ダフロン

2013年04月25日

緋弾のアリアXIV 招かれざる海霧/赤松中学

484015161X緋弾のアリアXIV 招かれざる海霧 (MF文庫J)
赤松中学 こぶいち
メディアファクトリー 2013-04-24

by G-Tools

香港を訪れていたキンジたちは孫と遭遇し、激闘の末に一旦は勝利を収める。そして、極東戦役の交渉につくために敵の本拠地・藍幇城を訪れる。しかしそこには甘い罠が潜んでいて……?GIIIを一撃で倒した孫の如意棒が、再びキンジたちを襲う! 未曾有の大ピンチをキンジは乗り切ることができるのか

 恋と戦争の女神

 武装する探偵、『武偵』の卵の少年少女たちが凶悪犯に立ち向かう学園アクション&ラブコメディ。

 キンジさんが恥ずかしポエムを囁いちゃうたびに笑ってしまうのって、わたしだけじゃないよね。
 孫とココの襲撃を乗り切り、一時休戦で敵の本拠地・藍幇城へと招かれたキンジたちが、香港藍幇の内紛に巻き込まれるなかで、武偵としての誇り、男としての仁義を貫く姿に、そこにシビれる憧れる。
 『妖刀』や『魔剱』という言葉がちょろちょろ登場し始めて、文庫を越えたオーバーリンクも期待してます。

 ココ姉妹はこんなに脳筋キャラだったのかと呆れるくらいバカですねぇ。しかしウザカワイイいきもの。
 豪華絢爛な藍幇城へ招待され、贅沢三昧の接待で『眷属』側に引き抜こうとする藍幇に対して、取り込まれまいと禁欲に徹するキンジと、口では心配無用といいながらもドレスや食い物や酒の魅力に負けていくヒロインたちのギャップが可笑しかった。女って奴はこれだからと嘆きたくなるキンジの気持ち、わかる。

 対局を見据えた視野を持つ穏健派の諸葛や最強の戦士でありながら囚われの身である孫/猴は、敵だけれど嫌いにはなれないんですよね。ままならぬ現状に縛られている姿に同情を寄せてしまいます。
 破格の待遇で寝返りを誘うココたちに、日本人は金や地位では動かない、心意気と忠義のみで動くということを見せつけてくれたキンジにはスカッとした。やるときはやるヒロインたちの戦いぶりも見惚れますね。

 しかし、作者はレーザービームの攻略法思いつかなくて、後付けで弱点考えたろ。わしの如意棒は108式まであるとか、わいの如意棒は13kmやとか言い出したらもう打つ手ないでしょうしね。
 ただ設定を加えたことで、孫との決着が劇的で印象強くなったところはさすがだなと関心しました。
 一難去ってまた一難、新たな敵が現れましたが、好きだなぁスケールインフレしていくこういう結末。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

聖剣の刀鍛冶 15/三浦勇雄

4840151334聖剣の刀鍛冶15 (MF文庫J)
三浦 勇雄 屡那
メディアファクトリー 2013-03-22

by G-Tools

大陸の心臓“ヴァルバニル”が、遂に火山の頂に威容を現す。高濃度の霊体を吐く一撃で新たな“爪痕”を穿ち、触手で敵味方なく戦士たちを奈落に引きずり込む巨竜に為す術のないセシリーたち。一方シーグフリードは大量の魔剣を投じ、ある“作戦”をはじめようとしていた―。

 必ずまた会おう

 すべてを守りたいと願う女騎士が、気合とド根性で成長していく熱血ファンタジー。

 みんな頑張った。セシリーとルークだけでなく、登場人物全員が欠けてはならない主人公でした。
 蘇ってしまった魔王ヴァルバニルを前にして、それでもなお諦めずに力を合わせて立ち上がるセシリーとルーク、数多くの名も無き人間たちの世界の存亡を賭けた最終決戦に魂が震えました。
 タイトルの『聖剣の刀鍛冶』が指すのが、まさかあの人物だったとは……予想できてたもん。

 封印に失敗し、ヴァルバニルが復活してしまっても、決してくじけないセシリーのメンタルがすごい。
 生き残った都市騎士団たちも、団長やレジナルドの元に集まって、セシリーが戦ってるのに自分たちが逃げるわけにはいかないと、強大な相手に反撃の作戦を練り始める男たちの不屈の闘志に燃えます。
 何より自分の伴侶を信じて正面の敵に向かっていくルークとセシリーの愛と信頼の絆が素晴らしい。

 魔剣の力でヴァルバニルを操ろうとするジークフリートに一騎打ちを挑むルーク、飲み込まれたリサを助けにヴァルバニルの体内に飛び込むセシリー、まったく無鉄砲なところがよく似た夫婦だ!
 実験を実証するためだけに災厄を振りまこうとするジークフリートの思想は最後まで理解できなかったなぁ。もっと他に人の役に立つことで自分の存在理由を見いだせなかったのかと悔しくてならない。

 人類の力を結集した総攻撃とセシリーとルークの愛のコンビネーションでもぎ取った勝利は感無量ですが、後日談は駆け足でちょっと物足りなかった。都市の復興や新婚生活の光景も見てみたかった。
 番外編がまだあるようなので、後日談はそっちに期待かなぁ。ところで、あとがきの表紙絵の話。無理にこじつけなくても着替えても良かったんじゃね。いや、これはこれで格好良いですけども。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

蒼柩のラピスラズリ 2/あさのハジメ

484014964X蒼柩のラピスラズリ2 (MF文庫J)
あさのハジメ 菊池政治
メディアファクトリー 2013-01-24

by G-Tools

魔女の血を分け与えられた九十九のアンティーク――《魔女の遺産(ウィッチクラフト)》を蒐集していた。そんなある日、ウィッチクラフトを巡る三大勢力の一角、霧谷家新当主・霧谷七海に突如屋敷へと呼ばれた。七海は同盟を結ぶこと、さらには両家の人間でのお見合いを提案してきた!

 深紅の革命前夜

 九十九の魔女の遺産の蒐集と封印に挑む少年と少女たちが織りなす学園異能バトルアクション

 久しぶりの男装執事だー! しかもズボンだけ履かないえっちぃ奴だー! マニアックとか今更言うな!w
 辻嶺家と遺産を巡る宿敵・霧谷家との同盟の条件として、遺産No2<紅棺>こと霧谷七海から求婚された主人公・冬夜が、彼女の真意を探りつつ、絡み合っていく人々の思惑と因縁とが興味深かったです。
 相変わらず、お気楽なラブコメだなぁと思いきや、徐々に狂気を垣間見せてくる展開にガクブルでした。
 ラピスラズリも学園生活にも馴染みはじめ、遺産集めもチームワークが組めるようになり、万事順調に思えた冬夜たちですが、そこへ一石を投じる七海の爆弾発言が嵐を巻き起こして愉快でした。
 最強の遺産を持つセツナを倒すための同盟を組もうと言い出す彼女ですが、本当の狙いがどこにあるのか、探りをいれるつもりがマイペースな七海に振り回される冬夜の醜態ぶりが可笑しいです。

 ストレートな愛の告白をして以降、冬夜に積極的に迫る七海に対して、それぞれ焦り出す真由香やラピスラズリの動転ぶりや奇行ぶりもたっぷりニヤニヤさせていただきました。修羅場オイシイデス!
 同盟を組むのか結論が出ないまま、セツナと遭遇して、なし崩しに戦闘に入ってしまい、激しく憎悪と怨恨を向け合うセツナと霧谷家との因縁の根深さに慄きますね。比べると冬夜はまだ力が足りてない。

 平和的な解決策を模索して、その場を収めようとするものの、両者の問題には部外者であるだけに、何も出来ぬまま死闘を傍観することしかできない冬夜の身がもどかしいなぁ。
 七海も本当は家族が恋しいだけの可哀想な女の子なんじゃないのかなと思っていたら、最後最後で歪んだ家族愛を見せてゾッとしますね。これでは冬夜たちとは相容れないわ。戦いの行方が気になる。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

学戦都市アスタリスク 02 銀綺覚醒/三屋咲ゆう

4840149631学戦都市アスタリスク 02 銀綺覚醒 (MF文庫J)
三屋咲ゆう okiura
メディアファクトリー 2013-01-24

by G-Tools

晴れてタッグを組むことになった綾斗とユリス。連携を磨きながら《鳳凰星武祭》に備えるのだったが――そんな中、綾斗は一人の少女と出会う。長い銀髪に小動物のような愛らしい見た目の少女、刀藤綺凛。彼女こそ、若冠13歳にして星導館学園の序列第一位、《疾風刃雷》その人だった!

 己が道を選びとれ

 六つの学園に所属する異能に目覚めた《星脈世代》の少年少女が最強を目指す学園バトルエンタメ

 2巻で一気にロリに寄せてきたー! そして、うわ、幼女強いの法則。これもお約束ですねっ!
 《鳳凰星武祭》に備えて特訓を繰り返す主人公・綾斗が、13歳にして序列1位の天才少女・綺凛と出会い、しがらみに縛られた彼女を決闘を通じて解き放っていく様子が思いやりに溢れてて素敵でした。
 最強ロリの登場で、いままでのヒロインの存在が一気にかすんじゃったよ。エリスとはいったい誰だ。

 プロポーションが良いロリはありなのか、全然アリですとも! お淑やかで慎ましい綺凛ちゃんめっちゃ可愛いわ。天才的な剣の腕で序列1位に君臨し、唯一の弱点もあることで逆に愛らしくて、完璧だわ。
 複雑な事情を抱える彼女の家庭問題に首を突っ込み、玉砕してしまった綾斗だけれど、それが縁で慕われるようになっていく姿は、主人公補正パネェっす。なんで女の子をあんな自然体で触れるんだよ!

 他の学園も自分たちの実験のために綾斗を利用しようと狙っていて、前回のような襲撃が起こるんだけど、この都市の治安維持管理はどうなってるんですかねぇ。これが若者のモラルハザードか。
 多彩な連携技得意とする綺凛に対し、それ以上の多様な攻撃方法でもって打ち破った綾斗だけれど、隠しておけばいいのに自分の実力をホイホイ大衆の前で晒して、こいつはバカなのか、大物なのか。

 学園内でのトーナメント抗争はそろそろ一区切りついて、次あたりはようやく学園対抗戦でしょうか。
 他の他校生の姿も、ちょろっと出て来ましたけど、星導館以外の学園の様子も見てみたいですね。
 それで他校生と戦っていくうちに、現地妻ならぬ、学園妻ができあがってくるんですねわかります。
 ハーレムは何人まで増えるのか、そこが一番重要じゃないですか。次回の新キャラはどんな子かなぁ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

ノーゲーム・ノーライフ 3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?/榎宮祐

4840149585ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)
榎宮祐
メディアファクトリー 2013-01-24

by G-Tools

世界第三位の大国『東部連合』に、その大陸全領土と"人類種の全権利"を賭けて行う起死回生のゲームを仕掛けたが、直後。謎の言葉を残して空は消えてしまった。消えた空の意図、残された白、人類種の運命は! そして獣耳王国(パラダイス)の行方は――!?

 ゲームは困難なほど面白い

 ゲームですべてが決められる異世界へ召喚された廃人ゲーマーの兄妹による世界征服ファンタジー

 人類の種族の命運を賭けた勝負方法が、「らぶ注入」か、ふざけているが、それがいい。
 獣人種とのゲーム直前、姿を消してしまった空の行方を求め、残された白が隠されたゲームの謎に迫り、次第に明かされていく真相と、またしても常識外れの狂気的なゲームメイクにシビレました。
 読者の予想の遥か上をいく兄妹のプレイングに驚くやら呆れるやら感心するやら感情を翻弄されました。

 妹を残して周囲の記憶からも消えてしまった兄を求め、かすかな手掛かりを再構成して空の存在を推理し、そこに秘められた意図を読み取り、見えない盤面から勝利をもぎ取る白の頭脳が驚異的です。
 妹を信頼しているとはいえ、存在をチップにしたゲームを作り出して、自分の犠牲を前提にした戦術を実行してしまう空も狂ってますね。こんな危なっかしいゲームは何を賭けられてもやりたくないわー。

 獣人種の持ちだしたフルダイブ型のFPSは、これは売れる! このエロゲはどこにいけば買えますか。
 魔法を排除した獣人の身体能力を完全に活かせる電脳空間の世界で、運動不足のゲーマー兄妹は役立たずかと思いきや、いずなを脅かす神がかったエイミング技術を発揮して、銃弾を銃弾で撃ち落とすとか、跳弾した弾をヒットさせるとか、読んでいる本を間違えたかと思ったわ。どこのMF文庫だよ。

 空の大胆不敵な発想力と白の正確無比な計算力、このふたつが合わさった思考力こそチートですね。
 言葉にせずともお互いの考えが通じ合っている、まさに一心同体ですね。この固い絆が彼らの強さ。
 獣人種とのゲームもこれにて一段落、エルヴンガンドへも根回しが進んで、ここまでが世界征服までの準備か、なんて壮大な下準備だったんだー! でも、龍や神霊もいますからね。どうやって勝つ気なのやら。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

星刻の竜騎士 XI/瑞智士記

4840149607星刻の竜騎士XI (MF文庫J)
瑞智士記 〆鯖コハダ
メディアファクトリー 2013-01-24

by G-Tools

エーコ誕生からもうすぐ一年。アンサリヴァン騎竜学院に卒業の季節がやってきた。卒業後もアッシュと共にありたいレベッカ。だが、ロートレアモン聖竜騎士団と入団契約を結んでいたレベッカは、己の進路を賭けた御前試合に挑むことに!? その一方、妹リンダの騎竜学院への入学がアッシュに伝えられる。

 英雄の日常は波乱づくし

 人間の女の子の姿をした竜とそのご主人様になってしまった竜騎士見習いの学園ファンタジー。

 ヤンデレ化しそうな妹キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ああ、これはヤバいですね。確実に病んでますね。
 救国の英雄として学園に戻ったアッシュですが、彼の実妹・リンダが入学してきて、愛する兄の爛れた女性関係を目にした彼女がヒロインたちと化学反応を巻き起こして……今回も修羅場が美味い!
 またアッシュをぶっ刺しかねないヒロイン候補が来たか。ハーレム全員にいい顔して、早く刺されろ。

 シェブロンとロートレアモン、二つの王国を救った英雄にして、一国の国家元首、さらにレベッカの後を継いで生徒会長になって肩書きが増えていくアッシュのモテっぷりが天井知らずで、もはやギャグw
 卒業後、アッシュの元に残るか、騎士団に入団するかで揺れるレベッカの葛藤が切ないですが、決闘ではっきりさせようと、この話の女性陣は相変わらず勇ましくて、男性キャラより男らしいですね。

 愛らしくて人当たりがいいアッシュの妹・リンダですが、アッシュに近づくヒロインたちをそれとなく牽制するフシが見え隠れして、兄への執着ぶりは軽く兄妹愛超えちゃってるわー。大丈夫だ問題ない。むしろウェルカム。ヒロインたちにもいい刺激になって、ドタバタラブコメが楽しくて仕方がありません。お誕生会のようにハーレム内での和気藹々とした雰囲気も悪くはないんですが、もっとドロドロしてもいいのよ?

 新章突入ということで、新たな敵もやってきたわけですが、なんだろうか……。いままでの敵と違ってお笑い要員的な雰囲気を感じる。どんなにシリアスにやってもギャグにしかならないタイプの敵だコレ。
 リンダの身にもアッシュに負けず劣らずの秘密が隠されているようですが、『聖杯』って、竜の子孫を残さないといけないから、男子でないといけないんじゃないのか? さて、この先どうなることやら。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

ヒメこえ/太田顕喜

4840148805ヒメこえ (MF文庫J)
太田顕喜 雛咲
メディアファクトリー 2012-12-21

by G-Tools

妹の湊が街角でスカウトされたのはなんと声優事務所!? 声優としての道を歩き始めた湊、そんな妹を兄として見過ごすわけにもいかず、俺、辻蔵航は付き添いでスタジオに通う羽目に。そこで会った超人気アイドル声優・桜塚唯里は一癖も二癖もあるキャラだった!

bashingtag.jpg

 妹、幼馴染、人気声優、様々な女の子に迫られる主人公のラブコメディ

 ヒロインが全員痴女じゃないですか……。いや、可愛いんだけれども、これなんてエロゲっていう。
 声優にスカウトされた妹の付き添いで仕事場に通ううちに、人気美少女声優と出会って惚れられて、騒動になって、幼馴染のフォローでなんとか乗り切りました……というカンジのハーレムラブコメ。
 ヒロインは可愛い。だけど、ストーリーが盛り上がりに欠けて味気ない。可愛い女の子にブヒるラノベ。

 地の文が独白形式の一人称で、典型的な「やれやれ」系の鈍感主人公なため、嫌う読者が多そう。
 私はそれより、主人公が平凡すぎてキャラとしての個性がないので好きにも嫌いにもなれないし、そんな主人公に可愛いヒロインが次々と積極的に迫ってくるのが理解不可能でついていけなかった。
 百歩譲ってシスコンだから妹から好かれるのはいい、だがモテ要素皆無なのにモテモテはダメでしょ。

 フラグも立てず、イベントも達成しないうちから好感度MAXなヒロインって……。人気美少女声優って肩書きがあっても、始終、主人公に身も心も大安売りしてるばかりだと、それだけチープに思えてしまう。
 あと幼馴染だからって、下着姿晒したり、胸揉ませようとしたり、キス誘ったりするような女子もまずいないと思うし、女の子は『恥じらい』があるから萌えるのであって、あけっぴろげ過ぎるのは引くよ?

 いや、ただ可愛い女の子にモテればいんだという欲望を充足させたい読者にはこれ以上ない作品。
 ラブコメの本質である恋の駆け引きとか、気持ちのすれ違いとか、赤裸々な愛憎劇とかではなく、ひたすら女の子とのエロい掛け合いに特化した作品のようなので、それならそれでいいんじゃないすかー。
 ブログ炎上騒動も、さらりと解決してしまって、いや、人気声優ならこんなぐらいで済まないだろ……。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

僕は友達が少ない CONNECT/平坂読

484014365X僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)
平坂読 ブリキ
メディアファクトリー 2012-12-21

by G-Tools

そして羽瀬川小鷹が主人公になった時、その裏では…。『はがない』待望の最新刊。小鷹以外の人物達によって綴られる、一つの奇跡へと続いていく、煌めく奇跡達の軌跡―“繋がりの物語”登場。

 想いがあれば、言葉に意味はない

 学校に友達のいない高校生の男女が部活動で友達作りを目指す残念系青春ラブコメディ。

 こいつら、残念なんだか、凄いんだか、さっぱりわからんな! まさに才能の無駄使いだよ!
 主人公・羽瀬川小鷹以外の視点から、過去のこれまでの出来事を振り返る番外編となっているのですが、基本スペックだけはやたら高いくせに、どこか世間の常識とズレてるヒロインたちの内面と実像が描かれて、どうしてそんな発想の飛躍が出てくるんだと、僕みたいな凡人にはついていけないよ!

 小鷹や星奈のパパ・ママ世代の馴れ初め話は、小鷹と小鳩の母親であるアイリさんのキャラがいいなぁ。小鳩と血が繋がってるのに納得したわー。母親そっくりに成長しそうだな。いいとおもいます!
 天馬さんは若気の至りをやっちまったが、それでもいい父親なんだよなぁ。星奈とステラさんの奇妙な関係は微笑ましいけど、星奈ちゃん可愛くない幼女だなあ。セットだとステラさんが可愛く思えたよ。

 小鷹と同じ境遇でありながら、徐々にクラスのアイドル的存在になっていく小鳩ちゃん(^ω^)ペロペロ
 周囲のクラスメイトはいい子だが、リア充は闇に抱かれてチン毛禿げろ。『はがない』にリア充などいらぬ!
 本編以降、理科株ストップ高がマッハなんですが、今回で、内面真っ黒なところを垣間見せたことよりも、本来の一人称が『僕』であるほうが、なんか痛くて引いたわ。隣人部の中では理科と友達になりたい。

 幸村のメンタルがどうして男子だと思い込んでたのかが明かされましたが、笑い話だろこれじゃあ。
 ああ、そういえばアニメ版では、中途半端なところで1期が終わって、未だに男子のままなんだっけ……。もうすぐ始まる2期のNEXTでは本当の性別が明かされるのか、原作では賛否両論だったなぁ。アニメ民がどういう反応を見せるのかが楽しみです。本編もクライマックスですが、夜空は放っておいて星奈EDはよ。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

お願いだから、あと五分!/境京亮

4840149402お願いだから、あと五分! (MF文庫J)
境京亮 きみしま青
メディアファクトリー 2012-12-21

by G-Tools

内藤優一が図書室で出会った謎の美少女・木枕コトハ。彼女は眠っている間だけ予知能力が使える超能力者だった。コトハは、大企業・羽島グループでアルバイトをしているらしい。「私は眠れる超能力者! 君はその相棒。だから私が眠っている間、君は私のそばにいなくちゃいけないの! 」

 眠り姫の夢見る願い

 眠れる超能力者の少女の専用枕になった少年の学園異能ラブコメディ。

 女の子の寝顔って無防備でエロいですよねぇ。僕も女の子の枕になってお金をもらう仕事したい。
 常に無表情ゆえに周囲から「死者の顔」と呼ばれている主人公・優一が、眠れる超能力者・コトハと出会い、大企業の裏の部署で働く彼女の相棒となって、次第に絆を深めていく姿が微笑ましかった。
 超能力者だからこそ普通の世界にはいられない、超能力者の悲哀がしみじみ伝わってきました。

 明るくて、積極的で、ちょっと乙女チックなコトハの裏表のない女の子らしさにキュン死しますわ。
 強い縁で魂が結ばれている「ソウルメイト」の優一には人一倍フレンドリーで、表情の変わらない奇妙な体質の優一だけど、中身は普通の高校生らしく、コトハに内心ときめている姿が初々しい。
 お互いにどこかぎこちないものの、信頼がしっかり裏にあって、バカップルっぷりに惚気られました。

 それぞれの企業が超能力者を抱えてて、社会のパワーバランスを操っているという世界観がリアル。
 直接的な干渉をしなくとも望む未来を誘導できるのなら、コトハの予知能力は万能でしょうね。
 でも、世の中には悪いことだと分かっていても、事情があって犯罪に手を染めるしかない超能力者もいて、自分たちの利益のためだけではなく、苦しんでる誰かのために動いた優一とコトハが素晴らしい。

 無表情な優一が、超能力者相手に見せたトリッキーな戦いぶりは意外性があって可笑しかったです。
 ただ「ソウルメイト」をそこまで必要としてるのかイマイチわからないかな。それに超能力者同士で決着をつけようという流れが、強引な気がして、戦わんでも話し合いで問題解決できるだろ感を抱いた。
 蛇足だけど、コトハが一人勝ち過ぎて……もっと三角関係の修羅場展開が欲しかった。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

緋弾のアリア リローデッド キャストオフ・テーブル/赤松中学

4840149321緋弾のアリア リローデッド キャストオフ・テーブル (MF文庫J)
赤松中学 こぶいち
メディアファクトリー 2012-12-21

by G-Tools

日頃は凶悪犯と戦うアリアたちだが、今回はトラブルメーカー・理子の発案で「キャストオフ・テーブル」なる脱衣ゲーム大会を開催する事になる。『ある体質』を抱えるせいで女嫌いのキンジにとっては、事件に巻き込まれるよりもハードな運命が待っていて……!?

 ここから脱出したければ、脱がしあえ!

 武装する探偵、『武偵』の卵の少年少女たちが凶悪犯に立ち向かう学園アクション&ラブコメディ。

 下着祭だ(ノ゚∀゚)ノヒャッホーイ! っていうか、今回マジで脱衣ゲームしかしてねぇwwwなんだこれwww
 最も優れた武偵が誰かを決めるべく、脱衣ゲーム「キャストオフ・テーブル」にて競うことになった、キンジといつものメンバーが、あられもない姿で高度な駆け引きを繰り広げる光景がシュールで可笑しい。
 イカサマ、ブラフ、精神攻撃は基本。バレなければ、なんでもありのゲームメイクが興味深かった。

 アリア、白雪、理子、レキ、ジャンヌ、平賀、風魔。美少女揃いの脱衣ゲーム大会で、万が一にもヒスってしまわないよう、秘伝の賢者モードで参戦するキンジですが、モードの時間制限が切れる前に、なんとしてでも女の子全員を脱がして逃げなければと、謎の緊張感を漂わせる姿が笑いを誘います。
 さらには特殊ゴーグルで見えないはずの下着姿が見えてしまい、危険度が増していくから面白い。

 たかがゲーム、されど真剣勝負で、イカサマやブラフといったギャンブルのテクニックは勿論、武偵としてのスキルや異能をフルに駆使して、全員がチーターすぎてもうこれどんなゲームだよwww
 ゲーム中、別のプレイヤーと協力関係になったかと思えば、次のゲームではあっさり裏切って踏み台にして、それで裏切った相手から後で復讐されたりして、ギスギスしていく場の状況が、なにこれ怖い。

 ダイスロールなどのランダム要素が絡む賭け事ではとことん不運なキンジだけど、ヒロインたちが潰し合って自滅していってくれたからこそ勝てたようなもので、棚ボタラッキー的に悪運には恵まれてたか。
 圧巻なのは、なんといってもヒロインたちの下着描写の細かさでしょうか。下着好き過ぎだろう作者。こぶいちさんのイラストも、下着姿の絵しかねぇ! いやいや、大変素晴らしかった! 本編ももっと下着について語ってくれてもいいのよ?

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

聖剣の刀鍛冶 14/三浦勇雄

4840149038聖剣の刀鍛冶14 (MF文庫J)
三浦勇雄 屡那
メディアファクトリー 2012-11-21

by G-Tools

ブレア火山の麓で迎撃の陣を組んだセシリーたち騎士団。しかしすでに都市を蹂躙せんと侵攻した帝政列集国はシーグフリードの振るう魔剣エヴァドニの力で溶岩を越え、進撃を止めることがない。そして遂に、都市騎士団と帝政列集国戦士団は、激しい剣戟を交わす乱戦に突入する。

 たったひとつの真実がここにある

 すべてを守りたいと願う女騎士が、気合とド根性で成長していく熱血ファンタジー。

 ルークもセシリーも、どちらも格好良くて、主人公してていいなぁ。だけどすっごいピンチじゃね><
 ブレア火山の麓でついに都市騎士団と帝政列集国が激突し、人外兵器や魔剣使いたちを相手に苦戦を強いられるなか、それでも諦めずに命をかけて立ち向かう都市の騎士たちの姿に手に汗握りました。
 主役の二人だけじゃない、困難に直面してより強固に結びつく仲間たちの絆の力を感じました。

 敵味方の両軍が衝突する窮地にあっても、己を見出だせずに聖剣としての真価を発揮できず、それどころか暴走してしまうアリアと、その難題にいまだ解決策を示せないセシリーの苦悩がもどかしいです。
 愛する妻と自分の打った聖剣のために何かをしてやりたくとも、いまは見守ることしかできないルークですが、妻の負担を少しでも減らそうと一番の強敵に真っ先に挑んでいく彼は実にいい夫だ。

 戦場でかつての主イライザ・イヴァと遭遇したヒルダが、ヘイゼルと力を合わせ、それまでに受けた雪辱を果たし、奴隷だった過去と決別を果たした対決は胸のすく思いでしたが、長年のライバル同士であるハンニバルとオーガスタの決闘が、途中で水を差され哀れな結果となったのは無念でならなかった。
 仲間を使い使い潰して進軍してくるジークフリードにセシリーたちの誇りが踏みにじられるのが耐え難い。

 何かもがあともう一歩、ほんの少しだけ敵より足りなくて、歯痒さと焦れったさともどかしさでたまらない。
 それでも人外の軍隊を相手に人間たちが力を合わせて立ち向かうこの戦いは、怪物の本能と人間の信念とのぶつかり合いともいうべきもので、悲鳴と怒号の場面の中にも人間の素晴らしさを実感します。
 ついに復活してしまったヴァルバニル、最後の希望セシリーとアリアに人々の思いは届くのか。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

一年十組の奮闘 2 その少女、神聖にして触れるべからず/十文字青

4840149046一年十組の奮闘2 ~その少女、神聖にして触れるべからず~ (MF文庫J)
十文字青 しらび
メディアファクトリー 2012-11-21

by G-Tools

いきなりやってきた八組の“神聖積木崩し少女"、来見坂つみき。最初は楽しく遊ぶ十組メンバーだったが、「誰もさわることができない能力」を持つつみきの傍若無人なふるまいはどんどんエスカレートし、つみきの側に立つ皆人と、十組メンバーの間に微妙な不和が生まれ……?

 人はこんなにもあたたかい

 落ちこぼれ能力者ばかりが集められた一年十組が繰り広げる学園群像劇。

 友達っていいなー人間っていいなーと思わず歌い出してしまいたくなるような友情の温かみに和みました。
 ある日、十組に遊びにくるようになった八組の少女・つみきの横暴とも言える要求に、次第に十組の空気が悪くなり、そんな問題児と十組との間を取り持つために奮闘する主人公・皆人の姿に魅せられました。
 一人で泣いている人を放っておけない、皆人のお人好しっぷりに呆れつつも、感動させられます。

 和気藹々とした十組の雰囲気に憧れてやってきた、Dカップでツインテールの可愛い美少女つみきですが、本人は遊んでるつもりでも、ワガママな言動が周囲とのすれ違いを生んでいくのが気をもませます。
 『誰もさわることができない能力』を持つが故に、人付き合いが苦手で、無自覚に他人を傷つけてしまうつみき側の事情や心境もわかるだけに、十組に嫌われていってしまう光景が読んでて切なかった。

 年下の子供と遊んでいる時は、自分から一歩引くこともできるいい子なのに、同年代の十組メンバー相手だと自分を抑えられなくて、どうして加減がわからないんだと、もどかしい思いでいっぱいでした。
 他人との接し方が間違いまくってるつみきに、『闘争』を申し込む皆人と十組も、決して彼女が憎いわけではなく、己の過ちに気づいて欲しい一心で、だからこそ皆人の気持ちが伝わったときには涙が溢れました。

 本人の望まぬ能力を得たことによって、その人生の生き方や性格が歪んでいってしまうけれど、その悲しみを拭うのもまた誰かの能力で、他人なくしては人間は一人では立ち行かないんだなぁと思わされました。
 新ヒロインは歓迎なんだけれど、もうちょっと従来の十組メンバーに焦点が当たってもよかったような。
 ラスト、皆人の元に届いたSOS信号に十組はどう応じるのか。次も熱い友情を見せて欲しい。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

ガールズ&パンツァー/ひびき遊

4840148775ガールズ&パンツァー (MF文庫J)
ひびき遊 島田フミカネ
メディアファクトリー 2012-11-21

by G-Tools

私、武部沙織16才、大洗学園の2年生! オリエンテーションで「戦車道」の説明を聞いて、私決めたの。もっとモテモテ女子になるために選択科目は「戦車道」を選ぶんだって!速、友達の華、転校生の西住みほ・みぽりんと一緒に「戦車道」の授業に向かったんだけど、みぽりんには何か悩みがあるみたいで…!?

 これがわたしたちの戦車道

 戦車を駆る乙女の嗜み「戦車道」を志す女子高生たちのミリタリー学園アクション。

 沙織ちゃんマジスイーツ(笑) 文章から女子高生の甘い匂いが薫ってくるわ。
 現在放送中のアニメ、『ガールズ&パンツァー』の第1〜6話のストーリーを、ヒロイン・武部沙織の視点で描き直したノベライズ……なのだけれど、アニメ版よりも大分印象が"ゆるふわ"で可愛かった。
 っていうか、もうこれ沙織ちゃんファンブックや。全国1000万人の沙織ちゃんファンは読むべきです。

 もうね。料理上手のしっかり者で、メガネが似合うルックスに黒スト装備で、周囲の気遣いもできて友達思いで明るくて、こんないい子はいませんよ。付き合ったら絶対に彼氏に尽くすタイプだろ。結婚して!
 そんな彼女が戦車道を始めて、ちょっとズレた友人たちを足りないところをフォローしたり、試合で負けて暗くなった空気を明るくしようと、見えないところで色々と考えて頑張っている姿がキュートでした。

 沙織視点ということで、戦闘中の客観的な描写や、他のチームのキャラクターに関しては掘り下げが甘いものの、アニメでは描かれてないプライベートな沙織ちゃんの健気な素顔が拝めました。
 戦車道での教えを恋愛事に結びつけて前向きに受け入れるポジティブシンキングには感心しきり。
 チームの仲間たち、みほ、華、優花里、麻子への思いや彼女たちとの友情が微笑ましかったです。

 これはガルパンを見てて、武部沙織というキャラを知ってる前提で、成り立つスタイルだなぁ。
 他の作品で、話の冒頭からいきなりこんなスイーツ(笑)系女子の一人称語りが入ってきたら、普通は地の文での口語体は止めろ!とキレるところだけれど、ガルパン視聴民なら割り切って読めるからね。
 クセはあるが誰でも読みやすい文章でノベライズ作品としてはこれが正解か。続きはアニメに注目。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

森羅万象を統べる者 万物創造/水月紗鳥

484014849X森羅万象を統べる者 万物創造 (MF文庫J)
水月紗鳥 有河サトル
メディアファクトリー 2012-10-24

by G-Tools

御園日向は幼なじみの綾川鈴莉と一緒に暮らし始めてから7年、ついに鈴莉から告白されて、念願のイチャイチャラブラブな日々を過ごすはずだった。そこへ突如転がり込んできた、従妹を名乗る女の子・皐月。今、3人の同居生活が始まる。

bashingtag.jpg


 幼馴染と同棲生活する少年が送る激甘イチャラブ×異能バトルアクション

 うわぁ、まさに中学二年生のモテない男子の考えそうな妄想ストーリーでいたたたたた……。
 エロゲのファンディスクをコンセプトに書いたと作者がいうように、主人公とヒロインがひたすらイチャイチャ同棲生活をして、話のオマケのように襲ってくる刺客を相手に異能で俺TUEEEEするだけの話なんですが、本当にバカップルがイチャイチャしているだけで、ラブコメが浅いなぁと感じる。

 幼馴染があまりに男子の理想に都合が良すぎて、一人の人間としての自我を持って生きているように思えない。頭も空っぽでなんかそれこそダッチワイフみたい。それに主人公に魅力を感じない。思春期だから異性への興味もあるし、特殊な性癖持ってるのもいいんだけれど、それを口に出してしまうのは男子としては格好悪いし、下品なんですよ。ヒロインに惚れられるだけの人間性が伝わってこない。

 ラブコメって、想いの空回りや気持ちのすれ違いからくるドタバタ騒動が面白いんじゃないの?
 メインヒロインが始めから主人公にベタ惚れって、ワナビの書く小説にすごーくありがちな設定なんですが、例えば、ヒロインが好感度MAXからスタートするエロゲなんかプレイしてて面白いですか?
 苦労もなく、努力もなく、工夫もなく、ただ結果だけを差し出されても、それでは達成感が無いですよ。

 2chとか見ると、主人公が鈍感だったり、ヘタレだったりしてヒロインとの恋愛がいつまで経っても進展しないラブコメが叩かれてたりしますが、そうやって焦らされるほうが楽しいに決まってるだろ! 真のラブコメ好きは真性のドMなんだよ! 我々の業界では"おあずけ"はご褒美ですありがとうございます!
 恋愛って主人公とヒロインが出会って恋をしていく過程が大事なんです。つくづく勿体無いなぁと思う。

 イチャイチャ部分だけなんて、私には味気ないファストフードにしか思えませんが、でもweb小説とか見ると、こんなお手軽作品が今の若い読者にはウケるんでしょうね。ファストラブコメとでもいうべきか。
 蛇足ですが、標的に堂々と姿を晒す暗殺者なんてリアリティないよ。なんでプロのくせに単独でバックアッププランねーの。それでなんで主人公もバカ正直に斬り合いしてんの……スナイパーライフル創造して狙撃しろよ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

星刻の竜騎士 X/瑞智士記

4840148473星刻の竜騎士X (MF文庫J)
瑞智士記 〆鯖コハダ
メディアファクトリー 2012-10-24

by G-Tools

ユリエル王子の打倒により生じるであろう、シェブロン王国での王位継承戦争。それを防ぐには、魔薬の呪いを受けたままのオスカーの治療が不可欠だった。そのため、ガラテアを調合した宮廷薬師であるエクブラッド人の少女・キーラの行方を追うアッシュたち。だが、彼女はルッカの幼なじみだった。

 疾走する心の翼

 人間の女の子の姿をした竜とそのご主人様になってしまった竜騎士見習いの学園ファンタジー。

 アッシュさんは女の子を発情させるフェロモンでも出してるの……アッシュを材料に媚薬作ろうぜ。
 麻薬に侵されたオスカーを治療するため、薬に詳しいエクブラッド人の自治区へとやってきたアッシュが、唯一治癒の可能性のある二人一組での騎竜演舞に挑むことになるのですが、ルッカと二人だけの修行生活を通じて関係が急接近しイチャイチャする光景が盛大にニヤケさせてくれました。

 エスカヴァロンを国土として建国宣言してしまったために、狭い艦内で寝起きしなければならなくなり、いままで以上にヒロインたちとの距離が近い生活に苦労するアッシュがいつも通りで変わらない。
 しかしここにきてルッカへのテコ入れは意外だった。淡々と騎竜演舞のコーチをしながらも、二人だけの時間を利用しアッシュにアプローチを仕掛けるところがあざといなさすがハーフエルフあざとい。

 修行でアッシュが離れている間に想い募らせるエーコやシルヴィアの乙女心が愛くるしい。けどミラベルさん何やってんすか。その場に居らずとも乙女を痴女に変えてしまうアッシュさんパネェっす。
 ルッカと因縁のある薬師キーラが嫉妬と憎悪から大それた復讐を企てるのですが、彼女側の言い分はまったくの逆恨みとヒステリーで、まともに相手するのも、ただひたすらに虚しいだけでしたね。

 恋のライバル同士でありながらもコンビを組んで戦うエーコとシルヴィアの友情がよかったです。
 今回のアッシュは騎乗位のルッカを相手に上下に動いてハァハァしてただけだったな(間違いは言ってない)。マザードラゴンが漏らしたもう一人の「聖杯」の候補者の存在が寝取られフラグにしか思えない件。
 なにやら厄介な悪役ばかり取り逃がしているが、どう決着つけるつもりなんですかねぇ。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 7/鈴木大輔

4840146365お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ7 (MF文庫J)
鈴木大輔 閏月戈
メディアファクトリー 2012-09-22

by G-Tools

夏休みである。海に山、夏祭りに花火と、楽しいイベントに事欠かないこの季節。僕たち学生寮メンバーは、海の家で住み込みのアルバイトをすることに。いつもと違う環境であの娘やこの娘の意外な一面が見れたり、一度きりの夏をおおいに謳歌する僕たちだったけど……

 日本の夏、庶民の夏

 長い間、生き別れていた兄妹が綴る平凡よりは少し騒がしい日常系ラブコメ。

 水着回キター! あれ? マイエンジェルありさたんは? ……水着姿なしだと! オイコラどういうことだ!
 庶民的な夏休みを過ごしたいという女性陣の要望から、海辺の民宿で住み込み店員として働くことになった学生寮メンバーが、いつものごとく秋人を巡って火花を散らす光景が面白おかしかったです。
 もう7巻目だというのに、やっと夏休みか、まったりペースで内容が薄いけれど、まあそこがいいのか。

 高級リゾートは飽き飽きしているお嬢様ばかりなヒロインたちだけに、庶民的な民宿の住み込み労働も逆に新鮮なのか活き活きとして、働く姿にもヒロインそれぞれの個性が滲み出ていて、魅力度アップ。
 チートモードを持っている会長さんを始め、家事には万能な秋子、銀兵衛、ありさの八面六臂の活躍ぶりに圧倒されますが、不器用で役立たずな那須原さんの落ち込む姿は、それはそれで可愛いかった。

 働く彼女らをそれとなくサポートする昼の労働の他に、小説家としての仕事もある秋人は、ヒロインたちが寝静まった後にこっそりとキーボードを叩くしかなくって、疲れと眠気で朦朧としているうちに、ヒロインたちとイヤらしいことをする卑猥な夢を見て、決定的な事が起きる前に跳ね起きる姿にニヤニヤ。
 秋人が書いてるのって恋愛小説だったはずが、いつの間にか官能小説になってるじゃないですかー。

 今回も最後にはクリフハンガーな引きがあるんだろうなと予想して、秋子に秘密がバレたときには、キタキタキタキタよ! 待ってましたよ! 衝撃的展開!と小躍りしたのだけれど、さらなる驚愕的展開での幕引きには意表を突かれました。しまったわー釣られたわー二重の引きを用意してたとはなー。
 アニメ放送も間近で、秋ラノベアニメの注目株ですが、さてこの原作がどう化けるのか、楽しみです。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

学戦都市アスタリスク 01.姫焔邂逅/三屋咲ゆう

4840148236学戦都市アスタリスク 01.姫焔邂逅 (MF文庫J)
三屋咲ゆう okiura
メディアファクトリー 2012-09-22

by G-Tools

水上学園都市“六花"。通称アスタリスクと呼ばれるこの都市は、世界最大の総合バトルエンターテイメント《星武祭》の舞台として名を馳せている。六つの学園に所属する《星脈世代》の少年少女が、煌式武装を手に己が願いをかけて覇を競う――天霧綾斗もそんな学生の一人。

 己が強さを証明せよ

 六つの学園に所属する異能に目覚めた《星脈世代》の少年少女が最強を目指す学園バトルエンタメ

 学園バトルものとしては王道ですが、バトルを娯楽として突き詰めた未来都市感が真新しかったです。
 《星脈世代》の少年少女が六つの学園に分かれ、闘技大会にてお互いの強さを競い合う学園都市で、特待生として入学したばかりの主人公・綾斗が、孤高の美少女ユリスと出会い、不器用な彼女の信頼を積み上げて心を開かせていき、タッグパートナーとなっていく姿に胸がいっぱいになりました。

 一見して平凡なようで恐れ知らずで何事にもマイペースな綾斗のキャラが意外なクセ者でしたね。
 頼りなさげでありながらも悠然とした自然体を崩さず、人付き合いが不器用で他人を寄せ付けない雰囲気を発しているユリスにも物怖じせず接してきて、生真面目な彼女を振り回す光景が可笑しかった。
 弱く見えるんだけれど、実力の底が見えなくて、本当は鋭い爪を隠しているというのがツボでした。

 強さが尊ばれる"六花"では、校内序列がステータスになり、序列の高いユリスを蹴落とそうと狙う何者かの襲撃の現場に偶然居合わせて巻き込まれていくうちに、彼女の戦う事情や秘めた本心を知って、"六花"に来ながらも目的の得られなかった綾斗の戦う動機になっていくのがよかった。
 自分のためでなく誰かのためにその力を使う、真の強者ってのはそういうものだと思いました。

 ぶっちゃけ、「また俺TUEEE系主人公かよ」とか思ってなくもないですが、今回が雑魚だっただけで、これから敵サイドもどんどん強敵が現れてくれるなら、パワーバランスは取れるんじゃないですかね。
 他5つあるライバル校もそれぞれ特色がついていそうだし、素材だけならいい作りをしているので、これからこの設定をどう料理していくかで駄作にも傑作にも化けるでしょう。なかなかに期待できました。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

ノーゲーム・ノーライフ 2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです/榎宮祐

4840148198ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)
榎宮祐
メディアファクトリー 2012-09-22

by G-Tools

ゲームで全てが決まる世界"に召喚された二人は、またたく間に人類種の王座につき、異界の知識で内政を固め次の獲物を狙っていた。『東部連合』――世界第三位の大国。獣人種……つまり獣耳少女の国。ついに異種族とゲーム開始――!!

 勝負は始まる前に決まっている

 ゲームですべてが決められる異世界へ召喚された廃人ゲーマーの兄妹による世界征服ファンタジー

 こいつらすげえ!! もうゲーマーとかそういう次元を超えているだろ! これが超次元ゲームか。
 獣人種の国『東部連合』への侵略を決めた空と白が、敵国の情報を入手するため、まずは天翼種とのゲームに挑むことになるのですが、そのゲーム内容がまたトンデモプレイで驚愕させられました。
 読む前からこれは面白いだろうと思ってはいましたが、期待を遥かに上回る破格の面白さでした!

 運勝負のゲームですら空と白に必敗するステフは、ゲームセンスだけでなく運命力も足りませんなwww
 そんな二人も勝つためには情報が必要ということで、知識をかけて天翼種ジブリールとの"しりとり"に興じることになるのですが、そこは魔法の世界のゲームで、プレイ中に次々と起こる異常現象が恐ろしい。相手が死ぬか、こちらが先に死ぬかの駆け引きには、読んでいるこちらまで息が詰まった。

 知識を知らぬものは負け、知っているものが勝つ。という知識勝負で相手を上回っただけでなく、何の取り柄もない人類種でも、上位種族を相手に抗う力があるということを証明してくれたのが痛快だった。
 ジブリールから得た情報と、負け続けた前王が遺した記録を受け継ぐことで、未だ敗れたことのない『東部連合』とのゲームに勝利の糸口を見出して、獣人種に挑戦状を叩きつける光景に武者震いした!

 自らを馬鹿だと自虐する空ですが……、白に負けず劣らずの天才じゃったか! うん、知ってた。
 ゲーム中の作戦タイムなんか無くても意志が通じあってる兄妹の姿が好きだなぁ。けど、白を置いていなくなってしまった空の真意は、謎ですね。別れ際の言葉にヒントが隠されてると思うのですが。
 次でやっと世界征服への最低限の手札が揃うとのことなので、ゲームでもして気長に待ってます。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

蒼柩のラピスラズリ/あさのハジメ

4840148228蒼柩のラピスラズリ (MF文庫J)
あさのハジメ 菊池政治
メディアファクトリー 2012-09-22

by G-Tools

俺・辻峰冬夜は突然、従姉妹たちと一緒に住むことになってしまった。そして、彼女たちにはとある秘密があった。なんでも、俺たちのご先祖様には魔女がいて、その血を分け与えられた九十九のアンティーク――《魔女の遺産(ウィッチクラフト)》を蒐集しているらしい。

 家族になろうよ

 九十九の魔女の遺産の蒐集と封印に挑む少年と少女たちが織りなす学園異能バトル。

 学園執事ラブコメの次はありがちな学園異能ものかーと思いきや、意外や意外に家族愛ものだった!
 かつて魔女が己の血を注いで作った九十九の魔法の道具たちを、子孫である主人公・冬夜と従姉妹たちが封印するために奔走する過程で繰り広げられる家族愛と思いやりに心が温かくなりました。
 さすが『まよチキ!』タッグだ、文章と挿絵からくるエロスと萌えスの相乗効果がハンパないぜ。

 『魔女の遺産』の蒐集と封印を宿願とする本家の後継ぎとして、戦いで癒えぬ傷を負った従姉・梨央の姿が痛々しく、自分を庇って傷を負った姉に責任を感じて腕を磨き続ける従妹の真由香のストイックさが切ない。
 そして魔女に先立たれ一人孤独に眠り続けていたラピスと、それぞれ深い悲しみを背負っているヒロインを目の前にし、彼女たちが心で流す涙を止めるために立ち上がり、彼女たちの思いを繋げる冬夜がイケメンである!

 久しぶりに再会して昔と変わったり変わらなかったりする従姉妹たちとの同棲生活、長い眠りから目覚めたラピスのワガママぶりに、最初は振り回されていた冬夜ですが、本当は誰かに助けを求めている彼女らの気持ちを掬い上げ、一つの家族、一つのチームとしてまとめあげていくところが感動なんだ。
 こいつは女にモテても仕方がないわーライバルもデレさせてハーレムにしていくんですねわかります。

 放置すると巷に怪奇現象を起こす『魔女の遺産』も、ただの道具ではなく心があって、それぞれに願いや目的を求めて一人ぼっちでさ迷っている寂しさが窺えて、早く蒐集してあげて欲しいと思いましたね。
 家族の事になると無茶をして自分を犠牲にしちゃう冬夜のキャラが期待にも、不安になったなぁ。これからどんなアグレッシブな家族愛を見せてくれるのか、今後のシリーズ展開が楽しみです。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

アブソリュート・デュオ 告白は蒼刻の夜に/柊★たくみ

4840146047アブソリュート・デュオ 告白は蒼刻の夜に (MF文庫J)
柊★たくみ 浅葉ゆう
メディアファクトリー 2012-08-23

by G-Tools

《焔牙》それは超化された精神力によって、自らの魂を具現化させて創り出す武器。俺・九重透流は、千人に一人と言われるその能力を持っていたため、《焔牙》を用いた戦闘技術を教える昊陵学園に入学することになった。けれどなぜか、俺の《焔牙》は武器の形ではなく、防具《楯》の形をとってしまう。

 絶対を超えし者

 自らの魂を武器に換えてパートナーと共に戦う少年少女たちの学園バトルアクション。

 学園異能を扱ったラブコメと見せかけて、案外シビアで殺伐とした世界観に驚いた。
 肉体改造によって自らの魂を武器として具現化する能力者が集う学校で、史上初の男女パートナーとなった主人公・透流とヒロイン・ユリエが強くあるためにお互いの絆を深めていく姿に胸躍りました。
 過酷な訓練の日々を共に過ごす友人たちの、次第に複雑化していく人間関係にも注目でした。

 入学式からさっそくタイマンでの篩落としがあったり、体力強化の長距離マラソンを延々とさせられたり、スパルタンなカリキュラムの学園ですが、特定の一人と今後の生活や訓練を共にするパートナー制度というのがあって、北欧系美少女であるユリエと同室で生活する様になる展開が美味しい。
 何故か無防備で小動物みたいで可愛いユリエにムラムラを抑えるのに必死なトールが可笑しい。

 訓練に明け暮れ、自分の未熟さにへこたれそうになる毎に互いに励まし合って、友情を深めていったり、フラグを立てたり、仄かな恋心が芽生えていったりする様子が青春学園モノっぽくて眩しかった。
 たまたま千人に一人という<焔牙>の才能を得ても、その幸運にただ甘えることなく、自らを厳しく鍛えて、何かを成すための力へと磨き上げていく生徒たちそれぞれの心意気に感服しました。

 しかし、設定にツッコミどころがありすぎて困るなー。肉体強化がされるのはともかく、ファンタジー世界じゃないんですから、接近武器ばかりってのは……銃器持たせないと近代戦闘では役に立たないかと。
 それに編制単位なら4人以上でするんじゃない? 2人っていうのはなにやらスポーツっぽい。
 せめて魔法ちっくに炎や風を飛ばせるようにしても良かったと思うけどね。人間ドラマに期待か。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする