ダフロン

2008年07月01日

モンスターハンター 魂を継ぐ者 5/廣岡 政樹

4757742312モンスターハンター 魂を継ぐ者5 (ファミ通文庫 M 12-2-5 SPECIAL STORY)
廣岡 政樹
エンターブレイン 2008-06-30

by G-Tools


風翔龍の襲撃!!

キオがノーラとポッケ村に移住して8年。息子サイルも産まれ、キオはハンターとして、父として充実した日々を送っていた。
そんなある日、雪山で里帰りから戻ったノーラとサイルを向えたキオは、古龍クシャルダオラと遭遇してしまい・・・。
というわけで、ついに今回は待ちに待った古龍の登場です!

やっぱりモンハン最強のモンスターといえば、古龍!!
それもプレイヤーにとって最も馴染み深い古龍といえば、
誰しも苦しめられた記憶のあるクシャルダオラでしょう。
主人公キオにとってもクシャとは一巻からの因縁深い間柄。
ルーキーの頃は、ただ呆然と見上げるだけでしたが、現在のキオはハンターとして立派に成長した姿を見せてくれます。

クシャルダオラの出現ではぐれてしまった妻と息子を守るべく、ライバルのロッシィ、弟子のミモリと共にクシャルダオラに立ち向かうキオですが、徐々に追い詰められていってしまう。
自ら仲間を逃がす囮となって、ついにクシャルダオラと一対一になったとき、キオの長い戦いが幕を開ける。
圧倒的な力で襲い掛かるクシャにハンターとしての技術と知識を尽くして戦う様は、まさに死闘!これは燃えた!!

持てる全力を尽くし、ついに諦めかけたとき、駆けつけた仲間の頼もしさに安堵感と感動で思わず涙が出そうになりました。
一人一人の力は非力なれど、全員がそれぞれにできることをすれば、それは何にも負けない力になる。
ハンターは、決して一人で戦っているのではないということを改めて思い出させてくれました。

とにかく今回ばかりは鳥肌ものです。
キャラクターがオールスターで皆カッコよすぎですね。
クシャとの戦闘だけでも100Pはあるという、戦闘シーンのぶ厚さは、さすがに読み応えがありました。
咄嗟の機転と判断、身体に沁み込んだ経験、仲間との連携。モンハンの魅力があますところなく凝縮されています。
シリーズのすべてを出し切った感がありますね。
モンハンファンなら、絶対に読むべき一冊です!

モンスターハンターポータブル 2nd Gモンスターハンターポータブル 2nd G

by G-Tools

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

"文学少女"と神に臨む作家 上/野村美月

4757741731“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫 の 2-6-7)
野村 美月 竹岡 美穂
エンターブレイン 2008-04-28

by G-Tools

──天野遠子を知ってください

孤独な作家に神の愛を

天野遠子の卒業を穏かな気持ちで見送ろうとする心葉の前にかつて心葉が井上ミウだった頃の編集者が現れる。
心葉が井上ミウであることを知っていた遠子に裏切られた思いを抱いた心葉に流人が小説を書くことを迫ってというお話。
ついに遠子に秘められた謎が語られるラストエピソードです。

心葉につきつけられた天野遠子の物語は、あまりに重い。
遠子先輩が心葉に託した願いを思うと胸が潰れそうになる。
そして心葉が再び直面した作家としての自分と向き合うことへの痛み。彼の書いた作品が、どれだけ自分自身を傷つけていたかを知っているだけに、心葉の心が軋む音が聞こえる。

果たして作家とは、神に至る狭き門を一人でくぐる孤独な人間であるべきなのでしょうか? 私は決してそうは思いません。
遠子の父と流人の母が目指した"至高の小説"を実際に読みたいかと考えると、これっぽっちも読みたくないですね。
一切の無駄がなく完璧に調和のとれた物語は美しいですが、そんな本は一冊読めば十分です。すぐに飽きます。

私はすでに完成された作家よりも、未熟なところは多々あれど可能性豊かな新人の作品の方が好きですね。
作家は十人十色。どれも違っているからこそ、どれも面白い。
私は物語から常に新しい発見、新しい感動を味わいたい。
神様が書いた小説よりも、人間が書いた小説を読みたい。
だって、私たち読者もまた人間なのですから。

『狭き門』が狭くできているのは、共に誰かと手を結んで生きている者は、人間の世界にいるべきであるという神様の思し召しではないのでしょうか。
そして当然ながら本というのは、作家と編集者だけで作れるものではなく、沢山の人々の努力があって完成するものです。
決して作家は孤独ではない、作家は神にはなれません。

流人に責め立てられる心葉も、自分一人で悩んでいるばかりでなく、多くの頼りになる仲間がいることを思い出して欲しい。
たった一人では、どんなに絶望しか見えなくとも、みんなで立ち向かえば、いつか必ず希望は見えてくる。
小説家とは、読者に夢と希望をあたえる仕事だと思います。
心葉が描く"文学少女"の物語は、誰の心にも希望を抱かせる結末を願わずにはいられない。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

狂乱家族日記 九さつめ/日日日

4757741324狂乱家族日記 九さつめ (ファミ通文庫 (あ8-1-9))
日日日 x6suke
エンターブレイン 2008-03-29

by G-Tools


狂乱子育て日記

『来るべき災厄』で力を使い果たし赤ん坊となった月香。
はじめての子育てにお手上げ状態の狂乱家族だが、そんな中、優歌に異変が・・・。
そしてすべての始まり、閻禍伝説の真相が明らかになる。

月香に家族をとられた気になった優歌が嫉妬するという、
まあ一般家庭でもよくあるハナシですが、狂乱家族にとっては、あまりに一般的すぎて、かえって対応が難しいんでしょう。
いつもと違って思い切ったことができずに、どうしたらいいのか、なす術もない家族たちの途惑いはよくわかります。

優歌もシビアな過去をおくっていますから、確かに多少は幼い妹に対して憎む気持ちもあったかもしれません。
しかし、狂乱家族になってからの優歌は、周囲に振り回されるばかりでなくちゃんと自分の強さを持っていたと思います。
それは言ってみれば「普通である」という強さ。

これだけ非常識な家族のなかにあって彼女だけは、あくまでもどこにでもいるようなごくごく普通の女の子なんですよね。
それって実はとても稀有なことではないのかと。
これだけ濃いメンツの囲まれて生活していて性格が歪んだりしないのは、もともととても心が強くて、そして誰よりも家族愛というものを持っているからじゃないかとそんな気になりました。

閻禍伝説の方も、ちょろちょろと回想がはじまりましたが、
肝心な彼らの物語の結末は不明。これからあの問題の閻禍の予言にどう繋がるのでしょうか。
あまり幸福な結末ではないようなのでいまから不安だなぁ。
それと次巻あたりこそは、帝架にまったく相手にされてないマダラやいき遅れ間近の死神三番にもいいところを与えてやってください。なんだかいろいろと惨めすぎて哀れになってきました・・・。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

"文学少女"と慟哭の巡礼者/野村美月

4757736851“文学少女”と慟哭の巡礼者
野村 美月 竹岡 美穂
エンターブレイン 2007-08-30

by G-Tools

【遠子の受験・卒業を目前に、ななせと初詣に行ったりして、和やかなお正月を迎える心葉。だが、ななせがケガをし、入院先に見舞いに行った彼は、ひとりの少女と再会する】
「ぼくは、真実と向き合える人間になりたい」

真実を求めし者に幸いを

"文学少女"が紡ぎ出す、青春モラトリアム・ミステリー。
新年早々、入院した琴吹ななせのお見舞いに行った先で、心葉は自身のトラウマの原因となった少女・美羽と再会する。
昔のように微笑む美羽とよりを戻していく心葉ですが、彼女に疑惑を抱く琴吹ななせとの間には溝が生まれていきます。

あー、なるほど。美羽と心葉は典型的な共依存でしたか。
せっかく、心葉とラブラブになりつつあったのに、昔の女の登場であっさり捨てられてしまった、琴吹さんが憐れです。
それでも彼のために一途に尽くす彼女の姿が健気すぎる。

一方、盲目的に美羽を信じる心葉の葛藤が、これは辛い。
美羽の吐き出す言葉の毒が、琴吹ななせの想い、芥川くんとの友情までも穢していき、さらに心葉の心の傷を抉っていく。
予想以上にドロドロとした三角関係が、暗くて冷たい人間の心の闇の中へと読者を曳きこんでいく。これは重い・・・。
これまで話を通して鬱展開に慣れておかないと相当キツイ。

でも、後半になって、美羽の不遇な家庭の事情が明かされてくると、さすがに彼女の境遇に少し同情しちゃいますね。
ひとりで有頂天になって、美羽の苦しみに気づいてやれなかった心葉もいけなかったのかもしれない。
他の感想サイトでは、美羽については否定的意見が大多数ですが、私は彼女ばかりを責められないし憎めませんね。

そうして幾重にも絡み合ってしまった人間関係を紐解き、
彼らに希望の光を灯す"文学少女の語り"がやはり素敵です。
このシリーズのモチーフになっている古典作品は、悲劇だったり、幸せになる人物がいる一方で報われない人々がいる。
けれども遠子先輩は、そうした救いのない話にも新しい解釈で「救い」をもってくる。ただ過去の名作を引用してくるだけではなく、その「救い」が肝心なのだと思います。
誰もが不幸を感じていて、幸せを求めているからこそ、"文学少女の語り"を登場人物も読者も信じたいんじゃないかなぁ。

さて、一応はシリーズとしての大きな山場をクリアしたというところですが、最後の謎に満ちた強烈な引きはなんでしょう。

野村さん、太字自重してくれー。

追伸:
ちなみに、今回のモチーフとなった『銀河鉄道の夜』をはじめ宮沢賢治の作品はすべてこちらで読めます。
その他の文学作品を読みたい方もオススメ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(7) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

バカとテストと召喚獣 3/井上堅二

4757736827バカとテストと召喚獣 3
井上 堅二 葉賀 ユイ
エンターブレイン 2007-08-30

by G-Tools

【泊りがけの文月学園強化合宿を翌日に控えたある日、明久のロッカーに一通の手紙が。その中には明久の恥ずかしい写真と「あなたの秘密を握っています」という脅迫文が!】
「たとえ許されない行為であろうとも、自分の気持ちは偽れない。正直に言おう。今、僕は──純粋に欲望のために女子風呂を覗きたいっ!」

この愛すべきバカどもめ!www

相変わらず大変すがすがしいまでのバカっぷり。
何者かに明久が脅迫されたり、翔子に雄二が迫られて進退窮まったり、女湯の覗きの濡れ衣を着せられたりしたいつもの四人組が名誉挽回のために動き出すのですが、それが何で本当に覗きやってんだよ!お前らバカだ!最高のバカだよ!w

感動した。こいつらの女湯にかける情熱に感動した。
最初はたった四人から始まった無謀ともいえる挑戦だった。
しかし、その熱意が男たちの心を揺さぶり、やがて学年の男子全員が一丸となって理想郷を目指し戦争を開始する!
うおおお!この熱血展開はなんなんだ!たぎってきたZE!
男には負けるとわかっていても、女湯を覗かなくてはならないときがあるんです!それが男の浪漫海峡なんです!!

というか、もう秀吉は完全に別格ですか!
明久のたわ言に初々しく反応しないでください。萌えます。
普通にヒロインよりも可愛いから困る。ジャンル秀吉ハジマタ!
もう私も性別の壁とか踏み越えてイイデスカ・・・?

そういや美波の貧乳にも、ちゃんと需要があったんですねぇ。
そして姫路さんはいつの間にか黒くなってきたなぁ・・・。何気に明久たちのバカクオリティが感染してきてるようで心配だ。
今回表紙を飾った翔子さんのキチガイっぷりも加速してます。
ヒロインですら、アホの子の宿命から逃れられないこの作品。

姫路さんといい雰囲気になりつつある明久ですが、
最後の最後で突っ走った美波の巻き返しなるか。
うん、ますます楽しみになってきたー!

しかし、まあひとついえることは、男ってバカだなぁ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(5) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

バトルフィールドは空騒ぎ!/淺沼広太

4757736320バトルフィールドは空騒ぎ! -週末の旅団-
淺沼 広太 むらた たいち
エンターブレイン 2007-07-30

by G-Tools

【オンラインゲーム・ASの世界で戦う傭兵ブリッツは、敵を殺さずに倒すことにこだわっていた。そんな彼の周りには、普通じゃない傭兵ばかり集まってきて・・・】
「生きてるんだから笑おうぜ」

一点突破の大騒ぎ!!

AS(アサルト・ストライク)というオンラインFPSを舞台に、銃を使わず"不殺"をモットーにする変わり者の主人公ブリッツと、彼に優るとも劣らない変人プレイヤーたちがチームを組んでトーナメントの優勝を目指すといったお話です。

ただ相手と楽しくゲームをやりたい少年ブリッツ。
死亡するとステータス&アイテムがリセットされるシステムで、対戦相手に恨まれないよう格闘のみで戦うこだわりは甘さそのものですが、フェアプレイヤーとしては関心しますね。
そうしたブリッツの"不殺"の精神が、ときにピンチを招いてしまうのですが、それをどうにか個性的な仲間たちのサポートや奇策で切り抜けていく勢いのあるドタバタ感が魅力です。

まあ明らかに現行のFPSのレベルじゃありえない動きをしたりしてはいるんですが、持ち込める弾数や装備に制限があったり、ミッションでの勝利条件、武器の射程距離や各種スキルについても細かく設定が作りこまれているので、純粋に自由度が高いゲームとして割り切ってみるとこれが非常に面白い。

それと登場人物たちの現実社会でのエピソードはまったくないので、ゲーム中にリアルの話題が出て冷める、といったような点がないのは読んでる側としては好ましいです。
オンラインゲームのプレイ経験がある人に絶賛オススメ。

いくつか回収されていない伏線があるんですが、続編はあるんでしょうかね。新展開に期待。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

狂乱家族日記 八さつめ/日日日

4757736339狂乱家族日記 八さつめ
日日日 x6suke
エンターブレイン 2007-07-30

by G-Tools

【凶華が肉体を離れた隙に蘇った破壊神SYGNUSSの目的は? 強欲王、OASIS、《水》etc.宇宙人だらけのこの"世界の危機"に、乱崎家と凶華はどう立ち向かうのか!?】
「うぅ・・・・・・どうせ私なんかいらない破壊神なんだ!」

破壊神はつらいよ

水の脅威が去ったのも束の間、凶華が肉体を離れたことで破壊神SYGNUSSが復活してしまったけれど、狂乱家族のノホホンな空気に飲まれて自信喪失して、月香と強欲王の千年におよぶ恋物語にようやく決着がついたりするお話。

破壊神ナス子さん、流されやす。
乱崎家の人々のアクが強すぎるってのもあるが、本人も地球を滅ぼすうんぬん言ってても、月香と同じくほのぼのアットホームな雰囲気に飢えていたんでしょうね。
強欲王に嫁ぐ決意をしたお姉ちゃんを引き止めるナス子さんの思いとか、家族の絆が感じられる姿はやっぱりいいな。

強欲王が善人すぎて緊迫感にかけますが、恒例の宴に入ってからは、乱崎家や雷蝶、OASISそれぞれの思惑が飛び交い始め、なにがとび出てくるやらわくわくしましたね。
それにしても姉のために半分涙目で可愛いらしく変身したナス子さんには笑った。このツンデレっ子ちゃんめ!w

凰火に横恋慕するOASISが途中でゲームをひっくり返して、一時は地球滅亡かと思いましたけれど、結局は周囲の思惑は関係なしに、強欲王と月香で話し合って解決できたみたい。
OASISも、気持ちはわかるだけに責めきれなくて、もう少し大人になった後で新しい恋を見つけられたらいいですね。

てなわけで第二部『災厄編』はこれにて終了。
第三部は、いよいよシリーズ完結編となる『閻禍編』となるらしいです。脇道が多かったが、ようやく本筋に。
作者がその場その場で設定を加えていったせいで、凶華がややこしいキャラになってきましたが、もうないだろうね?
次回あたり銀夏と千花の恋にもそろそろ進展が欲しいなぁ。

ああ、そういや表紙がちゃんとネコミミのないナス子さんverになってますね。短めのツインテールがいいですばるたーん!
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

学校の階段 6/櫂末高彰

4757736290学校の階段 6
櫂末 高彰 甘福 あまね
エンターブレイン 2007-07-30

by G-Tools

【いつものように部活後の階段掃除をしていた幸宏を、抑えようのない虚無感が襲う。突如として情熱を失ってしまった自分に戸惑いながらも幸宏は休部を決意するのだが・・・】
この思いは止められないんだ!あまりにも衝動的で、制御不可能なんだよ!

若人よ!燃え尽きよ!

山上桔梗院との再戦に燃える階段部のメンバーをよそに、ひとり階段レースへの意欲を失ってしまった神庭幸宏。
そんな彼の前に現れた編入生の少女・御神楽あやめ。
編入早々、生徒会長に立候補した彼女にはある思惑が・・・。
各メンバーの過去話や井筒の恋愛騒動も一区切りついて、ようやく我らが主人公・神庭幸宏がメインのお話です。

いわゆる「燃え尽き症候群」にハマってしまった幸宏。
盛り上がる仲間たちの横で、ひとり冷めた自分に愕然とし、走ることを止めた途端に押し寄せる焦燥、こみ上げる苛立ちにもがき、理由もなく沸きあがる衝動とひたすら葛藤する。
どんなスポーツでも、趣味でも、誰でも身近に起こりうることだけに、苦しむ彼の胸の内が痛いほど伝わってきますね。

なにが理由で急に階段熱が冷めてしまったのかは、曖昧で唐突ですが、順風満帆な人ほど突然ガス欠に陥るものですか。
起きたときは無我夢中で気にしなくても、これまでの様々な問題が過ぎたあとで疲れがきたんじゃないでしょうかね。
まあ筋肉部がしょぼくれてしまっているのとは、また違いますがね。なんだよ筋肉断ちって。アキレス腱断絶か。

青春とは、湧き上がる己の衝動のままに駆けること。
そしてときには立ち止まって悩むこともまた青春。
走って転んで、痛みをこらえて、また走り出すの繰り返し。
暴走か、停滞か、その両極端しか選べないのが若さですよね。

生徒会長になるべく暗躍する御神楽あやめの策略は、中途半端に転びかけていた幸宏をどつき倒してしまったんですね。
それが返って燻っていた彼の心に火を点けてしまうとは、姦計もどう転ぶかわかりませんね。彼の心の叫びが熱いです。
男子は、転んで泣いて立ち上がってからが本領発揮ですよ。

なんだか天馬グループの騒動が、山上との階段レースにも関わってきそうな伏線が張られましたがどうなるんでしょう。
このシリーズのノリだと次回の生徒会長選挙は階段レースで決めるとか言い出しそうなんですが。ありうるすぐる展開。

それにしても若いっていいですよね。この本を読むたびにそう感じさせてくれます。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ガーゴイルおるたなてぃぶ 3/田口仙年堂

4757736312ガーゴイルおるたなてぃぶ3
田口 仙年堂 日向 悠ニ
エンターブレイン 2007-07-30

by G-Tools

【ミズチを倒すと決めたひかるだが、情報も資金も足りない彼らは、ヤクザの親分さんからの依頼で豪華客船で運ばれるある物の護衛を引き受けた。それを狙い怪盗百色が現れ・・・】

狛の波動茶は百八式まであるぞ


ヒーローLv1のガー助と錬金術師ひかるの物語。
ひかる達の新しい依頼は怪盗百色から「魂の塩」を守ること。
ビルの仲間達+喜一朗とカンジを加えたメンバーで豪華客船に乗り込み、気持ちはすでにリゾート気分。
ところが予告状通りにやってきた怪盗はともかく、ミズチまでやってきて、やっぱりバトルにもつれ込んでいきます。

なんだか息の合ってきたひかると喜一郎コンビ。
錬金術師のくせに、ひかるはパワフルに動き回るなぁ。
喜一郎、不死身じゃなかったらトラップで2,3回死んでます。
ガー助は狛とはいい勝負をするのに、デュラハン相手だと手も足もでない始末。本編ならデュラハンなんて雑魚なのに・・・。
う〜ん、ガー助ってとことんまで弱いんだな。

ついに「おるた」でも百色登場かと思いきや、白色の方が登場してきたときは、期待は外れても嬉しい展開でしたね。
ガー助とデュラハンの勝負よりも、以前、接近遭遇していたカンジ君とのリベンジマッチが燃えました。
それから表紙のみつあみ少女誰だよ、お前かよみたいな。

ミズチの大ボスに『ラーの天秤』を奪われてしまったひかるが、またもや生死の狭間でパワーアップを成し遂げるのですが、それで得た新しい能力というのが、実に悪役っぽーーーい!
HP吸収は触手キャラ以外は邪法ですぜ。

出力だけ上がればいいってもんじゃなく、どうにもぬるいな。
折角のクライマックスも泥仕合っぽくダラダラやってますね。
ミズチにしても、格の劣るガー助相手に手こずってるようでは、本家ガーゴイルに勝てる見込みは薄そうだな・・・。

「ガーゴイル」には、まったりを期待しているんですが、「おるた」は完全にその裏背景ということで割り切ってます。
ミズチが本編の方にまで割り込まなきゃ、それでOK。
というか、ひかるの新能力さえあれば、「おるた」だけでミズチ倒せそうなので、それはそれで期待したい。
そして大注目のガー助と狛の愛はいかにw

今回のMVPは波動茶www師範なにやってんすかwww
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(4) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

ヒツギでSOSO! /文岡あちら

4757736274ヒツギでSOSO! (ファミ通文庫 ふ 4-1-1)
文岡 あちら よう太
エンターブレイン 2007-06-30

by G-Tools

【凶悪犯罪撲滅のため、エリート処刑官を育成する“十三学園”。そこに通う比津木奏輔は、超粛清の力“PTSD能力”発現の期待を受けながらも、なぜか葬儀実習に打ち込む日々で・・・】

死体と愛と憎しみの逃避行


所得格差が広がり、世界中で凶悪犯罪が増加した未来。
エリート処刑官育成学校に通う処刑官候補生の奏輔は、なぜか葬儀実習ばかりを好む変わり者の通称『葬儀官候補生』。
処刑された凶悪テロリストの葬儀の途中、ボスの遺体を取り戻しにきたテログループに拉致され、彼らと共に身元も出身も不明なホトケさんの正しい葬儀のやり方を探し求めるという、
なんとも世にも奇妙な「お葬式」についてのお話です。

頑なに完璧な葬儀の方法にこだわる奏輔。
どうしてテロリストなんかのためにそこまでと不思議でしたが、すべては遺族に禍根を残さないために、これ以上悲しみや恨みの連鎖が起こらないように、なによりも生きている人の幸せを願っての行動だったというのが、格好よかったと思います。

テロの頭目を継いだ少女アリカがやたら可愛いとか、奏輔のパートナーの穂風里はひたすらラブコメだったとかはともかく、
巨乳で、美人で、犯罪者には容赦無しの処刑人という姫璃子のぶっ飛びぶりは圧巻の一言ですな。
テロを恨む気持ちはわかるが、明らかにやりすぎだ!
なんというか正義を掲げる人間の怖さを改めて思い知った。

大量に人は死んでますが、「処刑と葬儀」という暗いテーマなわりには、明るくて結末にも救いがあってよかった。
身近な人の死を乗り越えて歩き出せる強さというのは、誰しも必ず来る"その時"を覚悟して持っておくべきなのでしょうね。
ちょっと変化球めいた代物ではありましたが、キャラ設定や物語の展開は素直に描いているのですんなり読めました。
次回作はもっと普通のものでお願いしたいかな。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

オオカミは懐かない!?/高崎とおる 黒川実

4757735928オオカミは懐かない!? (ファミ通文庫 く 3-1-1)
高崎 とおる/黒川 実 武藤 比史
エンターブレイン 2007-06-30

by G-Tools

【山神勇太のお役目は、諏訪部の姫、幼馴染みのヒナを護ること。なのに当の姫様はちっとも大人しく護られちゃくれない。オレを無視して行動するし、騒動には自ら首を突っ込むし・・・】

正しいオオカミのしつけ方


不思議な力の宿る土地、"宵見里"を守護する諏訪部の家。
その諏訪部の跡取りヒナの護衛を仰せつかった山神勇太。
主人と護衛という関係で数年ぶりに再会した幼馴染が、学園に現れる怪異を鎮めるってなカンジの妖怪退治ラブコメです。

数年間まったく交際のなかった勇太とヒナ。
とんでもない美少女になっていた幼馴染に勇太は気後れしてしまい、ヒナが嫌ってる様子から話しかけることもできず、
一方、ヒナも勇太が帰ってきて本当は嬉しいのに、見違えるほど成長していた彼に話しづらくて、ついつい冷たくしてしまう。
これはまさしく"すれ違いバカップル"というやつですな。

後半にかけてのヒナのデレっぷりときたら、もう可愛すぎ。
お互いまともに会話がないまま、どんどん誤解が大きくなり、
ますます意固地になってすれ違って、そのせいでピンチに陥ったりと、なんともやきもきさせてくれます。
いつまでも素直になれない不器用な二人が、どっちも大変に初々しいというか、実に微笑ましかったです。

まあ物語自体は、ツンデレなヒナの魅力が最大限に生かされていましたが、勇太については、変身へのトラウマ(?)となった過去の経緯を、もうちょっとうまく描写して欲しかった。
あと諏訪部の力って別に霊能力関連ではないのか。この手の話で弱そうな幽霊も鎮められないというのも珍しいな。

ときに前作『リセットな彼女』でも感じたんだけれど、原作者が必要なほど複雑なストーリーとも思えないのですが。
キャラも設定もありきたりというか、いろいろパクリだし。
『神様ゲーム』と『結界師』とあともろもろ。
なんかほとんど筆者が頑張ってような気がするのですが。

リセットな彼女リセットな彼女
高崎 とおる 坂東 真紅郎 なもり

by G-Tools
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

"文学少女"と穢名の天使/野村美月

4757735065“文学少女”と穢名の天使
野村 美月 竹岡 美穂
エンターブレイン 2007-04-28

by G-Tools

【いまさら受験勉強を始めた遠子先輩のおかげで文学部は休部状態。心葉は音楽教師の毬谷の手伝いで、ななせと一緒に放課後を過ごすことに。その間にななせの友人が姿を消し・・・】
「あなたも、あなたの物語を書き続けて。
 それを、あなたの歌を待っている人たちに、読ませてあげて」

いま、ここに物語を読める幸福を!

"文学少女"が紡ぎ出す、甘酸っぱいモラトリアム・ミステリー。
行方不明になった琴吹ななせの友人を探すうち、『オペラ座の怪人』を連想させる彼女の人間関係を知った心葉。
事件に関わっていくことで、自らと共感していく心葉は、再び過去のトラウマを呼び起こしていきます。こんヘタレ。

ああ、もう、琴吹ななせ、可愛いすぎー!!!
心葉との急接近で、いつも以上にテンパってしまってるななせ嬢のツンなセリフの大放出セールが素晴しいだけでなく、メールでは恋する乙女全開で、今日の君はひときわ輝いてる!
廃墟で心葉に弱音を吐露するななせ嬢が、健気で、一途で、
か弱い女の子で、つい見守って応援したくなりますねぇ。

一方、相変わらず心葉くんは女々しいですね。
しかし、勢いとはいえ、ななせ嬢のために動いたり、傷つくのを承知で事件に首を突っ込んでいったりと、多少は自発的になってきて、トラウマ克服の兆しが見えてきました。
まあ遠子先輩に泣きついてる時点で軟弱認定だが。

今回は、「才能」を願っても得られない人々の愛憎劇でしたが、ぶっちゃけ客にとってはそんなのどうでもいいことですよ。
歌にしろ本にしろ、あくまでファンのためにあるんだ、ということを作り手側の人間には忘れて欲しくないです。
そしてそれを見て聞いて幸せかどうかは、ファンが決める。
歌手も作家も、「才能」なんてものに惑わされず、自分の物語を待ちわびているファンにために必死になればいい。
読み手である"文学少女"遠子先輩ならではの言葉ですね。

というか、遠子先輩って案外バカな人だったんですね。
いや、普段の行動見てりゃわかるけれど、「文学少女」って成績優秀で知的なイメージが先行してしまいまして・・・。
大丈夫です。それくらいでは私の遠子先輩への愛は変わりません。それに胸の大きさなんて気にしなくてよいのです。
貧乳が嫌いな男子なんていません!貧乳は(`・ω・´)ステータス!

美羽の妨害に横槍されつつも、琴吹ななせは頑張った!
いよいよ次回は、ななせと美羽の正面対決が描かれるようですが、いまのななせ嬢は手強いですぞ。
なんたって恋する乙女はドコの世界でも最強無敵だからな!
ここはななせ嬢の愛の力に期待せねばなるまいよ!

けど遠子先輩が卒業しちゃったらこのシリーズ終わってしまうのか・・・。これはもう、遠子先輩に留年してもらうしか・・・。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(4) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

虎は躍り、龍は微笑む 獅王争覇!/嬉野秋彦

4757735081虎は躍り、龍は微笑む 獅王争覇!
嬉野 秋彦 オカアサハ
エンターブレイン 2007-04-28

by G-Tools

【雷星武術院の寮で暮らす琥珀はある日、先輩・勇仁を助けたことから美しい親友・龍童とともに、ライバルである幻風武術院とのメンツを賭けた“獅王争覇”に出場することに!】

中華活劇浪漫!


中世の中華の武術院を舞台にした一風変わった学園モノ。
ライバル関係にある武術院の生徒と揉め事を起してしまった主人公が、都を上げての一大イベントである『獅王争覇』とよばれる競技にて決着をつけるといったお話です。
不思議な力も特異な怪物も出てきませんが、そこが面白い!

食い意地は張ってるが、女の子にはイマイチ興味が薄い。
コハクの男の子っぽいけれど、さっぱりした性格は好きだな。
普段はクールなリュードーが、母親とコハクにだけには甘かったりするなんてところも好感を持てますね。
喧嘩しつつもコハクが気になるカーシャがカワイイです。

戦いの場となる競技『獅王争覇』は、いわゆる獅子舞かぶっての曲芸競争で、そこは変わっててとても面白いんですが、
もっと力ずくのバトル展開でも十分に楽しめたと思うなぁ。
勇仁を立ててたせいで、肝心の主人公であるコハクとリュードーの単純な戦闘力がどのくらいかよくわかりません。

また嬉野さんが中華モノに挑戦してくれたのが嬉しいです。
嬉野秋彦といえば中華モノというのが、「皓月に白き虎の啼く」>「角川チキチキ」と読んできたファンである私の認識です。
ここ最近は、ファンタジーばかりでしたが、また中華シリーズってことでファン魂も再燃してきましたよぉおおおおおお!!

他と比べれば地味な設定かもしれませんが、ゴテゴテとするくらいなら、私はこれくらい平凡でいいと思います。絶賛期待!

皓月に白き虎の啼く皓月に白き虎の啼く
嬉野 秋彦

by G-Tools

失われた雷霆鞭(サンダーホイップ)―チキチキ美少女神仙伝!〈1〉失われた雷霆鞭(サンダーホイップ)―チキチキ美少女神仙伝!〈1〉
嬉野 秋彦

by G-Tools
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

バカとテストと召喚獣 2/井上堅二

4757735057バカとテストと召喚獣 2
井上 堅二 葉賀 ユイ
エンターブレイン 2007-04-28

by G-Tools

【いよいよ学園祭!、しかしFクラスの劣悪な環境と超頭の悪いクラスに絶望した瑞希の父親が、転校を勧めていると明久は美波から打ち明けられ、召喚大会での優勝を画策するが!? 】

注:この学校、バカがいます!


バカとバカとバカばっかりの大バカ小説です。
憧れの美少女、瑞希の転校を阻止するため、人並みの設備を購入しようと明久たちは学園祭の出店で資金稼ぎをする。
さらに特別開催される召喚大会でAクラスにも引けをとらないところを見せるべく、優勝を狙います。今回もバカが熱い!

今度の試験召喚はタッグバトルトーナメント。
成績は低いし、チームワークもムチャクチャなのに、
卑怯な手段で勝ち上がっていく明久と雄二が面白い。
いままで馬鹿にされ続けてきた明久だからこそ、決勝相手を真っ向から打ち破った努力の勝利に感動しますね。

それにしても秀吉のエロかわいさはズルい。
ヒロインの中では、ぶっちぎりで秀吉に萌えてしまうのは私だけでしょうか。胸などなくてもよいのだよ胸など。
エロスとは俗物的な質量の有無では測れんのです。
秀吉は、秀吉っていう萌えのニュータイプなんですよ。

Fクラスの息のあった連携と仲間思いなバカたちを見ていると、私もその輪の中に入ってバカやってみたいと思います。
すでにテンポはお笑いのノリというか、歯切れのいい文章から
次々と繰り出される大ボケとギャグの嵐に爆笑しました。
コメディとしてはここ最近の作品ではダントツの面白さです。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

吉永さん家のガーゴイル 12/田口仙年堂

4757735030吉永さん家のガーゴイル 12
田口 仙年堂 日向悠二
エンターブレイン 2007-04-28

by G-Tools

【高校三年生の和己は大学進学希望、同級生の範太はアメリカで絵の修行をするという。範太の壁画制作を手伝う和己だが、意識しあっていた桃と喧嘩してしまい・・・】
「ただ、僕は手伝うのが好きだから。それだけなんだ。」

超、オヒトヨシー!w

もうすぐ卒業。菜々色高校三年生の進路も様々。
画家を目指す友人、範太の卒業制作の手助けをする和己。
片桐兄妹の幼馴染の範太は、密かに桃に想いを寄せていた
範太と桃が抱き合っている光景を目撃してしまい。和己は試験直前の大切な時期に、桃との仲がぎくしゃくとしてしまう。
今回は、受験に恋に友情に悩む和己が主役の物語です。

ガーくんを見て福祉系の大学を目指し始めた和己。
いつも誰かを助けているガーくんに憧れてしまう気持ちはわかりますね。双葉もその気持ちは一緒でしょう。
御色町の人々の温かさに触れてガーくんが成長しているように、ガーくんも周囲に影響を与えているんですね。

片桐桃も林吾の抜けた演劇部の新部長としての重圧にくじけそうになりながら、必死に和己との仲を修復しようとする姿が切ないですね。通りすがりのオシリスさんがいい感じですw
ようやく自分の気持ちを伝えて、晴れて恋人同士になった和己と桃ですが、今後も外野がうるさいだろうな。

横恋慕に苦しむ師弟の姿には感じ入るものがありますが、
まあ私は横恋慕がそんなに悩むことだとは思いませんな。
自分の魅力でしっかり相手を捕らえておけない方が悪い。
それに恋愛をしている人はみんな極悪人ですよ。
だって相手の心を奪わなきゃならないんですからね!w

今回もガーくんと百色がナイスコンビでした。
善人だからこそ罪を犯してしまうこともある。
しかし罪はこれからの行動次第で償うことができる。
あえて罪を見逃すのは、ガーくんには難しい決断だったか。
春を向かえて気分も新たな和己たちですが、古科学者たちの暗躍も次回あたりまた表に出てきそうですね。

閑話休題。
MHP2のプレイ時間が240時間を越えたという田口さん。
ソロ狩りだけでそんなやってるのかよ、私なんて150時間よ。
まあそれだけ面白いしハマってしまうのもよくわかります。
集クエの下位から、なかなか抜け出せない・・・。時間があると何度もクエストを受けにいってしまう魔性のゲーム。

B000GWKY9Yモンスターハンターポータブル 2nd
カプコン 2007-02-22

by G-Tools


FFTも買っちゃったんだけど、連夜残業でやってる時間ねー!

B000N5DBHGファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争
スクウェア・エニックス 2007-05-10

by G-Tools
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

学校の階段 5/櫂末高彰

4757735049学校の階段 5
櫂末 高彰 甘福 あまね
エンターブレイン 2007-04-28

by G-Tools

【天栗浜高校では学園祭の準備まっさかり。しかし井筒研は苦悩していた。そんな中、なぜか井筒を敵視する山上桔梗院の生徒も現われて。学園祭も波乱の予感!?】

すべて、井筒が悪い!!

学校の階段に青春をかけるスポ根学園グラフィティ。
あの衝撃の告白から1巻分の間を空けて、ようやく井筒研が凪原ちえに対してけじめをつけることになります。
何故、ここまでグズグズしてたのかと思えば、ショックだったから自分の中で無かったことにしてたとか、お前な・・・。
こいつクズだ。どうしよもうない人間のクズだ。

井筒の態度が男らしくなくて情けない。
勘違いの告白を凪原ちえは真面目に受け取って悩んでいるというのに、誤解を解くのに何をいつまでためらってるのか。
潔く撤回するでもなく愚痴ばっかりか、人間が小さすぎるぞ。
お前の足は学校中を逃げ回るために鍛えてたのか!
うん、これで確定した。私は井筒が嫌いです。

告白を受けた凪原ちえが実に可哀想です。
女子の間で問題が大きくなるにつれて余計に消極的になってしまったり、そのせいで親友とも仲たがいをしてしまったり。
井筒の告白を機に散々な目にあってしまってますね。
それでも最後には自分の力でキッチリ決着をつけた彼女。
なんかどっかのヘタレよりも、よっぽど強くて逞しいわ。

毎回、階段部よりも筋肉部の暴走が楽しみな私ですが。
今回の筋肉部は、ちょっとインパクトに欠けるというか、
活動が地味でせっかくの勢いがスベってましたね・・・。
筋肉部の次に楽しみな、美雪姉さんは、幸宏に隠れてデートを尾行したり、幸宏ラブの気配が悶々としていってますw

山上桔梗院との階段レースは、流れが少々強引だったが、
まあ階段部にもライバルらしきキャラを配置できたことで、
新しい要素を投下できたのではないでしょうか。
いずみ先輩がさらなる騒動の発端になりそうですが、
まあそれは次回のお楽しみってことで。

閑話休題。
実写版『学校の階段』ですが、私は見に行ってません。
だって、幸宏と井筒が女なんだろ。ナニソレ?
まったく別の話になるじゃん。そんなの見る気しない。
日本の映画は、どうしてすぐ原作を壊したがるのか。
だから邦画って嫌いなんだけれど。

早いとこアニメ化よろぴく☆
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

塔の町、あたしたちの街/扇智史

4757734239塔の町、あたしたちの街
扇 智史
エンターブレイン 2007-03

by G-Tools

【巨大な塔が聳える積野辺。そこは『歪気』の力で栄え超常の力を操る守代一族が支配していた。西条なごみが平凡な高校生活を楽しむその裏で、彼女の血を巡る陰謀が蠢いていて・・・】
「お前のことは、私が絶対守るよ。愛してるからな」

熱いね、お二人さん!

不思議な塔の建つ町に暮らす女の子たちの青春友情もの。
歪気と呼ばれる特殊な力が満ちる町・積野辺で、平凡な毎日を過ごす女子高生なごみと親友の華多那。
女の子同士でイチャイチャとしたこの二人の痴話喧嘩で主に話が展開していくのですが、なんというか迫力ありますなー。

なごみが華多那の手を振り切って暴走してしまったのは、
両親や自分についての事情を秘密にされた苛立ちというより、長年信じてきた親友に隠し事をされたことが一番の引き金になって思い詰めてしまったのでしょうね。
華多那だって、なごみを大事に思うからこそ秘密にしていたんだろうから、少しは察してやれないものかと思ってましたが、
最後には殺される覚悟で親友を信じる彼女の決意あふれる姿が勇ましいです。

普段は華多那に守られて助けられてばかりですが、意地の張り合いだと、いつもの強気な力関係が逆転するのが、なんというか相性のいいコンビだなぁと微笑ましくなります。
親友のなごみと主人である皆理の間で板ばさみになり、動けなくなってしまう不器用な華多那さん、ちょっと可愛い。
ってか、なごみは案外見かけによらず凶暴で破天荒。

町にそびえる塔の秘密や『西条の血』とはまた別の母親についての事柄など、まだまだ語りきれてない伏線もあります。
今回はなごみと華多那の関係に焦点がおかれていたので、
もし次巻に続くとしたら、このせっかく不思議な町の面白味をさらに広げていって欲しいですね。
そして華多那は役目に殉じるのか、それとも愛に生きるのか。皆理との決着も見過ごせません。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

私の愛馬は凶悪です/新井輝

4757734247私の愛馬は凶悪です
新井 輝 緋鍵 龍彦
エンターブレイン 2007-03-30

by G-Tools

【男の子っていうのはえっちなことばかり考えていると思ってた、だから女たらしと噂高い射水君に説教をしたら、思いがけない複雑な事情とかあって、自分が単純だったって思い知らされて・・・】
「じゃあ・・・・・・一緒にお風呂に入りたい」
「はぃいいいぃい!?」

これが僕らが求めたエロスだ

毎日違う女の子とえっちして周囲から『種馬』と呼ばれる男子、射水位里に淫らな生活を改めるよう説教した高岡霧理。
彼にえっちをさせないための話相手になるが、彼の複雑な家庭の事情を知るうちに次第に惹かれてくというストーリー。
本番シーンこそありませんが、きっちりエロいのはお約束。

射水位里、凶悪な天然キャラです。
天性の女ったらし、無自覚にも程があります。
よくいままで女から刺されなかったのか不思議だ。
っていうか、なんか普通に可愛いじゃねぇかこの男・・・。
邪気のない射水位里にときめいてくキリリンの姿にときめく。
しかし、こんな天然男子、リアルいたらきめぇな。

つねにエロスと紙一重な兄&姉と違い、進くんと翠ちゃんの中坊カップルのやり取りが初々しくて微笑ましいですね。
お互いに誤解して、すれ違ってしまう気持ちがもどかしい。
ああ、なんか安心感が・・・。和む、実に和むぞ!
俺の低い恋愛経験値だと、これくらいのレベルがベター。

最後、まったりムードのなか、何事もなく終わるかと思いき、
次巻へもつれこむ波乱ずくめの展開へ。
蒼の態度はいかにも最低だが、射水位里のあの豹変ぶりは怖いですね。あれが彼のトラウマの大きさなんだろうな。
この姉だからこそあの妹なのか納得するものはありますが、
翠ちゃんがきっかけになって射水と和解してくれるといい。
『ルンウル』、『恋愛極刑』ときて、ファミ通で初めてマトモな話を書いててフイタ。次きが気になります。

ちなみにタイトルの元ネタ、え、ガンダムX・・・。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

マイフェアSISTER―姫君、拳を握りすぎです。/竹岡葉月

4757734255マイフェアSISTER―姫君、拳を握りすぎです。
竹岡 葉月
エンターブレイン 2007-03

by G-Tools

【おいしいバイトにつられて従姉のミキ姉に誘われて。江戸川師走は上京を決意した。そんな彼をキックとパンチで迎えたのは異世界から来たお姫様で、師走はVIPの接待役だった!?】
『はっはっは、ひっかかったひっかかった(笑)』

姫君、エサに釣られすぎですw

傍若無人な従姉から異世界から来たお姫様の接待を頼まれ、妹達に振り回される少年、江戸川師走の物語。
有名子役だった頃のトラウマを抱える師走と人探しにきたアネモネ、彼らを見守る従姉のミキや意地悪な兄王子、登場人物たちに優しさを感じるハートルフルストーリーです。

生意気だがインパクトだけは威力十分な睦月さん、最高。
女優としてちょっと弱気になって兄になぐさめてもらいにきたのにワガママに振舞ってしまう意地っ張りさん。激萌えです。
ミスコンに飛び入り参加してお互いに気炎を上げる睦月とアネモネが面白いですね。
師走まで一緒になって悪ノリに走る姿が可笑しいw

ストーリーの大本でどこが山で谷にもっていきたかったのか、場面展開のテンポの緩急がやや駆け足すぎた感。
とはいえ師走のナイトっぷりは、なかなか主人公っぽくて格好よかった。セネシオの最後のメールは、反則だろうアレは(泣
変な意味ではなくて、みんながアネモネを愛しいと思う気持ちが伝わってきます。
なによりアネモネの幸せを願う師走の思いがいいですね。

ここで作者の竹岡葉月について解説しようか。
『文学少女』シリーズ等で人気の絵師、竹岡美穂の妹分だか姉御分。以前は、コバルト文庫で活躍されてた方です。
代表作は『東方ウィッチクラフト』。
魔女と使い魔のラブコメディで、どう見てもおバカな話なのに、シリーズ後半になるにつれて泣かせる展開が見事でした。

『なかないでストレイシープ』は英国情緒あふれるアットホームな雰囲気がよかった。ヒロイン恋する執事が萌えるのですよ。
SF好きの読者なら『フラクタルチャイルド』。
ショタ耐性のある方は、デビュー作の『ウォーターソング』がオススメ。竹岡美穂との最初で最後(?)の姉妹コラボ作品です。
ここ2年くらい休筆してたんですが、今回ファミ通で復活。
笑って泣かせて最後にしんみりさせてくれる作品作りは健在ですね。今後、コバルトの方でもまた活躍を期待しています。

東方ウィッチクラフト―垣根の上の人東方ウィッチクラフト―垣根の上の人
竹岡 葉月

by G-Tools

ウォーターソングウォーターソング
竹岡 葉月

by G-Tools

なかないでストレイシープ―午後の紅茶と迷子の羊なかないでストレイシープ―午後の紅茶と迷子の羊
竹岡 葉月

by G-Tools

フラクタル・チャイルド―ここは天秤の国フラクタル・チャイルド―ここは天秤の国
竹岡 葉月

by G-Tools
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

狂乱家族日記 七さつめ/日日日

4757734204狂乱家族日記 7さつめ (7)
日日日
エンターブレイン 2007-03

by G-Tools

【突如、宇宙から落下しはじめた卵。買出し中の凰火の眼前に落ちてきたのは、ヘンテコな女の子。彼女を連れて家に帰る凰火だったが・・・。ついに『来るべき災厄』が訪れる!】

くらげ、家出す

全知全能ネコミミ娘・凶華様の繰り広げる狂乱バカコメディ。
OASISと名のる妙な宇宙人を拾ってしまった凰火。
一方、『来るべき災厄』と予言された存在、強欲王と対峙する死神三番は、彼が「恋をしにきた」ことを告げられる。
今回は狂乱家族一の謎キャラ、月香の過去にまつわるお話。

強欲王、爽やかにもハタ迷惑なストーカーだな。
恋人を追いかけてきただけで地球滅亡しかかってる・・・。
『来るべき災厄』のために、これまでドタバタやってましたが、
来た当人の強欲王が素敵バカな奴で助かった。
もしも生真面目に地球侵略でも宣言されてたら『狂乱家族』じゃなくなってしまう。このアホアホなノリこそデリシャス!

宇宙一の勘違い男に恋された月香も、まんざらではなさそうですが、その気がないならちゃんとフッておきましょうよ。
いつまでも気のある素振りを見せるからつけ上がるわけで。
月香に一方的に殴られて家出された雹霞にしてみれば「勝手に自己完結してんじゃねー軟体生物」ってカンジでしょうか。
雹霞もさっぱり人間っぽくなったもんだ。

凰火に懐くOASISに嫉妬する凶華様と優歌がいいですね。
狂乱の日々の裏で地下帝国の崩壊やら、魔界のクーデターやらが起きてたりして、凶華様が出張ることになっていますが、
ちょっと凶華様は属性が多すぎやしないか?
作者が考えなしに書きなぐっていていたツケが・・・。

強欲王も健在で景気よく地球防衛軍を殲滅してるし、凶華様不在の体で目覚めたSYGNUSSが、また面白げな女の子っぽいので続く次回にも期待です。そろそろシリーズも佳境か。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする