ダフロン

2008年10月28日

ライトノベル文学論/榎本秋

4757141998ライトノベル文学論
榎本 秋
エヌティティ出版 2008-10-27

by G-Tools

ライトノベルはいかにして、ライトノベルとなったか。他にはない特徴を明らかにし、話題のジャンルのヒットの仕組みを探る。


『ライトノベル・データブック』の著者が書いたライトノベル指南書。
タイトルに"文学論"とあるが、どこがどう「文学を論じている」なのか、よくわからない。
この手の読本系はだいたい、ライトノベルの歴史を語る→『スレイヤーズ』賛美→最近はメディアミックスすごいよ!(゚∀゚)のパターンでいつも帰結するよなと。

とりあえず、これを買うかどうか迷っている方はまず本棚を見渡して、新城カズマの『ライトノベル「超」入門』、大森 望・三村 美衣の『ライトノベル☆めった斬り!』、日経BP社の『ライトノベル完全読本』、三冊のうちどれかをすでに所持している状態なら、購入しなくてもいいと思います。
書いてあることは、たいして変わり映えしません。まあ具体例として引用してある作品のタイトルをやたら細かく記述してる点がしっかりしてるなと感じるくらい。
まあ若干、最近の出来事も書かれているので、気になるひとはどうぞ1600円払ってください。


以下、すべて蛇足。

◆序章・ライトノベルの定義

ライトノベルの定義について、ネット界隈でしょっちゅう議論されているいろいろな定義を挙げていき、本書においては「中高生をターゲットにした読みやすい娯楽小説」として扱うとなっているが、あからさまに明言をさけてますね。

こういう逃げ腰な意見を見るたび、もっと個人の意見で決めつけてもいいのにと思うのだけれど。
当然、他人を納得させられるだけのちゃんとした裏づけ、理由、理屈が必要なわけですが、そういう主義主張を積極的に提起するのが、「論」じゃないのかと。

ちなみに愛咲優詩が論じるライトノベルの定義は↓

『小説をプラットフォームとして位置づけ、エンターテイメント志向・キャラクター重視・表現の自在性といったライトノベル本来の特性を活かす思想に則って提供されるコンテンツの次世代フレームワークライトノベル2.0より抜粋)


◆第一章・ライトノベルの歴史
ライトノベルの歴史をお約束のように挙げているが、他の読本系と内容はあまり変化がない。

ラノベの黎明期がソノラマ文庫のSFから始まったことは知っているが、そもそもソノラマ文庫の本を一冊も読んだことがないのでなんともいえない。

やっぱり『スレイヤーズ』『ロードス島』世代の自分としては、その黎明期が明けた後の「角川・富士見の時代」こそがライトノベル元年ですね。
というか、『フォーチュンクエスト』、『風の大陸』、『カイルロッド』、『無責任館長タイラー』、『魔術師オーフェン』、そこまで1990年代の作品を語るなら、『宇宙戦艦ヤマモトヨーコ』を挙げようよと思ったり。

角川・富士見の「ふたり勝ち」の時代から、電撃文庫がトップレーベルの座を奪えた理由が、電撃大賞での新人作家の起用であるとしている分析は非常に納得がいきます。
無名でも面白い物語を書ける人間の本は、躊躇わずどんどん出版しなきゃ何も始まりませんよね。
角川・富士見がやらなかったジャンルにも挑戦していってライトノベルの多様性を広げていったことが結果的に勝敗を分けたのでしょうよ。
角川・富士見は、いまだに自分たちの作ったテーマに縛られているような印象をうけます。

そして2005年以降〜ラノベ業界の未来については、レーベル乱立による「パイの奪い合い」になると仰っていますが、そこからもう一歩進んだ予想をして欲しかった。それこそ読本系では、繰り返し書いてあることじゃないですか。

私なら、「パイの奪い合いになる」と誰もが考えているこの状況だからこそ、レーベルの特色に偏らない作品で勝負をかけますね。これからはレーベル色よりも、むしろ出版させる作者色がキーになるんじゃないかと。
持っているカードがどんどん弱くなっていくなら、思い切って場に捨て新たなカードをドローすべき。


◆第二章・『スレイヤーズ』でライトノベルを計る
『スレイヤーズ』の特徴=ライトノベルの特徴と定義して、ファンタジー、SF、ギャグコメ、恋愛、学園モノ架空歴史、セカイ系といった十六のジャンルが、どのくらいその特徴に当てはまるか得点をつけるという、非常に奇妙なことをしているように見えるが、なんだこりゃ???

ラノベは複数のジャンルを合わせ持つマルチな小説だから、確実なジャンル分けはできませんよ?
ジャンルは同じようでも作品ごとに人気はピンキリだし、面白さはジャンルで決るものではもない。
「ミステリーはライトノベルには向かない」といっておきながら、ベストセラーばかりなのは何故?
富士見ミステリー文庫が衰退していったのはミステリーだったから?
それは違いますよ、むしろミステリーとかけ離れていってしまったからこそ衰退していったワケで・・・・・・。
(詳しくは、富士見ミステリー文庫の敗北を参照のこと)

ジャンルごとに分析するといって、実際は自分のオススメ作品を紹介したいだけなんじゃないのかと。
いや、そのラインナップは納得です。いいチョイスしてると思いまふ。

というか、ジャンルという切り口で作品を計り始めたら、川上稔の『境界線上のホライゾン』は?
あれは、剣あり、魔法あり、ミステリーあり、SFあり、ロボットあり、セカイ系あり、架空歴史あり、恋愛あり、ギャグコメあり、学園あり、性的表現あり、作者の個性プライスレス!
少なくとも10以上のジャンルにあてまはる、とんでもなくマルチジャンルな作品なのだが・・・・・・。
そういう意味では、ライトノベルの特徴をすべて備えた、これ以上ない完璧な作品なのかもしれない。
改めて川上作品の凄さがわかりまそた。

境界線上のホライゾン 1上 (1) (電撃文庫 か 5-30 GENESISシリーズ)境界線上のホライゾン 1上 (1) (電撃文庫 か 5-30 GENESISシリーズ)
川上 稔

by G-Tools




◆第三章・ビジネスという側面からのライトノベル
レーベルごとの年間の発刊総数が載っている表が、なかなか興味深い。
単純に一年間にどれだけの本を出版できるかがレーベルの力だといってもいいんじゃないでしょうか。
2007年について言えば、

1位、電撃文庫 163冊
2位、富士見ファンタジア 109冊
3位、ファミ通 88冊

それ以外は、50〜60の間で団子状態というところか。
ファミ通文庫は、ノベライズばかりに思われがちだが、いまではオリジナルも他のレーベルを食う勢いですからね。GA文庫とHJ文庫もほぼ角川スニーカー文庫・MF文庫と並んでいるわけで、まだ業界2年の新参ですが立派に踏みとどまってますね。

メディアミックス展開についての記述はどうでもいいですが、書店の棚置きのお話は面白い。
電撃文庫で、いわゆる販売実績の高い本屋には、新刊が優先的に配本されるという「電撃組制度」のことです。これは読者にとっては、本屋選びの重要なポイントになるんですよね。
発売日当日に置いてある本屋というのは、実は結構少ないものです。

商売だから当然、ビジネスと結びついてライトノベルは様々なメディアの方向へ広がっていくわけですが、広がりすぎて糸の切れたタコのようにコントロールできなくなって商品開発もグダグダになって、消費者も購買意欲が萎えていく、なんてことにならなきゃいいですが。
ラノベ原作のゲームは、もっとゲーム要素をしっかり作りこんでください。やっててすぐに飽きます。


読み終わって、また読み返して悩むのだが、やはりどこに著者個人の「論」があるのかが見つけられない・・・・・・。ただライトノベル業界の近況を報告しているだけですね。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

2008年09月の読了数

200809.jpg
(愛咲優詩のライトノベル書庫)

購入金額:38,987 円
読了数:53 冊
(ライトノベル:46冊
コミック:4冊
自己啓発本:2冊
ミステリー:1冊)

月始めはあんまり読んでなかったかな。
まあ読んでるシリーズで新刊でたの少なかったし。
あとでラノベ以外は目標読了数にはカウントしないようにします。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

『このライトノベルがすごい!2009』の傾向と対策

ライトノベルBESTランキング ウェブアンケート

さて月曜日から投票を開始した『このライトノベルがすごい!2009』のWebアンケートですが、それについて自分なりの傾向と対策というか、ポイントをちょっと語ってみます。


◆今回の見所は

・1位当選は確実なのか!"文学少女"シリーズ

・新進気鋭!『とある飛空士への追憶』は、どこまでランキングの空を舞い上がるか!

誰もが気になるランキング1位は、ズバリ『文学少女』でしょう。
どこもかしこもシリーズ完結フィーバーに沸いていますし、これまでもランキングの上位にきていましたが、いい加減に1位を取らせてやりたいというファンの強い熱意もある。
もちろん前回1位の『フルメタ』、市場票に強い『キノの旅』、人気絶頂期にある『とらドラ!』も対抗馬。
勢いが衰えれば即追い抜かれることでしょう。油断はできません。

もうひとつの注目点としては、今期、もっともラノベサイト界隈で騒がれた『とある飛空士への追憶』の順位の行方。少なくともTOP10内は確定かと思われます。
それ以外の作品については、今回対象になっていない『ハルヒ』、『ミミズク』の抜けた穴の奪い合いとなるでしょう。

いままで下位に甘んじてきていた作品も、順位を一気に引き上げるチャンスはありそうです。


◆ランキング常連組の動向は

『狼と香辛料』、『バカテス』は多くのラノベ読者にとってのスタンダードとなりつつあります。
なかなか進展しない本編に不満を募らせている『シャナ』、ややマンネリ気味だった『黄昏色』は新章効果でリフレッシュできたのか、そのあたりの懸念により下降傾向というところ。
最新刊が一週間で5万部を売り上げたという『ゼロ魔』は、不動の人気を維持。
熱狂的信者がいることで知られる『バッカーノ』、『BBB』、『悪魔のミカタ』も順位を上げこそすれ、下がる要素はみつかりません。

ランキング常連組には大きな変動はなく、概ね、安定というところです。


◆新作勢の有望株は

ライトノベルサイト杯の結果をそのままコピりますが、
『ベン・トー』、『生徒会の一存』、『SH@PPLE -しゃっぷる-』、『 時載りリンネ!』、『さよならピアノソナタ』、『アストロノト!』。

とくに史上最速でドラゴンマガジンの表紙を飾ったと言われる『生徒会の一存』が最有力か。
最近、流行のTS系の最前線をいく『SH@PPLE -しゃっぷる-』、熱いまでのバカ騒ぎを描いた『ベン・トー』。ピュアなキャラが読者のハートを鷲掴みにしている『 時載りリンネ!』。夢と男のロマンを重ね合わせたスペースファンタジー『アストロノト!』。
『さよならピアノソナタ』はそれ単体では主力級だが、作者の杉井光の期間内の作品数が多いため、票が割れる危険性が高い。作者合計票ランクでの上位入賞を期待したい。

上位を脅かすダークホース的存在は今回も多いようです。


◆アニメ化効果は

期間内にアニメが放映された作品は、少なからず順位が押し上げられる傾向にあります。
早くも良作画と評判の『とある魔術の禁書目録』は、コミック版効果もありさらに人気上昇中。
前回、20位以上もランクを上げた『鋼殻レギオス』も、さらなるランクアップの予感。
西尾維新も『化物語』シリーズの新刊で自らアニメ化をメタったネタが反響を呼んでいます。
またアニメ化で急浮上し、新刊の売り上げが3万部を越したという『乃木坂春香の秘密』もいる。

もともと人気のあった作品がアニメ化が追い風となり、これまで以上に大暴れしそうです。


とまあ、ざっくり私観を語りましたが、いかがだったでしょうか。
まあなにはともあれ、自分の好きな作品に投票をするのが一番です。
せっかくの一年に一度のライトノベル界のお祭り騒ぎ、楽しむとしましょう。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

『このライトノベルがすごい!2009』Webアンケート開催予告

宝島社『このライトノベルがすごい!2009』webアンケート投票開始は、

9/8からです!!

まだ宝島社HPに行っても投票できませんが一足先に告知。

今年も「このライトノベルがすごい!」の時期がやってきました。
ありがたい事にまたまた宝島社の方からお声をかけて頂き、
協力者(Web系情報発信者)として投票させていただけることになりました。
公式発表はまだですが、投票ルールは前回と同様のようです。

・アンケート項目
 作品部門:5作品
 キャラクター・女性部門:3名
 キャラクター・男性部門:3名
 イラストレーター部門:3名

・対象作品は奥付に記された発行日が2007年10月1日〜2008年9月30日のライトノベル作品
 ⇒参考作品リスト

・締め切り。10月13日(月・祝)。

とりあえず、お知らせだけ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

「"文学少女"と神に臨む作家・下」の売れ行き

オリコンランキング-文庫TOP30調べ

4757743718“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)
竹岡 美穂
エンターブレイン 2008-08-30

by G-Tools


文庫で週間ランキング15位だそうです。
一週間で16000部は、なかなかの売れ行きですね。
わたしも買いましたが、まだ読んでません。
読むのがちょっと恐ろしくて、なんだか覚悟がいります・・・。
まあ明日、明後日のうちには読んでおきます。

ちなみに8月期でランキングに上がっていたライトノベルを初登場時の順位で並べてみた。

◆とらドラ8!
初登場4位 36425部
とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)
竹宮 ゆゆこ

by G-Tools


◆魔法戦士リウイ ファーラムの剣 嵐の海の魔法戦士
初登場5位 23640部
魔法戦士リウイ ファーラムの剣  嵐の海の魔法戦士 (富士見ファンタジア文庫―魔法戦士リウイファーラムの剣 (み-1-3-6))魔法戦士リウイ ファーラムの剣 嵐の海の魔法戦士 (富士見ファンタジア文庫―魔法戦士リウイファーラムの剣 (み-1-3-6))
水野 良

by G-Tools


◆少年陰陽師 刹那の静寂に横たわれ
初登場7位 23377部
少年陰陽師  刹那の静寂に横たわれ (角川ビーンズ文庫 16-29)少年陰陽師 刹那の静寂に横たわれ (角川ビーンズ文庫 16-29)
結城 光流

by G-Tools


◆レンタルマギカ 魔法使いの妹
初登場9位 21140部
レンタルマギカ  魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫 177-14)レンタルマギカ 魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫 177-14)
三田 誠

by G-Tools


◆お釈迦様もみてる 紅か白か
初登場13位 17818部
お釈迦様もみてる―紅か白か (コバルト文庫 (こ7-58))お釈迦様もみてる―紅か白か (コバルト文庫 (こ7-58))
今野 緒雪

by G-Tools


◆クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子
初登場16位 15094部
クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社文庫 に 32-3 西尾維新文庫)クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社文庫 に 32-3 西尾維新文庫)
西尾 維新

by G-Tools


◆狂乱家族日記 拾さつめ
初登場16位 14659部
狂乱家族日記 拾さつめ (ファミ通文庫 あ 8-1-10)狂乱家族日記 拾さつめ (ファミ通文庫 あ 8-1-10)
x6suke

by G-Tools


◆ヴァルプルギスの後悔
初登場18位 15111部
ヴァルプルギスの後悔 Fire1. (1) (電撃文庫 か 7-22)ヴァルプルギスの後悔 Fire1. (1) (電撃文庫 か 7-22)
上遠野 浩平

by G-Tools


◆伯爵と妖精 運命の赤い糸を信じますか?
初登場19位 12389部
伯爵と妖精運命の赤い糸を信じますか? (コバルト文庫 た 16-36)伯爵と妖精運命の赤い糸を信じますか? (コバルト文庫 た 16-36)
谷 瑞恵

by G-Tools


◆俺の妹がこんなに可愛いわけがない
初登場26位 10869部
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
伏見 つかさ

by G-Tools


◆C3−シーキューブ−
初登場27位 10324部
C3-シーキューブ (電撃文庫 み 7-7)C3-シーキューブ (電撃文庫 み 7-7)
水瀬 葉月

by G-Tools


◆断章のグリム 8
初登場28位 10298部
断章のグリム 8 (8) (電撃文庫 こ 6-21)断章のグリム 8 (8) (電撃文庫 こ 6-21)
甲田 学人

by G-Tools


◆ガンパレード・マーチ九州奪還 3
初登場28位 10207部
ガンパレード・マーチ九州奪還 3 (3) (電撃文庫 J 17-21)ガンパレード・マーチ九州奪還 3 (3) (電撃文庫 J 17-21)
榊 涼介

by G-Tools



ネットの評判もいいですが、『俺の妹』が売れてますね。
「このラノ」対策に、時間があったら年間で調べてみようかな。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

ライトノベルは衰退しました(?)

10月19日ロフトプラスワン『ライトノベルが危ない! 極秘の業界裏話』(出版評論社@Web)
『ばけらの!』はライトノベル界衰退の兆しなのか(星ぼしの荒野から)
なぜ『ライトノベル業界が危ない』と言われるのか考えてみる(平和の温故知新)
ラノベ業界は危なくない(あの星に見えるのは宇宙人の乗る皿の船)

イベント主催者の思惑に乗せられているとはわかっているが反応してみる。

◆ni-toさんの根拠
・自家中毒あるいはセルフパロディをはじめるとそのジャンルは衰退、或は成熟している。

『ネコのおと』のことかーーー!

いや、あのレーベルは一時期、地雷原だったのが読者離れを引き起こしたんだと思いますけどね。
パロディというか、メタ的な小説は確かに書いてる方は楽しいだろうが、読んでる方としては、ムードぶち壊しで、たまったもんじゃないというのが読者の共通意見かな。

ただ『生徒会の一存』のように、現実のオタクネタを仕込むのはコメディとして全然アリだと思いますよ。
『ライトノベルの楽しい書き方』も、そこまで問題だと思うほどでもない気がしますが・・・。
ライトノベルうんぬんは、あくまでラブを盛り上げるサブテーマですし。


◆平和さんの根拠
・凄い新人がいない?
上遠野耕平や西尾維新クラスの作家は、あくまでも突然変異で、それは基準にしづらいな。
以降の作家に影響を与えたと言っても、西尾維新になろうとして失敗しているパクリ作家が量産されてるだけで、私としてはあまり有難くはないのですけどね。

そこまででなくとも、最近でも「凄い新人」と呼べる人たちはいっぱいいますよ。
『バカテス』の井上堅二とか、『時載りリンネ』の清野静、『黄昏色の詠使い』の細音啓。『アストロノト』の赤松中学。とくに杉井光なんて『神様のメモ』、『さよならピアノソナタ』を始め、GA文庫や一迅社でもバンバン出してるじゃないですか。

彼らは、いってみればワンオフモデルなんですよ。
「この作品は、この作家だからこそ書くことができた」というやつです。
西尾維新に、『時載りリンネ』や『さよならピアノソナタ』から感じられるようなピュアな心理描写を描くことはできないでしょう。逆もまた然り。方向性が違うのです。


・粗製乱造になってはいないか?
確かに一部をみれば、文章が雑だったり、話の展開がいい加減だったり、明らかに商業レベルに達していないような作品もチラホラ感じますけどね。
そういうのは新人の腕を磨かせるための習作として、編集サイドもわかっていて書かせてんじゃない?

まあ多様性が広がることは悪くないし、それなりの需要があるのならばいいのではないかと。


・出版側の状況が悪化している?
メディアミックスとか、越境とか、いろいろなところに忙しすぎて編集がおっつかないというのはあるかも。
作家に頼らず、ヒット作を自ら作り出してやるみたいな気概が感じられますね。
初版部数が減っても、同時期に発刊しているタイトルは増えているので、初版から大増刷して見切り発車するよかいいです。
出版社にとって、一番、嫌なことは売れない在庫を抱えることですしね。
売れ筋を捉えて増刷したり、シリーズ化にしてみたりと、読者ニーズにも敏感になってきました。


・ジャンルとして行き詰っている?
ジャンルというか、プロット的なものは、出尽くしてしまった感はある。
ヒロインといえば、ツンデレで、主人公と一緒に騒動に巻き込まれて、そのうちに恋愛フラグが立っていくというような、酷くテンプレート式になってしまってきたこと。

ただそれも描き方ひとつで話の面白さというのは、いくらでもひねり出せるものかと。
『バカテス』なんて、高校生がテストの点数を競ってるだけなのに、面白いもん。
『生徒会の一存』だって、あれはどう見てもただの雑談風景ですよ?
話としてはありきたりでもすべては作者の腕次第です。

個人的にはラブコメだったら、いくらテンプレート的出されても飽きないけれど。
むしろ変に凝って中途半端なものを作るくらいなら原点回帰しろと言いたい!


◆ここから個人的な問題提起
・レーベル乱立でどこも生き残りに必死
生き残りに必死なのは、創立当初くらいで、それぞれのレーベルの方向性が固まってくれば、固定ユーザーもつく。騒がしいのは今のうちで、しばらくすればラノベ業界全体としては安定してくると思う。

一時は危ぶまれてた、富士見ファンタジアも最近は盛り返し始めましたしね。


まとめ
私としてはいまのところ危機感みたいなのは思い当たらないが、
もし本当に、ライトノベルが衰退してきているならその対策を考える。

@ライトノベルで売れないのなら、越境で売ればいいのよ。
一般文学とか、純文学のジャンルにラノベを進軍させましょう。
出版氷河期で市場を腐らせているくらいなら、いっそ奪ってしまえ。

A日本で売れないなら、海外で売ればいいのよ。
世界視野でみれば、ラノベは台湾や中国で人気だし、ユーロ圏にも結構、翻訳されている。

とかね。

なんにせよ「ライトノベル業界が危ない」とか言い出したひとの根拠を聞きたいものです。
むしろそれこそが危険思想なのではにゃかろうか。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

10大ロリライトノベル

ロリラノベについては、3大、4大、新旧も含めて諸説様々ありますが、知名度とかこだわらず、全レーベルひっくるめてガチロリな内容の作品を数えだしたら、もう3とか4どころの数じゃなくなってるんじゃないかと。
というわけで、今回もいつものように独善的視点から10大ロリライトノベルを選んで挙げてみる。

ちなみにこの場では、以下の三つの条件を満たしている作品を便宜的にロリラノベと定義するものとします。

ロリラノベの三原則
1、ヒロインの精神が未成熟である。
2、ヒロインの肉体が未成熟である。
3、主人公と年の差カップルである。


1.紅
4086302721紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)
山本 ヤマト
集英社 2005-12

by G-Tools


2.BLOODLINK
4757704720BLOODLINK―獣と神と人 (ファミ通文庫)
山下 卓
エンターブレイン 2001-06

by G-Tools


3.円環少女
4044267030円環少女 (角川スニーカー文庫)
長谷 敏司
角川書店 2005-08-31

by G-Tools


4.SHI-NO
4829163429SHINO ―シノ― 黒き魂の少女 (富士見ミステリー文庫)
上月 雨音
富士見書房 2006-02-10

by G-Tools


5.DADDYFACE
4840214786DADDYFACE (電撃文庫)
伊達 将範
メディアワークス 2000-03

by G-Tools


6.小学星のプリンセス☆
4086304341小学星のプリンセス☆ (集英社スーパーダッシュ文庫 も 1-1)
餅月 望
集英社 2008-06-25

by G-Tools


7.イチゴ色禁区
4044725012イチゴ色禁区 1.夏の鳥居のむこうがわ (角川スニーカー文庫)
神崎 リン
角川書店 2006-08-31

by G-Tools


8.たま◇なま
4894255707たま◇なま ~生物は、何故死なない?~ (HJ文庫 ふ 3-1-1)

ホビージャパン 2007-06-30

by G-Tools


9.アダルシャン
4044507015アダルシャンの花嫁 (角川ビーンズ文庫)
雨川 恵
角川書店 2004-11-29

by G-Tools


10.五霊闘士オーキ伝

4073021265五霊闘士オーキ伝―五霊闘士現臨! (電撃文庫)
土門 弘幸
メディアワークス 1994-10

by G-Tools


次点
・くみちょ・・・主人公が同い年の幼馴染とキスしてるけど、それってロリ小説の主人公としてどうなの?
・チルビィ先生・・・あんまりロリって雰囲気がしないのは何故でしょう・・・。恋愛要素がないのがないのも難。
・神様のおきにいり・・・珠枝と智宏って、カップルかなぁ?
・夏の魔術・・・未読につき判断不可。ただ評判ではガチロリらしいので載せるべきかしら。
・アリスのお気に入り・・・確かにロリ&年の差カップルだが、この作品の面白味はロリ描写にはないと思う。
・姫神さまに願いを・・・外見は巫女幼女だが、何百歳だかわからんし、バツイチで子持ちというのはどうだろう。
・札屋一蓮!・・・外見は和服幼女だが、本性はちょうど結婚適齢期のお年頃なお姉さんだしなぁ。
・桃仙娘々伝・・・外見は中華風幼女だが、まず主人公に恋愛感情が発生していない。


純粋なロリとしては、神様族は除くべきだと思うのですが、ロリ好きなみなさんの意見はいかがでしょうか。
まあ中学生以上はロリとは認めないとか、『DADDYFACE』は厳密には恋愛カップルじゃないとか、『小学星』は外見はどうであれ同い年カップルだ!とか、シノちゃんの精神って未成熟なの?とか、そもそも『オーキ伝』なんて読んだことないよ!それよりも『夏の魔術』をちゃんと嫁!みたいな異論はもちろん認めます。

その他、こんなロリ小説もありますよってな意見がありましたら、コメの方にお願いいたします。

最後に一言。

ロリ万歳!!
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

2008年上半期ライトノベルサイト杯 結果発表

上位だけ画像張っとく。(★は愛咲優詩も投票した作品)


新規部門
1位 ベン・トー 42票
4086304058ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-3)
アサウラ
集英社 2008-02

by G-Tools


2位 とある飛空士への追憶 40票★
4094510524とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)
森沢 晴行
小学館 2008-02-20

by G-Tools


3位 碧陽学園生徒会議事録 32票★
4829132523生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)
狗神煌
富士見書房 2008-01-19

by G-Tools


4位 SH@PPLE -しゃっぷる 29票★

5位 君のための物語 19票

6位 龍盤七朝 DRAGONBUSTER 01 16票

7位 ロミオの災難 13票

ミスマルカ興国物語 13票

9位 旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 11票

ある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。11票


やはり、1位2位3位が他より頭ひとつ飛び抜けているな。
アクション、純愛、コメディそれぞれ際立ってましたからね。
あと4位の『SH@PPLE』は、最近、流行りのTS系の最先端をいく作品ですから皆さんチェックしてるんだろうなぁ。
5位以下は、そんなに差はないかな。
愛咲優詩イチオシの『ぶよぶよカルテット』は、惜しくも11位でTOP10ならずか、惜しかった・・・。


既存部門
1位 バカとテストと召喚獣 25票★
4757742363バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫 い 3-1-5)
葉賀 ユイ
エンターブレイン 2008-05-30

by G-Tools


2位 とらドラ! 21票
4048670190とらドラ 7 (7) (電撃文庫 た 20-10)
ヤス
アスキー・メディアワークス 2008-04-10

by G-Tools


スプライトシュピーゲル 21票★
4829132817スプライトシュピーゲルIV テンペスト (富士見ファンタジア文庫 136-11)
はいむら きよたか
富士見書房 2008-04-19

by G-Tools


4位 傷物語 17票★

5位 神様のメモ帳 16票

6位 "文学少女" 15票

人類は衰退しました 15票

BLACK BLOOD BROTHERS 15票

9位 さよならピアノソナタ 11票★

アストロノト! 11票★

オイレンシュピーゲル 11票

円環少女 11票

とらドラはガチだが、相変わらずバカテス強し。
そしてシュピーゲルもこの人気だとアニメ化も近いな!
杉井光と赤松中学は、新人の中での絶賛期待株。
意外だったのは、『零崎曲識の人間人間 』や『輪環の魔導師』のランクがわりと低かったことかな。
アニメ化効果もあるかと思ってたが、『ゼロ魔』も『乃木坂』もひっく!? 投票してない私がいうなって感じだけど、せめて『鋼殻のレギオス』はもう少し上であるべきだったかもしれないな。
こうしてみると既存部門も、新人勢が強いことが分かる。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

2008上半期新刊10選

半期恒例の新刊チョイス。

ルールはいつも通り、既刊のシリーズを除き、2008年上半期に開始した新シリーズ&新刊に限定してオススメします。
また作品のナンバリングはランク順位とは関係ありません。
今期はなんかいろいろ読み逃している気ムンムンだが、いい加減7月も中旬になっちゃうのでやらんとマズイと諦めた。
いろいろと足りないのはご勘弁ください。

過去記事
2007下半期新刊10選
2007上半期新刊10選
2006下半期新刊10選
2006上半期新刊10選


1.碧陽学園生徒会議事録
4829132523生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)
狗神煌
富士見書房 2008-01-19

by G-Tools

生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2 (富士見ファンタジア文庫 166-8 )生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2 (富士見ファンタジア文庫 166-8 )
狗神煌

by G-Tools

生徒会のメンバーが集まって雑談をするというだけの内容なのに、個性豊かなメンツとネタ満載の会話が面白い。
富士見ファンタジア文庫の黒歴史を目指す、異色の問題作。


2.とある飛空士への追憶
4094510524とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)
森沢 晴

小学館 2008-02-20

by G-Tools

身分の低い平民の飛行士であるシャルルと次期后妃である貴族の少女ファナ。近づくことさえ許されざる二人が思いを交わした一万二千キロの空の旅。ひと夏の純愛ロマンスです。


3.SH@PPLE
4829132752SH@PPLE 1 (1) (富士見ファンタジア文庫 185-1)
竹岡 葉月
富士見書房 2008-03-19

by G-Tools

SH@PPLE―しゃっぷる―(2) (富士見ファンタジア文庫 185-2)SH@PPLE―しゃっぷる―(2) (富士見ファンタジア文庫 185-2)
竹岡 葉月

by G-Tools

双子で性別と性格以外はそっくりな二人が、こっそり入れ替わってそれぞれので学園生活をおくるという青春ラブコメ。
最近、流行のTS系ラブコメの最前線を行くシリーズです。


4.ベン・トー
4086304058ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-3)
アサウラ
集英社 2008-02

by G-Tools

ベン・トー 2 (2) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-4)ベン・トー 2 (2) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-4)
アサウラ

by G-Tools

夜な夜な閉店間近のスーパーで半額弁当を巡って繰り広げられる狼たちの争い。そんな弱肉強食の世界に迷い込んでしまった少年が狼として成長していく戦いの日々を描いた物語。


5.サムライエイジ
4199051821サムライエイジ (徳間デュアル文庫 (Dみ3-1))
さとみ
徳間書店 2008-06-05

by G-Tools

剣術道場の娘で剣の達人である三月弥と戦場帰りの兵士である城ヶ崎千。入学した高校は帯刀が許され「力がすべて」というスパルタ校。一般人とかけ離れた少女二人が、少しずつ心を通わせて無二の親友となっていく、学園剣客アクション。


6.ぶよぶよカルテット
4758040087ぶよぶよカルテット (一迅社文庫 み 1-1)
みかづき 紅月
一迅社 2008-06-20

by G-Tools

音楽性のまったく異なる二人の天才少女に挟まれた少年が、天才と凡人の違いに振り回されながら、やがて音楽の楽しさに目覚めていくボーイミーツガール。


7.ミスマルカ興国物語
404426614Xミスマルカ興国物語 1 (1) (角川スニーカー文庫 150-20)
林 トモアキ
角川書店 2008-02-01

by G-Tools

ミスマルカ興国物語 II (角川文庫―角川スニーカー文庫)ミスマルカ興国物語 II (角川文庫―角川スニーカー文庫)
林 トモアキ

by G-Tools


勉強も剣の訓練もせず、いつもお目付け役の女性騎士に叱れてばかりのぐーたら王子が、武力を用いずに、嘘とはったりだけで大陸の国家統一を目指す王道戦記モノ(?)


8.DRAGONBUSTER
4048670271DRAGONBUSTER 1 (1) (電撃文庫 あ 8-13 龍盤七朝)
秋山 瑞人
アスキー・メディアワークス 2008-05-10

by G-Tools

被差別民族で周囲から疎まれる存在である青年涼狐と皇女でありながら不自由な暮らしに鬱屈を感じている少女月華。剣の天才である二人の出会いが織り成す中華風ファンタジー。


9.カミマゴ
4757740107カミマゴ 羽根としっぽと世界征服 (ファミ通文庫 え 1-1-1)
江藤 苑
エンターブレイン 2008-02-29

by G-Tools

人間に会うため空から落ちてきた天使、しかし、人間は五百年の昔に絶滅して今は人工生命パラヒューマンの時代。
マザーコンピュータからの開放を目論む腹黒な少年と他人を疑うことを知らない純真無垢な少女の世界征服物語。


10.そらいろな
4840241511そらいろな (電撃文庫 い 2-9)
一色 銀河
メディアワークス 2008-01-10

by G-Tools

中学野球ナンバーワンサウスポーといわれながら、肘の故障のために強豪高校に行けなかった少年が挫折から蘇り、弱小野球部で再び野球に情熱を燃やす、スポ根ドラマ。


次点
ライトノベルの楽しい書き方/本田透・・・ヒロインが楽しいわ
僕がなめたいのは、君っ!/桜こう・・・タイトルがやべぇよ!
死神のキョウ/魁・・・CLANNADを引きずりすぎだろ!
藤堂家はカミガカリ/高遠豹介・・・シュールな文章書くなぁ


総評
今期の新人は、それぞれ個性が奇抜でアクの強い印象。
挑戦的、実験的な作品といいましょうか、レーベルの生き残りをかけて、どこも新しい方向性をそれぞれ模索中という感じ。
ここ最近は文学的な要素の強い作品がもてはやされてきたが、一巡して本来の混沌としたラノベの原型の姿に戻ってきたかなというところ。

まあ青息吐息で絶息寸前な富士見ミステリー文庫を除けば、どこのレーベルも活気があって安定して上昇傾向。
もうしばらくは、どのレーベルも足回りを固める作業に腐心するんじゃないでしょうか。
しかし、ただでさえ飽和状態だったのに、さらに一迅社の参入で業界全体の崩壊が加速したことは間違いない。
ここ1、2年が勝負どころでしょう。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

2008年上半期ライトノベルサイト杯

『2008年上半期ライトノベルサイト杯』に投票します。

◆新規部門
4829132523生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)
狗神煌
富士見書房 2008-01-19

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/新規/9784829132524】

4094510524とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)
森沢 晴行
小学館 2008-02-20

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/新規/9784094510522】

4199051821サムライエイジ (徳間デュアル文庫 (Dみ3-1))
さとみ
徳間書店 2008-06-05

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/新規/9784199051821】

4758040087ぶよぶよカルテット (一迅社文庫 み 1-1)
みかづき 紅月
一迅社 2008-06-20

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/新規/9784758040082】

4829133031SH@PPLE―しゃっぷる―(2) (富士見ファンタジア文庫 185-2)
竹岡 葉月
富士見書房 2008-06-20

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/新規/9784829132753】


◆既存部門
4062836637傷物語 (講談社BOX)
VOFAN
講談社 2008-05-08

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/既存/9784062836630】

4840241953さよならピアノソナタ (2) (電撃文庫 (1570))
杉井 光
メディアワークス 2008-03-10

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/既存/9784840241953】

4829132817スプライトシュピーゲルIV テンペスト (富士見ファンタジア文庫 136-11)
はいむら きよたか
富士見書房 2008-04-19

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/既存/9784829132814】

4757742363バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫 い 3-1-5)
葉賀 ユイ
エンターブレイン 2008-05-30

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/既存/9784757742369】

4840123071アストロノト!3 (MF文庫 J あ 5-3)
bomi
メディアファクトリー 2008-04-23

by G-Tools

【08上期ラノベ投票/既存/9784840123075】
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

ラノベ絵師130人ソート

ラノベ絵師130人ソート(今日もだらだら、読書日記。)

順位 名前
1 竹岡美穂
2 深遊
3 灰村キヨタカ
(はいむらきよたか)
4 文倉十
5 VOFAN
6 狗神煌
7 岸田メル
8 エナミカツミ
9 BUNBUN
10 武田日向
11 甘塩コメコ
12 山本ヤマト
13 黒星紅白
(飯塚武史)
14 岩崎美奈子
15 三月まうす
16 ヤス
17 裕龍ながれ
18 四季童子
19 ヤスダスズヒト
20 葉賀ユイ
21 日向悠二
22 竹
23 さとやす(TENKEY)
24 いとうのいぢ
24 しゃあ
26 甘福あまね
27 椎名優
28 てぃんくる
28 椋本夏夜
28 放電映像


もうソート系は勘弁

絵師名だけ言われても知らない人ばっk・・・あ、結構わかる。
でも、やっぱり大部分わからないので、イラストレーター別作品リストで検索しながらやってみた。もし変にカウンタが上がってしまってたら申し訳ない。

個人的には竹岡美穂、黒星紅白、岩崎美奈子、三月まうすみたいな、輪郭線が細くて淡色を多用する絵師が好きですね。
逆に甘塩コメコのはっきりくっきりした強い色合いも印象強い。

総合的な作画のバランスなら灰村キヨタカ、山本ヤマト、深遊が抜きん出るかな。
文倉十や岸田メルは素朴で親しみやすい絵柄がいいです。
葉賀ユイや日向悠二の描く口絵は毎回コミカルで面白い。
狗神煌やてぃんくるの萌え萌え〜っとしたギャルもおk。

四季童子、いとうのいぢ、椎名優、椋本夏夜、放電映像は、相変わらずクオリティは高いのだが、ちょっと飽きてきた感。

改めてイラストレーターって、狙いすぎな名前が多いなぁ。
そういえば、「ダブルブリッド」の初期の絵師の藤倉和音って、確か亡くなられたんだよなぁ。懐かしい、昔好きだった。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

正しい積読の築き方

前回
『正しい積読の崩し方』

毎日、積読に励んでいるみなさん、おは☆らぶりー(はぁと)
先日のエントリ『正しい積読の崩し方』で、積読解消について語りましたが、本読みにとって積読とは職業病のようなもの。
我々の読書生活とは切っても切り離せないものです。

ならば問題にすべきは、いかに積読を打倒するかではなく、
いかに積読と上手く付き合っていくかではないでしょうか!
そこで今回お教えするのは愛咲家伝来『積読城建築法』。
男ならば山ではなく、己の城を築け!積読城の主となれ!
崩して築く!これぞ愛咲家に代々伝わりし芸術的積読法!


0.はじめに
まずどうして積読が嫌われる存在として扱われているのか。
それは次の三つの理由によります。

@ごちゃごちゃしていて見栄えが悪い
A読みたい本がすぐに見つからない
B新刊を買っても置く場所がない

簡単にいえば、部屋が汚くなる、部屋が狭くなるということ。
『積読城建築法』とは、その三つの問題を発生させないための防止策です。『積読城建築法』を実施するために、まず以下の三つのスキルを身に着けてましょう。

@収納術
A整頓術
B予測術

では、次から順番に説明していきます。


1.本棚は積読のためにある
積読というと、部屋の床や机の上に積み上げているか、ダンボール箱やプラスチックのBOXに押し込んでしまっているパターンが典型的かと思いますが、これはいけません。
これは下に積んだ本が取り出しにくい上に、可視性も悪く、あとで本を探すときに非常に困る、最悪の置き方です。
なにより平積みは本が痛む原因になるので止めてください。

積読をするならば、ちゃんとした本棚を買いましょう。
本を収納するのに本棚以上に相応しい家具はありません。
本がむき出しで積み上がってたり、貨物倉庫みたいに箱が転がってるのに比べ、本棚はとても見栄えがいいです。

参考資料
書棚(本棚)専門サイト e書棚.com

本棚にもいろいろありますが、ポピュラーな文庫本用の本棚だと、奥行きがあって、奥と手前に二重置きになってしまい、奥に置いた本が隠れてしまい、長期保存用としては最適ですが、短期間に出し入れを繰り返す積読用としては不向きです。
薄型もありますが、今度は収納できる量が心配になります。

レールのついたスライド式本棚というのがベターかと思いますが、積読用の本棚として、見やすさと取り出しやすさを考えた場合、実はキャスター着きの回転式本棚が有効です。
卓上ならば、CDラックを流用するのもオススメです。DVDラックなら新書サイズの本も収納できます。

hondana11.jpg
(ちなみに愛咲は組み立て式のCDラックを使っています)

"見せる"本棚としては、ウォール式ラックにお気に入りの本の表紙を並べてディスプレイにするという方法もあります。これはドアの裏側などに置くとデットスペースの活用になります。
他にも、家具の合間やクローゼットの中にしまえる隙間式、
雑誌などの収納に便利なフラップ式、フィギュアや関連グッズなど雑多な品を格納できる複合タイプなどがあります。

積読のためだけでなく、部屋全体の外観を踏まえ、様々な目的用途に合った本棚を活用するとよいでしょう。
どんな本棚を選ぶにせよ、床面積を効率よく使うため、購入時はケチらず天井まで届く背の高い本棚を買うべきです。
本棚のデメリットとして移動させにくいというのがありますが、そこは部屋の配置をしっかり考えて置いてください。

さて、まとめますと『収納術』の心得は、『本棚の有効利用』です。これで積読城の骨組みができました。
では、次に本棚に本を詰めていく設置工程に入りましょう。


2.シンプルに見やすく並べる
現状で短期積読用と長期保存用の二種の本棚があるとして、購入した本は、積読用の本棚に詰めていくと仮定します。

ここでの第一のポイントは、変に整理整頓を意識せずに、単純に購入順、発売日順に並べること。
別に発売日順に読めとは言いませんし、読みたい本から読んでいって構いませんが、目先にあるものから読んでいくと、優先度の低いものが幾度も後回しにされ、いつの間にか忘れてしまい、思い出した頃にはすっかり古くなり読む気が失せてしまうということが往々にしてあります。
少なくとも、どの本がどの本より新しくて古いのかは常に把握できるように並べておくべきでしょう。

第二のポイントは、読み途中のものは本棚に戻さないこと。
読み進んだ場所に栞を挟んだだけで本棚に戻してしまうと、安心してそのまま忘れてしまう可能性があります。
読み途中の本は、ブックストッカーや書見台などを利用し、中断状態であることを意識付けるようにするとよいでしょう。

hondana12.jpg
(ちなみに愛咲は、ファイルスタンドをブックストッカーに流用して使っています)

第三に、書店購入時に紙カバーをかけてもらったときは、積読用の本棚に詰める前に外すこと。
表紙の日焼けやすり傷などを防止するのには最適ですが、紙カバーをつけたままだと、タイトルが分からないため探すときに混乱してしまいます。積読時には必ず背表紙のタイトルが見えるように並べ、読み終えたら再び紙カバーをかけて保存用の本棚へ移しましょう。

『整頓術』の心得は、『可視性の向上』です。
上記の手法に限らず、積読の状況が一目で見て取れるように並べられていれば、どんな方法でもOKです。
積読城を築く工程はここまでで、最後に城を崩した後に長期保存用の本棚へ再構築する工程に移ります。


3.本棚と心に余裕を持て
読み終わった本は当然、長期保存用の本棚に移して保管していくことになりますが、ここでもひと工夫することで積読に余裕が生まれます。

大抵の方は、レーベル>作者>シリーズ>巻数と細分化して並べて保管しているかと思いますが、それで十全です。
しかし、端から端までギチギチに詰めずに、本棚全体にまんべんなく散らばるようにし、将来、シリーズの新刊が増えることを見通して、前もってある程度の余裕を空けておきましょう。

まず考慮すべきは、レーベルごとの比率です。
新刊と一口にいっても、毎月発売される新刊の数はレーベルによって開きがありますし、個人によって購入する数も違います、世の中には一つのレーベルしか買わないという人もいると思いますので、まず自分自身の比率を考えてみてください。

ちなみに自分を例に挙げると、本棚のレーベル比率はこんな感じです。

hondana13.jpg

hondana14.jpg

3:電撃文庫
1:富士見ファンタジア文庫
1:MF文庫J
1:ファミ通文庫
0.5:角川スニーカー文庫
0.5:GA文庫
0.5:HJ文庫
0.5:ガガガ文庫
1:新書サイズ
1:その他

電撃文庫の購入は毎月6、7冊と圧倒的に多いです。
また文庫本自体も分厚いので広めに場所をとっています。
富士見F文庫、MF文庫J、ファミ通文庫は大体月4、5冊。
それぞれ本棚一段分くらいの割り当てです。
GA文庫、HJ文庫、ガガガ文庫は月1、2冊買っています。
これらはまとめて棚一段分くらいです。

角川靴文庫も月3、4冊と買っていますが、一冊一冊が薄いのでスペースは少なめでも十分に足りています。
新書サイズの本は、C★NovelsFantasia、講談社ノベルズまたは講談社BOXの本が月1冊程度。これも棚一段分。
その他はスーパーダッシュ文庫、コバルト文庫、富士見ミステリ文庫がそれぞれ月1冊あるかないかで、一段で余裕です。
またハードカバーの本については、文庫本とは別の本棚に格納しているのでここでは除いています。

本棚をおおかまなレーベルごとのブロックを区切ったら、次にその中で作者とシリーズの比率を考えます。
作者といっても、速筆でどんどん作品を出す人もいれば、遅筆でなかなか続編が出ない人もいます。全シリーズ揃えるつもりの作者もいれば、もう見切ってしまって今後買わないと考えているシリーズもあるかもしれません。

個人的には、シリーズが続いているものは手前に余裕をもって並べ、もう続きを買わないと思った本、シリーズが完結した本は棚の奥にキッチリ詰めてしまっています。
シリーズがあとどれくらい続くかも予想できれば、それも踏まえて配置を考えるとよいでしょう。

例えば「『シャナ』はもうクライマックスだからあと2、3冊だな」とか、「『禁書目録』はまだまだ続くだろうから、5、6冊分は必要だな」、「『輪環』はどうみても大型シリーズになるから余分に場所とっておこう」といった具合に。

新人作品は単発で終わるか、シリーズ化できるか予測しにくいので、とりあえず3冊くらいは続いても対応できるように一箇所にまとめています。

始めから整理できている状態で本を詰めていけば、あとでシリーズも作者も巻数もバラバラでごちゃごちゃな本棚を整理するという大変な苦労を負う必要も無くなります。

『予測術』の心得は、『自己分析』にあります。
自分がどういう読者なのかを認識し、予め備えておくことで本棚の管理もぐっと楽になるでしょう。


00.おわりに
さて、ここまで長々と語ってきましたが、この方法は半分ぐらいは屁理屈ばかりこねた理想論だと思ってください。
ぶっちゃけどんな方法でも、他人から見たら積読なんて部屋を汚くしている以外のなにものでもないのですから。

積読の方法論なんて、要は本人の意識の問題です。
自分が美しいと自信を持って断言できるのなら、それでいいと思います。部屋中に本が積みあがっていないと逆に落ち着かないという人もいるでしょう。それは個人の自由です。
大切なのは、なにが正しい方法かではなく、本人が自分の積読に満足しているかどうかではないでしょうか。

但し、積読とはその人の心のありようを反映するもの。
普段から周囲に気を配れる人は、積読にも配慮が見られますし、何事もいい加減な人は、積読もいい加減なものです。

愛咲家伝来『積読城建築法』の奥伝は、『自己啓発』です。
いまの積読に不満があるならば、まずそうした積読を作ってしまった自分自身を変えないと何をやっても無駄です。
理想の積読とはなんなのかと考えることは、つまり理想の自分とはどんな人間であるのかと考えることです。

まずは想像すること。そして、できることから始めましょう。
焦らずにゆっくり一歩一歩、自分のペースで進みましょう。
ときには立ち止まって考えたり、戻ることも大切です。
そしていつかアナタの思い描いた積読が実現できたら、
いまとは違ったアナタがそこにはいるはずです。


次回、積読三部作 完結編

『正しい積読の愛し方』 近日公開予定
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

ラノベと私の10の約束

1.私の一生は1〜2年くらいしかありません。
ほんのわずかな期間でブームは過ぎ去ってしまいます。
私のことを本屋で見かけたらどうかそのことを考えて下さい。

2.私が「あなたが私に望んでいる展開」に進展するまでページ数を与えてください。

3.続編をご期待下さい、それだけで私は幸せなのです。

4.私を長時間放置したり、積読しっぱなしにしないで下さい。
あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。でも・・・私にはあなただけしか読者がいないのです。

5.時には私の感想を言って下さい、 たとえあなたの言葉を作者は聞いていなくとも、私を語っているあなたの声で、たくさんの私が買われていきます。

6.あなたがどれほど汚い手で触ったか、私はその跡を全て残していることを知って欲しい。

7.私を叩く前に思い出して下さい 私にはあなたの酷評に反論する口をもっていないということを。

8.ワンパターンだ、定番だ、パクリだと叱る前に私をそう思ってしまった理由が何かないかと考えて欲しい。
もしかしたらこれがいまの人気なのかもしれないし、あなたの思い込みや覚え違いかもしれない、
些細なことを少し穿ちすぎてはいないだろうか?

9.私が場所を取ってもどうか本棚において欲しい、あなたもいつか同じように飽きられるのだから。

10.最期の旅立ちの前には、私を本当に大切にしてくれる人のところに送って下さい。
「墓の下まで一緒にもっていく」とか「私の居るところで逝きたい」なんて 言わないで欲しいのです。
あなたの霊にとりつかれてしまうと、私は新しいご主人様にウケが悪くなります。
そして・・・・・・どうか安らかにお休み下さい、私もあなたを愛していました(多分)



・・・・・・あるぇ?最後に愛を感じない(;・ω・)

パクリ元:犬の十戒-Wikipedia
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

ライトノベル「俺の名前はいっぱいあってな…」

そろそろ「ファンタジー文庫」を滅ぼしておこうか
○「ファンタジー文庫」でも「ティーンズ文庫」でもない、「ライトノベル」なんだ!

ルドルフ「ねぇ、君の名前はなんていうの?」
ライトノベル「俺? 俺の名前はいっぱいあってな・・・」
ルドルフ「イッパイアッテナ?イッパイアッテナっていうんだ」
ライトノベル「ちげーよ、俺の名はライトノベルだ(#゚д゚)ゴルァ!」
ルドルフ「さ、サーセン!(゚д゚;)」

地元の図書館の棚の表記は、まだ「ティーンズ文庫」ですよ。
書店でもライトノベルと表記してあるところもなくはないですが少ないんじゃないですかね。

「ティーンズ文庫」や「ファンタジー文庫」だけでなく、「少年小説」、「少女小説」、「ジュブナイル小説」とかジャンルでも呼ばれてますし、酷いところだと、「児童文学」扱いされて、青い鳥文庫やカラフル文庫の横に並んでたりします。
まあ近いといえば近いんですが、せめて年配の人でも「ヤングアダルト」くらいナウい呼び名で呼んで欲しい。

ライトノベルを買い求めるとき、初めて行った書店だとまず棚の配置を読んで、コミックと一般文芸の中間あたりを目指してます。あとはなんだろう・・・、ライトノベルのオーラ?

最初からラノベを置いてない書店は、一目見るとだいたい雰囲気で置いてないなぁというのがなんとなく分かります。
高校時代のラノベ好きの友人も、同じように大気中のラノベ粒子を感知できる人間だったので、ある程度のレベルのラノベ読みだったらそんな能力のひとつやふたつ顕現しててもおかしくないんじゃないかな。

もし自分の中に眠っている隠された力を試したかったら、東京駅の八重洲ブックセンターに行ってみるといい。
あそこはかなり中が入り組んだデモンズタワーだから。
もし案内図を見ずに一発でライトノベル売り場にたどり着けたら、アナタは立派なライトノベルウィスパード能力者。
本当にたどり着くことができたなら、その証として八重洲ブックカバーを購入してきなさい。対面にいっぱい並んでるから。

他に難易度の高い迷宮的書店があったら教えてください。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

2007年下半期ライトノベルサイト杯 結果発表

2007年下半期ライトノベルサイト杯 結果発表
(☆マークをつけたのは愛咲が投票した作品です)

◆新規部門
1位 【時載りリンネ/著:清野静/絵:古夏からす/レ:角川スニーカー文庫】

2位 【さよならピアノソナタ/著:杉井光/絵:植田亮/レ:電撃文庫】

3位 【暴風ガールズファイト/著:佐々原史緒/絵:倉藤倖/レ:ファミ通文庫】

4位 【DOORS/著:神坂一/絵:岸和田ロビンレ/レ:角川スニーカー文庫】
    【アストロノト! /著:赤松中学/絵:bomi/レ:MF文庫J】

6位 【ドラゴンキラーあります/著:海原育人/絵:カズアキ/レ:C★NOVELSファンタジア】

7位 【鉄球姫エミリー/著:八薙玉造/絵:瀬之本久史/レ:スーパーダッシュ文庫】
    【カッティング/著:翅田大介/絵:も/レ:HJ文庫】

9位 【輪環の魔導師/著:渡瀬草一郎/絵:碧風羽/レ:電撃文庫】

10位 【幽霊列車とこんぺい糖 メモリー・オブ・リガヤ/著:木ノ歌詠/絵:尾崎弘宣/レ:富士見ミステリー文庫】


◆既存部門
1位 【"文学少女"と月花を孕く水妖/著:野村美月/絵:竹岡美穂/レ:ファミ通文庫】

2位 【とらドラ6!/著:竹宮ゆゆこ/絵:ヤス/レ:電撃文庫】

3位 【クジラのソラ04/著:瀬尾つかさ/絵:菊池政治/レ:富士見ファンタジア文庫】

4位 【バカとテストと召喚獣3 /著:井上堅ニ/絵:葉賀ユイ/レ:ファミ通文庫】

5位 【人類は衰退しました (2) /著:田中ロミオ/絵:山崎透/レ:ガガガ文庫】
   【Fate/Zero /著:虚淵玄/絵:武内崇/レ:TYPE-MOON】

7位 【遠まわりする雛 /著:米澤穂信/絵:/レ:角川書店】

8位 【円環少女 (6) 太陽がくだけるとき /著:長谷敏司/絵:深遊/レ:角川スニーカー文庫】

9位 【流血女神伝 喪の女王8 /著:須賀しのぶ/絵:船戸明里/レ:コバルト文庫】

10位 【狼と香辛料 VI /著:支倉凍砂/絵:文倉十/レ:電撃文庫】
    【図書館革命 /著:有川浩/絵:徒花スクモ/レ:電撃文庫】


新規部門は1〜5位を独占する気満々だったのに、中間を過ぎてからの後半戦で計算が狂いまくりでした。
初日投票組は不利だこれ。

純愛系の作品が多い中で、熱血系が目立ったのか、ここまで「暴風ガールズファイト」が突出してくるとは想定外。
というか、不確定要素の元凶はまいじゃーさんのトコですよ。
自分のサイトで人気投票とかずりゅい・・・・・・orz

時折、途中経過をチェックしていましたが、最後の一週間で、「DOORS」が一気に伸びましたね。
まあ神坂一は大御所だし、ファンの組織票が集まるのは当然なのですが、「アビスゲート」の片手間に書いた「DOORS」がまさかこんなウケるとは神坂先生思わなかったでしょう。

それ以外は、ほぼ予想通り。まったくの新人という括りの中では、期待株を発掘できていると安心していいのかな。

既存部門は個人の好みが激しすぎて読み切るのは無理だ。
アニメ化効果で「狼と香辛料」はもう少し伸びてもいいんじゃないかとなとは思ったが。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

ライトノベル板大賞2007下半期・歴史終了のお知らせ

2chライトノベル板大賞 2007下半期
イベント運営・感想スレッドpart11


えーマジ、ラ板大賞!?
チョーキモーイ!

         ∩ ∩   ラ板大賞が許されるのは、
   /) /)  (´く_`  )   2006年下半期までだよねー
  ( ´_ゝ`) /∩  ⌒i       キャハハハハハハハ!!!
  / ∩  \ /   | |
  | // / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__ゝ_/ /  FMV  / .| .|___
    \/____/ (u ⊃


◆関連リンク
2chライトノベル板大賞 データベース
2chライトノベル板大賞 栄光の記録



ちょっと、お前ら、深夜に騒ぐな。
私なんて明日は日曜だってのに仕事ですよ。
朝一で単体試験の項目表を書かにゃならんのだ!

   ∧∧ ∩
   (#・ω・)/
  _| つ/ヽ-、_
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いや、すまんな。
しかし、あまりにも哀れな放置っぶりで
せめて俺たちぐらいは反応してやらんとと思ってな

          ∩ ∩   由緒あるライトノベル板の伝統も、
    /) /)  (く_`  )   実にあっけない幕切れだったな。
   (  ´_>) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|___
    \/____/ (u ⊃


ライトノベル板大賞のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


           Zzz
              <⌒/ヽ___
            /<_/____/
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


というわけで、申し訳ありませんが、今日も以上で、感想をお休みさせて頂いて、ベットダイブ。
休日なき廃ジョブ、それがSE。
最近、睡眠不足でリアルに胃が痛い・・・・・・・・・。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

2007年下半期ライトノベルサイト杯

『2007年下半期ライトノベルサイト杯』に投票します。
前回は投票が遅かったこともあり、マイナーなイロモノばかりを挙げてしまったが、今回はガチガチで上位を狙います。
目標は目指せ全タイトル十位圏内。


◆新規部門
@時載りリンネ!
4044732027時載りリンネ! 2 (2) (角川スニーカー文庫 203-2)
清野 静
角川書店 2007-12-01

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/新規/9784044732028】


Aドラゴンキラー
4125010080ドラゴンキラー売ります (C・NovelsFantasia う 2-3)
海原 育人
中央公論新社 2007-12

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/新規/9784125010083】


Bカッティング
4894256207カッティング ~Case of Tomoe~ (HJ文庫 は 1-1-2)
翅田大介 も
ホビージャパン 2007-12-01

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/新規/9784894256200】


Cさよならピアノソナタ
484024071Xさよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)
杉井 光
メディアワークス 2007-11

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/新規/9784840240710】


Dアストロノト!
484012082Xアストロノト! (MF文庫 J あ 5-1)
赤松 中学
メディアファクトリー 2007-11

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/新規/9784840120821】


◆既存部門
@黄昏色の詠使い
4829119764踊る世界、イヴの調律 (富士見ファンタジア文庫 174-4 黄昏色の詠使い 4)
細音 啓
富士見書房 2007-11

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/既存/9784829119761】


A狼と香辛料
4840241147狼と香辛料 6 (6) (電撃文庫 は 8-6)
支倉 凍砂
メディアワークス 2007-12-10

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/既存/9784840241144】


Bとらドラ!
4840241171とらドラ 6 (6) (電撃文庫 た 20-9)
竹宮 ゆゆこ
メディアワークス 2007-12-10

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/既存/9784840241175】


C"文学少女"
4757739184“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫 の 2-6-6)
野村 美月 竹岡 美穂
エンターブレイン 2007-12-25

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/既存/9784757739185】


D嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
4840241252嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 3 (3) (電撃文庫 い 9-3)
入間 人間
メディアワークス 2007-12-10

by G-Tools

【07下期ラノベ投票/既存/9784840241250】
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

2007下半期新刊10選

半期恒例の新刊チョイス。

ルールはいつも通り、既刊のシリーズを除き、2007年下半期に開始した新シリーズ&新刊に限定してオススメします。
また作品のナンバリングは順位とは関係ありません。

過去記事
2007上半期新刊10選
2006下半期新刊10選
2006上半期新刊10選

1.輪環の魔導師
【著:渡瀬草一郎/絵:碧風羽/レ:電撃文庫】

4840240663輪環の魔導師―闇語りのアルカイン
渡瀬 草一郎
メディアワークス 2007-11

by G-Tools


様々な現象を起こす『魔導具』が存在する世界。
主人公セロが、祖父の残した伝説の魔導具を巡って、戦いを繰り広げる冒険ファンタジー。黒猫がチャームポイントです。

2.さよならピアノソナタ
【著:杉井光/絵:植田亮/レ:電撃文庫】

484024071Xさよならピアノソナタ
杉井 光
メディアワークス 2007-11

by G-Tools


恋と革命と音楽が織り成すボーイミーツガール。
ピアノが弾けなくなった少女と評論家気取りの少年が、ギターとベースで繋がっていく、清く正しく青春小説です。

3.時載りリンネ!
【著:清野静/絵:古夏からす/レ:角川スニーカー文庫】

4044732019時載りリンネ! 1
清野 静
角川書店 2007-07

by G-Tools

4044732027時載りリンネ! 2
清野 静
角川書店 2007-12-01

by G-Tools


時を止める「時載り」の少女リンネと幼馴染の少年久高が、
小学6年生の夏休みの間に体験した本を巡る物語。
謎あり、ときめきあり、バトルありの大冒険!

4.量産型はダテじゃない!
【著:柳実冬貴/絵:銃爺/レ:富士見ファンタジア文庫】

4829119594量産型はダテじゃない!
柳実 冬貴
富士見書房 2007-09-20

by G-Tools


アンドロイドと人類が敵対している世界で、旧式で見た目もダサい量産型が意地と根性でピンチを切り抜けていくといったカンジの熱血ロボコメディ。燃えたら負け。

5.幽霊列車とこんぺい糖
【著:木ノ歌詠/絵:尾崎弘宣/レ:富士見ミステリー文庫】

482916400X幽霊列車とこんぺい糖―メモリー・オブ・リガヤ
木ノ歌 詠
富士見書房 2007-10

by G-Tools


廃線になった列車を蘇らせようとする芸術肌の美女リガヤに手を貸すことになった自殺志願の少女海幸のひと夏の物語。
思春期真っ盛りの少女が迷走する様が圧巻の百合モノです。

6.アストロノト
【著:赤松中学/絵:bomi/レ:MF文庫J】

484012082Xアストロノト!
赤松 中学
メディアファクトリー 2007-11

by G-Tools


科学と魔法が入り混じった世界で、少年少女が月を目指すスペース・ファンタジー。登場人物たちが、月面ロケットにかける夢とロマン!そしてラブ!ひたむきな情熱がとにかく熱い!

7.カッティング
【著:翅田大介/絵:も/レ:HJ文庫】

4894255723カッティング ~Case of Mio~
翅田 大介 も
ホビージャパン 2007-06-30

by G-Tools

4894256207カッティング ~Case of Tomoe~ (HJ文庫 は 1-1-2)
翅田大介 も
ホビージャパン 2007-12-01

by G-Tools


重度の心の傷を負った少女たちと、そんな少女たちに惹かれてしまった少年たちが繰り広げる純愛ロマンス。
今流行のヤンデレヒロインが話題の奇作です。

8.ドラゴンキラーあります!
【著:海原育人/絵:カズアキ/レ:C★NOVELSファンタジア】

4125009929ドラゴンキラーあります
海原 育人
中央公論新社 2007-07

by G-Tools

4125009961ドラゴンキラーいっぱいあります
海原 育人
中央公論新社 2007-08

by G-Tools

4125010080ドラゴンキラー売ります
海原 育人
中央公論新社 2007-12

by G-Tools


無法地帯で便利屋を営む青年ココと竜の肉を食って超人ドラゴンキラーとなった少女リリィのダーティなペアがおくる、今期ネットで人気急上昇中のピカレスクロマン。

9.熱砂の星パライソ
【著:宝珠なつめ/絵:柴倉乃杏/レ:C★NOVELSファンタジア】

4125009988異形を狩る者―熱砂の星パライソ
宝珠 なつめ
中央公論新社 2007-09

by G-Tools

4125010102背徳者の旅路─熱砂の星パライソ 2
宝珠 なつめ
中央公論新社 2007-12

by G-Tools


人を食らうことで知識や記憶までも取り込み進化する怪物が闊歩する荒野を、凄腕のガンマンとして生きる青年レーンと若き相棒少年ルディが駆け巡るSF風ガンアクション。

10.本の姫は謳う
【著:多崎礼/絵:山本ヤマト/レ:C★NOVELSファンタジア】

4125010064〈本の姫〉は謳う 1
多崎 礼
中央公論新社 2007-10

by G-Tools


呪文を唱えることで映像と音声を再生する、「本」。
そして人に害をなす邪悪な文字(スペル)を回収するため、
本に封じられた「姫」と旅を続ける少年アンガスの物語です。

次点
・魔女ルミカの赤い糸
【著:田口一/絵:カズオキ/レ:MF文庫J】

これは大変エロいものです。

・バトルフィールドは空騒ぎ!
【著:淺沼広太/絵:むらたたいち/レ:ファミ文庫】

オンラインFPSっぽさがよく出ていました。

・RIGHT×LIGHT
【著:ツカサ/絵:近衛乙嗣/レ:ガガガ文庫】

定番すぎるほど定番な学園異能ですね。

・警極魔道課チルビィ先生シリーズ
【著:横山忠/絵:成瀬ちさと/レ:スーパーダッシュ文庫】

わりとスプラッタなのにさくさく読めるのがツボ

総括
上半期に引き続き、順調な新人の不作。
すぐにコレと思う新人が清野静、海原育人、翅田大介しか挙がらなかった。残りは平均よりはマシかなぁという程度。
それに杉井光は前回も推したし、いまさら渡瀬草一郎なんて人気作家を挙げるのにもかなり抵抗があったのだけれど、クオリティ的に他と並ぶ作品が見当たらなかったので仕方なく。

しかし、まあ大衆ウケはしないまでも、個人的には好みの作家がチラホラ出てきていたので満足といえば満足です。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

正しい積読の崩し方

毎日、積読に励んでいるみなさん、こにゃにゃちわ。
部屋の大部分を占領している積読の処理にお困りのアナタ。
本日お教えするのは愛咲流忍法『積読山崩しの術』です。
これさえ会得すれば、もう積読なんか怖くない!(多分)
いざ、憎くき積読を読破しよう! 略して積読破ッ!!

0.はじめに
まず積読から抜け出せない原因を自覚しましょう。
それは主に次の3つの要因によります。

@量が多くて整理できない
Aどれから読めばいいのかわからない
B読む本はあるのに新刊を買ってしまう

その他の積読の理由として、「忙しくて読んでいる暇がない」というのをよく聞きますが、それはいい訳です。
買っただけで満足してしまっているのは、ただのアホ。
「こんなに積読してます」と写真まで晒して自慢しているのは、自虐ネタが大好きなM男。ずっとそのままでいればいいよ。

すなわち、『積読山崩しの術』とは、その三つの要因を解消するための方法である。『積読山崩しの術』をマスターするためには、まず以下の三つの術を習得していきましょう。

@整理術
A段取り術
B目利き術

では、次から順々に解説していきます。


1.積読は、整理しない。
整理できないくらいに溜まってしまっている場合。
改めて整理してはいけません。買う度に積み上げていったのなら、それはすでに"発売順"に整理されている状態といえます。年期の入った積読地層の崩落は危険です。

ここで出版日が一年以上前のものは、古本屋に売り払うか、友人にあげるか、潔く棄ててしまってください。
どうしても整理できないときは、とにかく整理可能な範囲内まで棄ててしまうしかありません。

ライトノベルは出版サイクルが非常に早いので、一年以上前の作品はもはや時代遅れ。
それに部屋の貴重なスペースを占領してまで後生大事にとっておいても、紙魚に食われて汚れていく一方です。それよりも状態が綺麗なうちに高く売ってしまった方がマシです。
あとで読みたくなったら、また買い戻せばいいのです。

整理できるようになったら、さらに「これは絶対に読む!」と強く思うものだけ20〜30冊まで絞ってください。
それ以外の本は、やはり売るか棄ててください。
判断に迷うレベルの本は、棄てる認識でお願いします。
人にもよりますが、読者ひとりが処理できる積読許容値は最大で30冊前後です。それ以上は読みきれません。

整理術といいながら、ここまで売ったり、棄てたりといったことばかり強調していますが、そもそもどんなに上手く整理したとしても、根本的な量は変わりません。
読みきれない本の山は、やはり"読みきれない"のです。

積読に対して唯一有効な『整理術』は、『売る。譲る。棄てる。』この三つだけだと理解してください。
さて、整理ができたら次は読んでいく順序を決めましょう。


2.積読は、読書計画を立てない。
積読の量が減ったからといって、「この本はこの日に、このシリーズは次の週に」とか細かい読書計画を立てないで下さい。
どうせ守れません。そもそも自分に計画性がないから積読に陥ってるワケで、同じことを繰り返さないように。

どうせ学習能力がないのですから、直感で選びましょう。
整理した積読の本を床に並べてください。
表紙が一番眼についた本はどれですか?
はい、決定です。まずその本を読んでください。

ここで「適当すぐる!」と思ったアナタは負け組。
積読に対して決まった段取り術なんてありません。
絶対に自分の思う通りにいかないのが積読で、人生です。
その場、その場のアドリブで切り抜けていくのが最善です。

とはいえ、まったく無秩序に読み進めていっても続きません。
ただのルーチンワークになってしまってもいけないので、自分なりに優先順位の目安を作るのもありです。
ただし、その際はできるだけ簡単で単純なルールにすること。
「薄い本から読む」、「出版日が最近のものから読む」など。

本当の『段取り術』とは、『いま最優先でしなくてはいけないことだけを最優先で行う』です。
コレと決めた本を読んでるときに、割り込みで他の本を読み始めるのだけは絶対に禁止です。
途中で読む気がなくなったら、いっそ売り払ってください。


3.新刊を買っても、積読は減らせる
積読が残っている状態でも、新刊は買ってかまいません。
流行に乗り遅れてしまったせいで、これ以上、アナタが空気を読めない人間になってしまっては一大事です。
なので新刊を読んでもらって結構ですが、条件として新刊を読んだら次は必ず積読の本を読んでください。

積読ばかり読もう読もうと思っていると余計にプレッシャーになって読めなくなります。逆に新刊ばかり読んでいても、大量の積読の山が気になってしまうと思います。
慣れない習慣を実施するには、そこに山と谷を作ることが肝心です。緩急を生み出し、自分の行動にメリハリをつけることで積読に飽きてしまわない工夫をしましょう。

それと新刊と積読の未読本は、両方とも常に持ち歩いてください。人間には、一日の間必ずなにもない時間というのが出来るはずです。そして一冊読み終わってもすぐに次が読み出せるように常時携帯しておくべきです。

また前述した通り、未読本の合計値は30冊を越えないようにしてください。ですから、新刊を買うためには、先に積読の本を読む必要があるわけです。

そして読書は読みたい本を読むのが一番集中できます。
いくら人気があって、周囲が騒いでいても、自分に合いそうにないものは無理して読む必要はありません。
一見して興味がないのなら最初から手を伸ばさないこと。
手当たり次第に目に着いたものをあれもこれもと買い求めるのは、本読みにとって邪道の選び方です。
他人の評価を求める前に、まず自分で見極めてください。

『目利き術』というのは、『己を信じて貫くこと』です。
ラノベの知識や情報はこの際必要ありません。まず自分にとってのラノベ購入における判定基準を頭で整理してください。
『目利き』というは、自分自身に対して行う行為でもあります。
自分はどんな作品が好きなのか、自分はどれだけの本を読めるのか。自分と向かい合っていま一度考えてみてください。

00.おわりに
さて、ここまでいろいろ偉そうに語ってきましたが、上記であげた方法で絶対確実に積読が解消できるとは限りません。
というか、あくまでもこれは私の実践している方法であって、アナタにまで通用するかなんて保障は出来るはずないです。

愛咲流『積読山崩しの術』の極意は、『見切り』です。
悪く言ってしまえば、その裏にあるのは『見棄て』です。
自分好みの本を読むために、その他の本を棄てる方法です。
自分の気に入らない本、自分にとって不要な本。そうした本をキッパリと読み棄てる冷酷さがなければ、達成できません。

しかし、私の方法だけが、一つの解答ではありません。
本読みの数だけ独自の『積読山崩しの術』があります。
本当に積読に立ち向かう術を身につけるつもりならば、自分に合った『積読山崩しの術』を探すことが一番重要です。

だからもし積読破に失敗しても、諦めずに追い求めてください。もしかすると、『諦めないこと』が唯一本当の『積読山崩しの術』なのかもしれません。
たとえここで私の力およばず、積読が拡大し続けようとも、
いつの日かアナタが積読に打ち勝つ未来を私は信じます。

せめて今は祈っています。

いつか積読なき、平和な世界が訪れんことを。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

「ライトノベル2.0」とは?

長文が嫌な人はこっちで。

◆ライトノベル2.0とは?
今後、各レーベルが目指すべき企業指針。


◆戦略的ポジショニング

・プラットフォームとしてのライトノベル
 →もっとメディアミックス作品を増やしていこう

◆ユーザーポジショニング
・読者一人一人が審査員
 →「ラ板大賞」、「ラノサイ杯」、「このラノ」の結果に注目しよう

◆コアコンピタンス(中核能力)
・ブロゴスフィアを活用する。
 →ライトノベルサイトを巡回して、最新の情報を収集しよう

・メディア関連企業を、共同制作者として扱う。
 →新たなビジネスモデルを開拓しよう

・シェアードワールドの開発。
 →他のレーベルが真似できない特色を持とう

・ライトノベルや一般文芸としての枠を超えた物語を提供する。
 →特定の読者層にとらわれない作品を作ろう

・軽量なキャラクター、軽量な会話、そして軽量なストーリーを採用する。
 →ライトノベルの原点に帰ろう

・Webサービスの提供。
 →もっとウェブを利用して、読者を引き込もう

◆で、結局ライトノベル2.0ってなんなのさ?
将来、ライトノベルの表紙がヒロインのピン絵ばっかりになる時代である。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする