラノベ投票/9784040726243】

どうして三国志と妹を混ぜようと思ったのか。『織田信奈の野望』がシリアス路線に行ってしまったけど、本当は妹のおっぱいを書きたいんだよという作者の真摯な思いは伝わった。

『オタギャルの相原さんは誰にでも優しい』
【18上期ラノベ投票/9784040699547】

ギャルがオタクに流行っているという噂を聞きつけた取材班は、その真相を探るべくオタギャルの生態に迫った。結局、オタクの僕らは積極的でヲタトークができる美少女に弱いことがわかった。

『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』
【18上期ラノベ投票/9784040691794】

働く大人の男の格好さが現れた年の差ラブコメ。作者本人も塾講師の経験がありそれがリアリティに生かされている。変態王子シリーズの世界観と若干リンクしている(?)のが気になる。

『西野 〜学内カースト最下位にして異能世界最強の少年〜』
【18上期ラノベ投票/9784040698595】

「小説家になろう」で二回も警告を受けてカクヨムから出版化したという怪作。世にスクールカーストもの学園ラブコメは数あれど、主人公がまったく救われないスクールカーストの最底辺主人公である。主人公の西野とバーテンダーのマーキスとの茶番が唯一の癒やし。それ以外、ヒロインも同級生も全員クズ野郎でストーリーも始終不愉快すぎる。誰一人好きにはなれないが、だからといって作品に低評価をつけたら負けかなと思っている。マイナス方向に振り切っているとは言え、物語に心を揺さぶられ、感動させられたということには違いない。読者がどこまで許容できるか、寛容さを試されている。西野はズレたところもあるが他人にないセンスの持ち主であり、主人公として濃いキャラに自分は好感を持っている。ただ「西野も気持ち悪い」という他の人の感想を否定はしない。それもわかる。評価が真っ二つに割れるというか、この作品を純粋に楽しめるのは絶対に少数派だ。わかりきっている。それでもこの作品に目をつけて出版化にゴーサインを出したMF文庫は英断だった。このような作品が世に出ることで読者の凝り固まった価値観や意識を変えてカテゴリエラーの壁を壊し、新しい作風を吹き込んでいくのだ。この作品は壁に空いた穴そのものだ。穴であるから何かがあるわけでも何かを得られるわけでもない、空白の虚無だ。しかし穴は確かにそこにある。自分たちは穴を通していままでにない世界を垣間見ているのだ。

以上です。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。