ダフロン

2015年11月05日

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10/鳳乃一真

4047307645龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10 (ファミ通文庫)
鳳乃 一真 のん
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-10-30

by G-Tools

《ゲーム》の終盤で起こった、GREAT7や七重島総合警備保障ら大人の介入によって、コレクション保持者たちの間に不穏なムードが立ち上る中、七重島に重護が帰還。決意を新たにした重護が始めたのは、誰もが想像をもしない計画で……!?

 盗人からの挑戦状

 最強地縛霊少女(ただしニート)の"埋蔵金"をめぐる、奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル。

 さすが重護汚い。いや、前回このヒモ野郎もげればいいのにと思ってたが、やっぱり主人公だったな!
 《ゲーム》で起きた大人たちの介入や、七々々コレクション強奪事件の発生でコレクション保持者たちが動揺するなか、GREAT7を相手に真っ向から勝負を挑み、澱んだ状況を一気に吹っ飛ばす重護の奇策が痛快でした。
 しかし、キャラクター増えましたね。人物紹介一覧がパッと見わけわかんないことになってるー。

 主人公不在でも七重島では状況が動いていて、《ゲーム》の影響で第七高コミュニティが勢力を増したり、混乱に乗じて唯我部長が暗躍したり、人それぞれに事態を受け止めて、これからを考えていく決意が印象深い。
 妹と元婚約者を連れて戻った重護は、いつにも増して女の子に囲まれて姦しいな! すっかり雪姫姉さんもデレてるし。これはユリシーズちゃんに刺されるのも時間の問題ですわ。いつの間にか勝ち組じゃないですか!

 重護が積極性を出して悪巧みしてると、どんなドッキリを見せてくれるのかとワクワク感がたまらない。そしてその期待を裏切らないんだから好きだよ。周囲を操るフィクサーとしての顔を隠さなくなってますね。
 一人の女を奪うために、恋のライバルに挑戦状を叩きつける男気がカッコイイ。無謀な挑戦だからこそ応援したくなる。かつては義賊なんて古臭いと拗ねていた重護が、ここにきて一回り大きく成長して見えました。

 一方、唯我部長は、どんどん暗黒面に堕ちていくなぁ。イケメンが敗北感に打ちひしがれて足掻く光景はどうしてこうもメシが旨いのか。名前からして一鶴派に入りそうな気がしていましたが、そのうち自滅しそうだ。
 七々々ちゃん殺害事件の犯人探しにも重護が先んじて一手をかけて、内心焦る壱級の今後の活躍にも期待だな。本編ではやられてばかりだが、重護に負けない好敵手でいて欲しい。さて、二学期編と新作も楽しみです。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

アルジャン・カレール 革命の英雄、或いは女王の菓子職人 下/野村美月

4047299766アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈下〉 (ファミ通文庫)
野村 美月 マニャ子
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-10-30

by G-Tools

若き女王ロクサーヌの治める平和なフロリア。王都の片隅の小さな菓子屋には、今日も劇作家がやっかいごととともに駆け込んでくる。そんな平和な日々が、不意に揺らぎ始めた。フロリアの守護神、バルトレオン将軍の遠征失敗によって。フロリアは再び混沌に呑まれるのか―。

 お菓子の城の女王

 女王の菓子職人として後に"菓聖"と呼ばれることになる青年のヒストリカル・ファンタジー

 スイーツ女王ロクサーヌのお菓子外交のターン! アルジャンのお菓子は戦略兵器だったか。
 バルトレオン将軍の遠征失敗により周辺国から非難が殺到し、窮地に追い込まれたフロリアの難題を、天才菓子職人アルジャンとロクサーヌが力を合わせて乗り切る外交術の駆け引きに引きこまれました。
 お菓子で創りだした世界に現実で捨て去った夢や希望を見つける人々の姿に心がときめきました。

 近々隣国に大公妃として嫁ぐ伯爵令嬢シュゼットとアルジャンが深い仲なのでは?と、早合点で暴走するオーギュストが頓珍漢でコミカルで、でも、当の本人たちが抱える真相は思いのほかビターでホロ苦かった。
 アルジャンに強く惹かれながらも本当の関係を公表できず、長い間、一人で思いを募らせるシュゼットの叶わぬ恋に胸が締め付けられそうになりますね。輿入れする彼女に贈ったお菓子がまた涙を誘うんだ……。

 堅物のバルトレオン将軍とアルジャンの鉄面皮同士の男二人が、宮廷の片隅でお菓子のやりとりをしているシーンで思わずニヤニヤ。オーギュストとの友情話も、ツンデレ男って奴はこれだから最高だぜ!┌(┌^o^)┐
 外交交渉の席で周囲の大使から叱責を受ける度に、アルジャンのお菓子を給仕してその場の主導権を握るロクサーヌのお菓子外交は痛快だった。戦争という野蛮な行為に美食文化で立ち向かう姿が皮肉めいて面白い。

 パフォーマンスと味覚で理性を翻弄され続けた各国の代表が有利なはずの外交勝負で負けてしまったのも仕方がない。いつの間にか外交会議をお菓子品評会に変えてしまったロクサーヌが一枚上手でした。
 アルジャンがロクサーヌとの約束をこういう形で実現させるとは驚きでした。すでに菓子職人の技術じゃない! 続いて欲しかったのですが、これ以上はお菓子ではなく二人のイチャイチャで胸焼けしそうですね。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

アルジャン・カレール 革命の英雄、或いは女王の菓子職人 上/野村美月

4047299758アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈上〉 (ファミ通文庫)
野村 美月 マニャ子
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-10-30

by G-Tools

革命とその後の混乱を経て、平和を取り戻したフロリア。その王都パリゼの隅で、劇作家のオーギュストは小さな菓子屋を見つける。そこは魅惑の菓子で溢れていたが、無愛想な銀髪の店主は何やら怪しげで、すわ革命派の残党か、或いは盗賊かと疑うオーギュストだったが…!?

 無駄だらけの王国

 女王の菓子職人として後に"菓聖"と呼ばれることになる青年の伝説ヒストリカル・ファンタジー

 これは面白かった。読んでいる最中、何故ここに紅茶とお菓子がないのか!と身悶えしました。
 革命後の内乱で"銀の猟犬"と呼ばれた英雄アルジャン・カレールが、菓子職人として第二の人生を送りつつ、若き劇作家オーギュストの持ち込む面倒事をお菓子作りで解決していくストーリーが心温まりました。
 歴史ドラマでもあり、ラブストーリーでもあり、お菓子にかかわる人々の思いが素敵でした。

 甘党なオーギュストがアルジャンの作るスイーツに惚れ込んで熱心に通い詰めるのですが、いつも感激屋で賑やかなオーギュストに比べて無表情でぶっきらぼうなアルジャンのキャラの対比が可笑しくて楽しい。
 菓子店で店番をする看板娘のニノンがいい子で、身寄りをなくした彼女を気にかける姿にアルジャンの不器用な優しさが見え隠れしてニヤニヤ。さり気なく困っている人を助ける彼の人の良さが見て取れます。

 ときおり、店を抜け出しては、ラヴィアンローズ宮殿へと通い、ロクサーヌ女王の菓子職人として腕を振るうアルジャンですが、現在の女王との馴れ初めは運命の出会いとでもいうべきもので、一介の兵士と追われる身の元王女の逃避行はロマンスが溢れて、ときめいてしまいますね。国民の誰もが贅沢できる豊かな国を作ると立ち上がったロクサーヌの勇姿が現在の平和なフロリアの日常風景に繋がっているかと思うと、感動も一潮。

 お菓子を心の支えにして国を変えたアルジャンとロクサーヌ、さらにお菓子が縁で絆が生まれたオーギュストやニノン、ソフィーたち。お菓子を作ったり、食べたりすることで人々の心が和やかになって、幸せに包まれていく光景が素晴らしかったです。日々の暮らしに困窮せず、誰でも無駄なことを楽しめる。それが国の豊かさであり満ち足りた生活なのだなぁと改めて思いました。され、下巻はどんなお菓子が出てくるのか楽しみです。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚/むらさき ゆきや

4047299782覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚 (ファミ通文庫)
むらさき ゆきや himesuz
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-10-30

by G-Tools

覇剣の皇姫が、読書狂の軍師を知った最初の物語―『~前夜~』。亡き兄皇子の身代わりとして生きる妹フェリシア。彼女を救う運命の騎士とは―『銀の皇女オーギュスト』。第三皇子バスティアンと、女王の座を奪われたエリーゼの新たなる旅立ちを書き下ろし―『明星の誓い』。大人気覇道戦記ファンタジー小綺譚

 皇室兄妹の恋話

 読書狂の青年軍師と伝説の宝剣を振るうお姫様が織り成す戦記ファンタジー。短編集。

◆〜前夜〜
 遠く離れたシエルク砦の倉庫から消えた物資の謎をレジスが解き明かすお話。
 抜け穴はミステリーの掟破りだろ……。、まあトリックの謎よりも、如何に犯人をあぶり出して犯行現場を抑えるかの知恵の方が描かれていたかな。脳筋王女のアルティーナが、武力だけでは解決できない知恵の重要性を認識するエピソードとなっていて、軍学校にいたレジスの価値に気づいて、彼を拾い上げたテネゼ侯爵は生きていれば二人の理解者にも心強い味方になっただろうに、亡くなっているのが惜しまれますね。

◆銀の皇女オーギュスト
 第一皇子オーギュストの身代わりとなったフェリシアとエディの出会いのお話。
 あっまーい! そうそう、こういうベタなラブロマンスも読みたかったんですよ。男装だと気付かずに彼女のことを意識するようになって、自分は同性愛者なのかと葛藤するエディの姿が初々しくて萌えました。
 深夜の寝台でキスの後、その先までいっちゃったんですか事後なんですかどうなんですか(ゲス顔)

◆明星の誓い
 ハイブリタリニアでエリーゼと共に逃亡を続けるバスティアンが親友ロランドと出会うお話。
 アホアホなバスティアンと秀才タイプのロランドの趣味を通じての意外な友情が微笑ましく、それだけに結末には涙せずにはいられなかった……なんでや! なんでこのままハッピーエンドにしなかったんですかー!
 レジスとアルティーナを不幸にできないからって、作者がバスティアンとエリーゼ組にやたら冷たくしてるような気がするんですが、不公平いくない。ベルガリアに戻ってきたらちゃんと活躍させて欲しいな。

 皇室兄妹のカップルをそれぞれの視点で描いた短篇集でしたが、エディとフェリシアを見習いなさい。
 本編に出しにくいからこうして外伝的なエピソードでキャラクターを補完してくれると楽しいですね。
 個人的にはジェロームさんの出世話左遷話やエリックの日常エピソードとか読んでみたかったです。きっとエリックはフェリシアみたいにこっそり恋愛小説とか読んで一人妄想を走らせちゃうタイプだと思う。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

覇剣の皇姫アルティーナVII/むらさきゆきや

4047299774覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫)
むらさきゆきや himesuz
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-10-30

by G-Tools

ハイブリタニア軍から港町を奪還したアルティーナたち。しかし、敵軍の補給部隊はすでに出発した後だった。帝都を背負った要塞では第二皇子ラトレイユが、策士オズワルドの奇略により苦戦を強いられている。補給を届けさせるわけにはいかない…しかし、敵補給部隊の護衛は傭兵王の異名を持つ猛者だった。

 帝国を背負って立つ者

 読書狂の青年軍師と伝説の宝剣を振るうお姫様が織り成す戦記ファンタジー。

 うわじじいつよい。一騎当千の英雄たちによる真っ向勝負のガチンコバトルが燃えます。
 海路の封鎖に成功したものの、すでに港から出発していた補給部隊を止めるべく、アルティーナとレジス率いる帝国第四軍が名高き傭兵王ギルベルトを相手に策を練り、強敵を撃破する展開に手に汗握りました。
 二人を取り巻く脇役たちも数が増え、味が出てきて、彼らの上に立つ存在になったんだと感動もひとしお。

 すっかり軍師が板についてきたレジスですが、今回だけは相手が相手なだけに仕掛けを張り巡らせる間に何人もの戦死者を出してしまい、いまさらながら兵士の命を預かる重荷を感じてしまうのですが、その悲痛な雰囲気を解きほぐすアルティーナの存在に救われました。彼女も以前の無鉄砲さがなくなって落ち着きが出てきたのも、レジスを頼りにしているからだろうなと二人の信頼関係が窺えるところが微笑ましかったですね。

 ギルベルトと超人的なバトルを見せるジェローム、修繕を終えた宝剣を命がけで運ぶエンツオ、工作部隊を仕切るフェルディナントといった現場で働く人々の姿にスポットが当てられているのもよかった。そして古参兵の惜しい人を亡くした……。銃なんて捨ててかかってこいよぉ!とハイブリタニア軍に言いたかっただけに、遠距離武器を見事に封じて乱戦に持ち込んだレジスの作戦が痛快でした。そして久しぶりの姫様無双イイネ!

 しかし、帯が完全にネタバレなのは、もうちょっとどうにかできなかったのか! 次巻の帯にしようよ!
 ハイブリタリニア軍の侵攻をまだ完全に追い返し切っていない状況にも関わらず、皇位簒奪を断行したラトレイユの行動が、ベルガリア帝国を窮地に追い込みはしないかと不安で仕方がないのですが、彼の容態からするとあっさり三日天下に終わりそうな気もする。アルティーナとレジスがどういう手を打つのかに期待。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

艦隊これくしょん 艦これ 陽炎、抜錨します! 3/築地俊彦

4047297690特装版 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!3 (ファミ通文庫)
築地 俊彦 NOCO
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-07-30

by G-Tools

E海域の攻勢作戦で大きな戦果を挙げた陽炎たち第十四駆逐隊。だが依然として深海棲艦との攻防に終わりは見えなかった……。そんな中、秘書艦・愛宕から第十四駆逐隊に告げられた命令はリンガ泊地への転属! あくまで一時的な転属ということで南方へ赴いた彼女たちを待っていたのは、

 駆逐艦娘たちの夏休み

 熱血艦娘・陽炎と落ちこぼれ駆逐艦娘たちが繰り広げるガールズファイトアクション。

 また陽炎さんは可愛い女の子とみればすぐに口説く……。相変わらずジゴロでイケメンっすわ。
 リンガ泊地への一時的転属を命じられた陽炎たち第十四駆逐隊が、南の島で束の間のバカンスとキャンプ気分に興じつつ、リンガ泊地を狙う深海棲艦の脅威に身体を張って立ち向かう姿が胸を打ちました。
 自分達以外に頼れる艦隊がいないなか、駆逐隊だけで戦うことになった陽炎のリーダーシップが輝く。

 曙のツンデレっぷりやべぇ! 何かと意地を張ってツンツンしていた曙も、今ではすっかり陽炎にデレて、ツンツンしつつも戦闘では彼女の身を本気で心配して、仲間として受け入れている姿が微笑ましいですね。
 転属を命じられてリンガ泊地へやってきたものの、叢雲とあきつ丸の2名しか配属されていない閑所で、浜辺で泳いだり、海の幸を獲ったりしてほのぼのしますねぇ。水着の女の子たちがイチャつく光景はいいものだ。

 のんびりしていたリンガ泊地周辺の海域で深海棲艦の影が見え隠れし始め、横須賀鎮守府の提督や愛宕が、陽炎たちをここに派遣した本当の理由が明らかになるのですが、それならそうと言ってくれてもいいのに。
 老提督と叢雲はリンガ泊地と運命を共にする覚悟だったみたいですが、そこまでせんでもよくないですかね。けれどそれで陽炎の魂に火がついて、徹底抗戦の覚悟を決めるのは、もしや提督はここまで読んでいたのか。

 ローテーションを組んで効率的な戦闘を深海棲艦に仕掛けつつも、徐々に仲間達が疲弊して、修復材も尽き、リンガ泊地の近隣まで追い詰められていく防衛戦は、読んでいる間に幾度と無く嫌な汗をかいてしまった。
 曙に勝るとも劣らない叢雲のツンデレっぷりや、生真面目なあきつ丸の意外な活躍が見物でしたね。鈴谷と熊野はもうちょっと出番が欲しかったかも。さて次回はどの艦娘が出て来るかな。あと装備追加してあげて…

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 7/鳳乃一真

4047295213特装版 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金7 (ファミ通文庫)
鳳乃一真 赤りんご
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-03-29

by G-Tools

“ゲーム”の次なる舞台はペアやトリオでの頭脳バトル。俺は鉄くんと謎のお嬢様・揚羽と組むことになったが、いきなり「私の下僕になりなさい」って、自由すぎんだろ!とにかく「M」の企みを驚戒しつつ雪姫姉さん、ハルト、戦場さん、天災ら強敵をどう出し抜くか―と思ったらばた子さん乱入キターッ!!

 最凶と最強の乱入者

 最強地縛霊少女(ただしニート)の"埋蔵金"をめぐる、奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル。

 鉄くんと部長は滅びろ。敗者はすみやかに爆発四散するのがこの世の理。古事記にも書いてある。
 第二ラウンドのチーム戦に進んだ重悟、そして勝ち残ってきた強敵たちが頭脳を競い合うなか、突如としてゲームに参戦してきたばた子さんが台風の目となって敵味方をまとめて翻弄する光景が愉快でした。
 騙し騙されの頭脳戦。読んでいるとゲームがやりたくなる、胸がわき躍る興奮を味わえました。

 スゴロク及びミニゲームでのコインの奪い合い。ゲーム中の七々々コレクションの使用は認められるが、テレビ中継で一般人が見ている中で気づかれてはいけないというものなんですが、ミニゲームそれぞれのルールは単純ながらもそれだけに水面下の駆け引きがあり、チーム同士が同盟を組んだり、裏切ったりと、読んでいるこちらもゲームの攻略法を考えたり、相手の持つ道具の能力を推理したり、頭を捻らせる展開が面白い。

 序盤からかっ飛ばしてコインを集めていた戦場さんが、途中参戦したばた子さんにフルボッコにされる姿は、スカッとした。なんて見事なウォーフ効果なんだ。その後も同じチームである重悟もドン引きさせるようなえげつない勝ち方で、他チームを圧倒し続け、完全に見せ場を奪っていて、やはりGreat7は格が違った!
 独壇場かに思えたところに、第二の乱入者が現れ、さらに大荒れ模様のバトルが飽きさせなかった。

 ゆんちゃんことMと鉄之進、そして鉄くんと関わりのあった仁志亜澄の間でにわかに持ち上がる三角関係が気になります。ばた子さん、七々々ちゃんの介入によって動き始めた他の5人の動向も気がかり。
 次回でゲーム最終戦。シリーズとしても第一部完とのことですが、この巻で事態が大きく動いて目が離せない。アニメ化もついに始まりますね。というか、このシリーズのアニメ化は成功して下さいよ本当に。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

リーガル・ファンタジー 1 勇者弾劾裁判/羽田遼亮

4047293997リーガル・ファンタジー 1 勇者弾劾裁判 (ファミ通文庫)
羽田遼亮 三弥カズトモ
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-01-30

by G-Tools

勇者の功績により聖魔戦争が終結して三百年。正義の弁護士を目指す少女フィオナは名門法律事務所の門を叩くも、守銭奴である所長への反感から、事務所を鞍替えすることに。だが、法廷デビュー戦で対するは、スミオ・マリアヘルその人だった!彼女は敗れ、結局はスミオの元でこき使われることに。

 法廷に正義はない

 正義に燃える見習い弁護士と最強の『法廷の魔女』のコンビが挑む裁判ファンタジー。

 かつてここまで人々から忌み嫌われた勇者がいただろうか。そして正義の人間なんてひとりとしていねぇ!
 法学校を卒業したばかりの見習い弁護士・フィオナが、『法廷の魔女』と呼ばれる敏腕弁護士・スミオと共に、勝算の薄い救国の勇者の弾劾裁判に挑み、裁判が進むにつれ見えてくる家族の絆が胸に迫りました。
 ファンタジーやRPGでお馴染みの剣と魔法の世界を法律で捉え直したらという視点がユニークでした。

 弱者の味方となる正義の弁護士を夢見ていたものの、憧れていた女弁護士スミオの実像は守銭奴で唯我独尊な女王様。そんな彼女に借金の証文を取られ、下僕のように振り回されるフィオナの働きぶりが愉快です。
 法はあっても正義なんてないのがプロの法律家の世界、その中でも依頼人から高額の依頼料を受け取って、裁判に勝つためなら証人への賄賂や証拠の偽造は当たり前のスミオの突き抜けた悪徳弁護士ぶりがいっそ痛快。

 そんなスミオとフィオナが弁護しなければならない勇者アルスは、魔王と和睦を結んだ300年前から不老不死となって今でも生きてるものの、酒と女にだらしないロクデナシで、ヘイトが溜まって仕方が無かったです。
 いたるところで子供を作っては育児放棄を繰り返すダメ父親への恨みから、彼の国外追放を求める検事や、殺しにきた魔族の娘など、子孫たちの境遇に共感してしまいました。むしろ奴の無責任を訴えようよ!

 ファンタジー世界での裁判闘争ドラマだと思ったら、キャラ全員悪人のピカレスクロマンだった。と思ったら家族ものだった。何を言ってるのかわからねーと思うが、多分、家族のすれ違いの愛憎を描いた感動話(?)
 娘や息子たちは人間のデキた人たちなのに、勇者の存在で感動が台無しだよ! 平和になった世界に勇者はいらなかったんや! さて、次回はいったいどんな弁護を引き受けるのか、ヒロインたちの悪巧みが見てみたい。
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

艦隊これくしょん 艦これ 陽炎、抜錨します!/築地俊彦

4047292664艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! (ファミ通文庫)
築地俊彦 NOCO
エンターブレイン 2013-11-30

by G-Tools

横須賀鎮守府に着任した艦娘の陽炎。陽炎型のネームシップとして勢い込んで訓練に励もうとする彼女だったがどうもうまくいかない。実は、共に艦隊を組むことになった潮、霰、皐月、長月、曙もそれぞれの理由から他の艦隊に加わることができず、あぶれた艦娘たちだった! 陽炎の、波乱に満ちた横鎮生活が今はじまる――。

 大海の戦乙女たち、抜錨!

 愛らしい艦娘たちの友情と戦いの日々を描いた大人気ゲーム『艦これ』のノベライズ。

 ゲームは未プレイですが、女の子たちの熱血友情ものとして普通に面白かったですええキマシタワー
 呉鎮守府から横須賀鎮守府に着任したばかりの駆逐艦艦娘・陽炎が、落ちこぼれや問題児ばかりを寄せ集めた駆逐艦隊を率いることになり、仲間とぶつかり合いながら成長して絆を結んでいく姿が萌えて燃えました。
 目次が、月月火水木金金って、艦娘は休みなしかい。今も昔も日本の海軍はブラック企業ですわぁ。

 最新鋭の駆逐艦で、しっかり者で頑張り屋な陽炎ですが、彼女に任されたのは毒舌家の曙、脳筋娘の皐月、無口な霰、霰ラブな長月、引っ込み思案な潮と、それぞれ難のある艦娘たちに振り回される姿が可笑しい。
 基本訓練ひとつ取ってもチームワークがバラバラで、失敗ばかりという有り様だけれど、役目を投げ出さずに一人一人の問題に親身に向き合い、克服する手助けをするうちに信頼が芽生えていく光景が微笑ましい。

 他の艦娘たちが弱点を克服していくのに対し、曙だけは意固地に馴れ合いを拒絶し続けるのだけれど、実は誰よりも真面目で、駆逐艦として船隊を守る意思が強くて、たった一人で深海棲艦の群れに立ち向かう勇気もあってと、そうした凛々しい一面が素敵でした。曙ちゃんマジツンデレ。そういえば、艦娘って適性のある生身の女の子がやってたんですね、ロボットみたいなもんかと思ってました。あとスマホあるんだ、この時代……。

 艦娘の中でも地味(作者がそう言ってるんだからね)な陽炎が主人公でしたが、まあすでに濃いキャラ付けがされてしまっている子たちよりも、自由にキャラクターメイキングができて、独自の陽炎が描けていたかと。
 未プレイ者でも知っている金剛姉妹や愛宕お姉ちゃんといった有名人(?)も登場して、それぞれ味が出ていてよかったです。提督は、これなんてお前ら……なんとも艦娘愛に満ちた変態でした(褒め言葉)

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

覇剣の皇姫アルティーナ IV/むらさきゆきや

4047292141覇剣の皇姫アルティーナIV (ファミ通文庫)
むらさきゆきや himesuz
エンターブレイン 2013-10-30

by G-Tools

ベルガリア帝国は他国の侵略を受けんとしていた。後にレジスの宿敵となる軍師オズワルド率いるハイブリタニアの蒸気船団、そしてヴァーデン大公国の軍勢が奇襲を仕掛けてきたのだ。この開戦には留学中のベルガリア帝国第三皇子バスティアンが関わっており

 とある姫と皇子の物語

 読書狂の青年軍師と伝説の宝剣を振るうお姫様が織り成す戦記ファンタジー。

 バスティアン皇子カッケエエ!! もうこの人が主人公でいいんじゃない? ってか、レジスどこいった!
 女王の国ハイブリタニアへと留学中の第三皇子バスティアンが、クラスメイトにして次期女王候補の王女エリーゼを巡る王位継承争いに巻き込まれ、命を狙われる彼女を守り軍隊相手に奮闘する姿にときめきました。
 『覇剣の皇姫アルティーナ』を読んでいたら、『派遣の皇子バスティアン』を読んでた。これはありやで。

 これまでの伝聞からゴリラマッチョを連想していたバスティアン皇子の実物が、口絵だとひょろひょろで、「んん?」ってなったけど、前評判の通り脳筋キャラかつ、非常識をゴリ押しで通す熱血少年で痛快でした。
 学生として身分を隠しながらも曲がったことが嫌いで、真面目で気丈な王女エリーゼも素敵で、そんな彼女の愛国心を面白半分で弄ぶ、政敵であるマーガレット王女と軍師オズワルドの存在が本当に腹立たしい。

 王宮に次期女王に指名されながらも主戦派に暗殺されかけ、死を覚悟したところでバスティアン命を救われるのですが、二人だけの逃避行を続ける間に、それまでおバカでマヌケな男子だと思っていた彼が、超強いし、王子様だし、自分を元気づけて守ってくれるしで、頼れる男の姿をガンガンに見せつけられて、エリーゼみたいな意地張ってるタイプはイチコロでしょうね。これどこのロマンス小説ですか。甘々な展開でお腹いっぱい。

 実際は、ただの中二病をこじらせたワナビなんですけれど、ありがちな主人公無双を自分で再現してしまえる戦闘力があるから困る。皇帝一家変態すぎー。それだけ戦えれば、そりゃあ、戦争大好き国にもなるわ。
 戦争を止められず、戦端が開いてしまったハイブリタニア、そしてレジスたちを襲うヴァーデン大公国。東西から同時侵攻を受けるベルガリア帝国の軍は、レジスとアルティーナはどう立ち回るのか、今後が楽しみです。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

サイコメ 3 殺人希と期末死験/水城水城

4047290963サイコメ 3 殺人希と期末死験 (ファミ通文庫)
水城水城 生煮え
エンターブレイン 2013-08-30

by G-Tools

仮釈放の懸かった期末試験も近いある日、転校生がやってきた。異例の入獄となった人物は神谷綾花! 「やっと会えたね、お兄ちゃんっ! 」と笑顔の妹に京輔は愕然。しかし、兄に会いたいがため殺人未遂を起こしてしまった綾花の心境を知り、京輔は深い自戒とともに周囲の殺人鬼から綾花を守る決意をする。

 兄と妹の壊れた世界

 殺人犯を集めた更正学院に冤罪で入学した少年が繰り広げる学園サイコパス・コメディ。

 妹ちゃんキタ━(゚∀゚)━! ヤンデレだよヤンデレ! 散弾銃で兄に群がるメス豚共をぶち殺すよ可愛い!
 兄・京輔の後を追い掛け、殺人未遂を起こしてまで学園に編入してきた妹・綾花が、鋭利や煉子たちに嫉妬の炎を燃え上がらせるド修羅場に興奮が止まらない! この展開をずっと待っていたんだよおおおおおお!!
 京輔を巡るヒロインたちの恋の争奪戦に最大の障害が現れ、大荒れになっていく物語から目をそらせない。

 明るくて無邪気な甘えん坊で、どこからどうみても可愛い理想の妹・綾花ですが、度を越したブラコンで、ちょっと対応を謝れば一転して手の付けられないヤンデレモードに切り替わる、この緊張感がたまらない。
 再会した兄の周囲にハーレムができていて、鈍感な京輔が気づかないところで綾花の地雷を踏みまくって、瞳のハイライトがどんどん失われていく光景が、読んでてゾクゾク、ガクブルしてイッツ!エクスタシィー!

 鋭利や煉子、舞耶たちは綾花となんとか打ち解けようとするんだけれども、綾花にとっては兄以外はどうでもいいゴミのような存在で、仲良くしようと近づくたびに摩擦が生まれてしまうジレンマがもどかしい。
 ついには嫉妬で女性陣に手をかけようとして、てっきり京輔が洗の…説得するものだと思ったのに、煉子がまともなこと言い始めて、お前がやんのかい! そういう口先解決法は、ラノベ主人公の仕事やで!

 まさか和解してデレるとは予想外でした。論破されるとデレる法則あるな。綾花相手にはいつもの馬鹿力も振るうことが出来ず、綾花が絡むと無能化する。学園内で無双していた京輔も弱点を抱えることになりました。
 殺人機械として育てられながら、人間性が芽生えつつある煉子の今後の成長が気になり始めました。次回は、煉子の母登場ですが。でも、あとがきを読むと鋭利のメインの話なのか。打ち切りは免れたぽいので一安心。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

壱級天災の極めて不本意な名推理 1/鳳乃一真

4047290971壱級天災の極めて不本意な名推理1 (ファミ通文庫)
鳳乃一真 赤りんご
エンターブレイン 2013-08-30

by G-Tools

自称名探偵・壱級天災が奇妙な悪魔と結ばされた契約は、七重島中にばら撒かれた、死を生む《刻印の呪い》を回収するというものだった! 方法は悪魔との推理対決。舞台は未来の事件が具現化する異空間《惨劇の未来》。つまりどんな名推理を披露しても喝采されない、天災にとっては極めて不本意な勝負。

 名探偵への挑戦状

 自称名探偵・壱級天災が悪魔バアルの出題する殺人事件に挑戦するコミカルミステリー

 表紙のこの美女は誰だよと思ったが、なんだ名探偵の天災ちゃんか……って、誰だよ!?
 悪魔バアルの封印された七々々コレクション『イゾルデの封印書』を開いてしまった名探偵・壱級天災が、彼の作り出した異空間の中で起こる殺人事件の解決を強いられ、不本意な推理を繰り広げる光景が可笑しい。
 『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』のスピンオフ。シリーズのもう一人の主人公・壱級天災を巡る推理劇。

 『名探偵』をしたいがために難事件発生を求めてしまう壱級天災の問題児ぶりは、いまに始まったことではないのだけれど、悪魔バアルによってばら撒かれた『呪い』により、誰からも喝采されず目立たない推理勝負に立ち向かわざるを得ない状況に陥っていく展開が、普段の不謹慎さへの天罰めいていて苦笑を禁じえない。
 そんな経緯でやる気はなくとも難事件をあっさりと解いていってしまうのだから感心するやら呆れるやら。

 天災の傲岸不遜さは相変わらずですが、助手のダルクを助けようとしたり、事件捜査で関わりがあった人物に事件後も肩入れするようになったりと、意地っ張りな彼女の内に見え隠れする人情味が可愛らしかった。
 友人となった研究者・妃凛、科学者・スイナなども仲間に引き入れて、バアルに対する探偵団のようになっていくところも微笑ましかったのですが、この女ども残念すぎる。唯一の癒しは巨乳のダルクちゃんだけや!

 本編シリーズと同時進行という形式のこちらのスピンオフ。ときどきダルクと一緒に姿をくらませて、忙しくしていたり、いつの間にか交流を広げていた天災の身に、こういうことが起きていたのかと納得しました。
 鮮やかな名推理もありつつ、グダグダでゴリ押しな事件解決もあり、お互いに人を食ったような天災とバアルの駆け引きがシニカルな笑いを誘います。天災好きなので、こちらのシリーズの展開も期待しています。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

魔王殺しと偽りの勇者 1/田代裕彦

4047290947魔王殺しと偽りの勇者1 (ファミ通文庫)
田代裕彦 ぎん太
エンターブレイン 2013-08-30

by G-Tools

十日前、百年に一度復活すると云われる大魔王が打倒され、アルブリオ王国は歓喜で満ち溢れていた。そんな中、国王に内密に呼び出されたエレインは四名もの人物が「自分こそが大魔王を倒した勇者である」と主張していることを知る。堅物な彼女に用意された協力者は王族でありながら魔族に寝返った青年、ユーサーだった。

 魔王殺人事件

 魔王を殺した真の勇者を見つけ出すため女騎士と魔族の王子が捜査に乗り出す謎解きファンタジー。

 ファンタジー界の殺人ミステリー。ただし容疑者は全員自白済という推理小説のセオリー破りの怪作。
 大魔王タラニスを倒したと主張する四人の勇者の中から本物の勇者を見つけ出せとの王命を受けた女騎士エレインが、魔族の青年ユーサーと捜査に奔走していくうちに見えてくるキャラや世界観の設定が興味深かった。
 あの田代裕彦さんがミステリーが帰ってきた。富士見ミステリーからのファンとしては嬉しさで胸いっぱい

 堅物で融通がきかないエレインを皮肉屋で天邪鬼なユーサーがやりこめる掛け合いが面白く、ユーサーに翻弄されながらも、常識や偏見に凝り固まったエレインの見識が徐々に開けていく姿が初々しかった。
 人間の宿敵である魔族であるユーサーも性格は意地が悪いが、価値観の違い囚われず客観的に物事を判断できる柔軟な思考の持ち主で、容疑者の証言の嘘を次々に見破っていく推理力と観察力が惚れ惚れしますね。

 容疑者たちは、世界一の占い師グエンドレナによって選ばれた名誉ある勇者だけあって、嘘の証言など言いそうにない高潔な人物ばかりなのですが、そんな彼らだからこそ嘘をつかねばならなかった悲しい事実が隠されていて、真実を偽ることへの罪悪感に苦しむ彼ら、彼女らの心中を察すると切ない思いが湧き上がります。
 憧れを抱いてた人物への失望にショックを受けつつも、使命のために立ち上がるエレインが凛々しかった。

 いくら謎解きがメインと入っても、ファンタジーなら戦闘シーンの一つくらいはあるだろうと思っていたが、アクション要素など、まったく無かった。嘘がバレた後、口封じに襲ってくるくらいは予想してたんだが、勇者たちやけに潔いな! 完全に謎解きしかないので、ファンタジーっぽさを期待してるとガッカリするかも。
 まだまだ真犯人は見つかりませんが、長引かせず次巻でハッキリさせるそうなので、解決編が楽しみです。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

夜姫と亡国の六姫士 I/舞阪洸

4047290122夜姫と亡国の六姫士I (ファミ通文庫)
舞阪洸 こ~ちゃ
エンターブレイン 2013-07-29

by G-Tools

エルゲン王国の第二王女にて美しく勇猛果敢な戦女神、バイオレッタ。彼女の傍にはいつも、一騎当千の兵である六姫士が控えていた。彼女たちの大願、それは――奪われた祖国の領地を取り戻し、王家を復興させること。しかし敵国の第二公女、リーザが大軍を率いて進発したその時、主力同士が激突する一大決戦はじまった

 夜の姫は、運命に戦いを挑む

 勇猛果敢な戦女神バイオレッタと六人の姫士が繰り広げる戦記ファンタジー

 物語開始早々、戦争の真っ只中、盛り上がっていくぜ!と思いきや、いきなりバットエンドだったよ……。
 バイデリュンヘン大公国から侵略戦争を受けているエルゲン王国の復興軍を従える姫将軍バイオレッタと六姫士の華麗な戦いぶり、そして同性愛好きの作者らしい耽美な絡みが読み応え十分で陶然となりました。
 運命の女神のサイコロに翻弄される"夜姫"と六人の忠臣たちに世界の無情と不条理を感じました。

 まさに威風堂々という言葉が似合う、美しくも勇ましい英雄の才覚溢れる王女バイオレッタと、そんな彼女の側近として寵愛を受ける六人のタイプの異なる美少女たちの関係が、まさに王とハーレム。一人ずつ美しいだけでなく、それぞれ一朝一夕では真似できない特殊技能を持っていて一騎当千という豪傑ぶり。それらチート級の六人の精鋭を率いて戦略を練り、侵略軍に戦いを挑むというシチュエーションが燃える。

 対するバイデリュンヘン大公国の司令官であるリーザも、バイオレッタに負けず劣らずの美少女かつキレ者で、圧倒的な戦力で勝る侵略軍側と、作戦で勝る復興軍とでどちらが有利とも言えず好勝負なんだこれが。
 事前に慎重を配し、奇策に奇策を幾重にも重ね。地の利を活かし、好機を見逃さない見事な采配で数で勝る侵略軍を翻弄し、罠にハメてみせるバイオレッタと6人の姫士たちの計画性と行動力に目を瞠りました。

 バイオレッタ様に惚れてまうやろーとか思っていたら、最後の最後でなにしてくれてるんですかー!!
 この結末はないやろ……読者に精神ダメージ与えて何がしたいんだよ。いや、確かにこうすれば最初の場面に繋がるんだろうけれど。いいじゃん、何事も無く終わってたって……。この後は、もう悲惨なストーリーしか予想できないよう。夢も希望も断たれてしまったんですが、この先を読むのが本当にキツイよう。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

サイコメ 2 殺人姫と林監学校/水城水城

4047288535サイコメ 2 殺人姫と林監学校 (ファミ通文庫)
水城水城 生煮え
エンターブレイン 2013-04-30

by G-Tools

獄中生活にも慣れた神谷京輔たちを待っていたのは、心躍るイベント満載の校外学習。しかも引率は優しく美しい風紀委員、紗魔夜沙姫! しかし彼女は21人を殺害し "殺人姫" と呼ばれた元・連続殺人犯だった! 当然のごとく京輔に興味を示す紗魔夜に、鋭利や煉子まで対抗し始め――。

 殺し合うほど仲が良い

 殺人犯を集めた更正学院に冤罪で入学した少年が繰り広げる学園サイコパス・コメディ。

 ビキニにガスマスクの違和感ハンパないなぁ……、新たな萌え要s…いやさすがにないな。
 二泊三日の校外授業に参加した主人公・京輔が、ヒロインたちとイチャイチャしつつ、学校側の用意した課題に挑み、さらに殺人鬼に襲われたりと血飛沫湧き肉片躍る展開が刺激的でした。
 ラブコメなのに始終殺し殺されの緊張感が張り詰めているのが実にエキサイティング……。
 
 初めて校外に出る一年生の監視役として校外授業に着いてくることになった三年生の風紀委員・紗魔夜は、見た目だけならお嬢様で性格もお淑やかなキャラをしているのに、やっぱりというか当然殺人鬼で、しかも殺害数なら京輔以上というシリアル・キラーな実態を知ると、存在感が強烈な毒気を放ってるんですよね。
 なにかと京輔の周囲に現れることの多い彼女に、焼きもちを妬くヒロインたちが可愛いです。

 この校外学習も、教師陣はレクリエーションのためと言うけれど、罰ゲームの重さや生徒たちに競争を強制させているところとか思うと、『殺し屋』として育てるためのフィールドワークなんだろうな。
 ツンデレな鋭利やドジっ子な舞那のせいで京輔のグループばかり紗魔夜の怒りゲージを溜めているのは確かだけれど、それでもまだ話が通じそうなキャラだっただけに、彼女の持つ異常性には理解しがたかった。

 しかし、てっきり妹ちゃん回だと思ったのに釣られた! もったいぶりますねぇ。
 けどまあこれでようやく妹ちゃんも殺人鬼の仲間入りを果たしたことだし、喜ばしいね!
 ……なんかもう可愛い女の子が人を殺しててもおかしいと思わなくなってきたよ。
 読者のSAN値をゴリゴリ削りつつ、次回はどれだけの血が見られるのかな、楽しみだよ……。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 5/鳳乃一真

4047287997龍ヶ嬢七々々の埋蔵金5 (ファミ通文庫)
鳳乃一真 赤りんご
エンターブレイン 2013-04-30

by G-Tools

大イベント《七夕祭り》が近づいてきた。何と抽選に当たればGREAT7がどんな願いも叶えてくれる!?(……ニヤリ) 一方ある《遺跡》攻略に乗り出した俺たち冒険部は、第七高等部生徒会の面々と遭遇。新たなライバル勢力!?と思いきや「我が校に転校してくる気はないか?」って、どういうこと?

 七夕に願いをこめて
 
 最強地縛霊少女(ただしニート)の"埋蔵金"をめぐる、奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル。
 
 新勢力出しすぎなんじゃこら。冒頭にキャラ相関図とか公開してくださいおながいします。
 主人公・重悟と冒険部のメンバーが一心を刺した吉野咲希を探し、「七夕祭り」で悪事を企み、新たな遺跡で出会った新勢力と対決しと、いくつもの事件が同時進行していく展開が飽きさせませんでした。
 新キャラ一人ずつにも重い過去と深いドラマがあり、ますます群像劇めいてきました。
 
 行方をくらませたゆんちゃんの捜索や、何故か加害者を庇う一心部長の狙いを推理する天災や重悟の情報力や洞察力には驚かされるばかりだけれど、そんな名探偵の彼女をもってしても七々々ちゃん殺害事件の真相究明は諦めなければならないほどの謎なのかと、改めて問題の難題さがもどかしいですね。
 重悟は周囲の女性が他人のことを口にすると嫉妬するところが小さい男…いや、可愛い奴ですね。
 
 新勢力・第七高等部生徒会は、どこか重悟たち冒険部の雰囲気と似ていて、それでも比べ物にならない数の七々々コレクションを所持した格上の相手との対決は、これまでで一番の名勝負でした。
 プライドを賭けて取り決めたルールを守った上で、死角をついた駆け引きが行われ、互いに全力でぶつかり合い、勝っても負けても後に禍根を残さないフェア精神が清々しく、どちらも素晴らしかった。
 
 天災まで引き込んで雪姫姐さんたちと手を組んで、GREAT7にどんな願い事を叶えさせるつもりかと思えば、微笑ましい真相に頬が緩みました。大聖まで引き込んでたとは七々々ちゃんの影響力パネェっす。
 登場人物の人間関係やキャラ背景、ストーリー構造が複雑化しすぎて一気に詰め込み過ぎな感は否めないけれど、絡まりあった糸の、その中心にある真相への興味は尽きません。次回はゲームの幕開けだ。
 
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

サイコメ 1 殺人鬼と死春期を/水城水城

4047287296サイコメ 1 殺人鬼と死春期を (ファミ通文庫)
水城水城 生煮え
エンターブレイン 2013-02-28

by G-Tools

未成年犯罪者を集めた「プルガトリウム更生学院」。そこに冤罪で入学させられた神谷京輔周りを見ると美脚美女にゆるふわ系少女……なのに実は殺人犯。その上、京輔は異例の《12人殺した殺人鬼》として学院中の注目の的になり、正体不明な巨乳のガスマスク美少女・氷河煉子にまで迫られて

 殺人鬼でも恋がしたい

 殺人犯を集めた更正学院に冤罪で入学した少年が繰り広げる学園サイコパス・コメディ。

 キャラ全員、犯罪係数高すぎぃ! サイコパス真っ黒でドン引くわーいいぞもっとやれ!
 十二人もの大量殺人の冤罪を着せられ、未成年殺人犯のための更生施設へと入学した主人公・京輔が、頭の狂ったクラスメイトたちに囲まれながら、自分の信念を貫いていく姿に魅せられました。
 殺人鬼の歪んた思考に精神が侵される……というよりも、おっぱいの誘惑がやばかったおっぱおっぱ

 冤罪で入学した京輔の他は、本当に殺人を犯して捕まった者たちばかりで、そんな中でも彼に着せられた12人という殺害数は飛び抜けてて、畏怖と恐怖で周囲に一目置かれるけれど、内心ではごく普通の一般人らしく、いつバレるか、襲われないかとビクビク怯えている、そんなギャップが可笑しかった。
 生徒も教師も異常性癖、変態快楽の持ち主ばかりで一瞬も油断ならない日常に緊張感があります。

 クラスメイトの中には様々な境遇を経て学院にやってきた少女たちも居て、なし崩し的に関係を深めていくうちに、次第に明かされる彼女たちの犯した殺人エピソードが不条理でやるせなく、切なかった。
 学院に秘められた真実を知って、理解していると思っていた煉子の本性を突きつけられて、それでも"誰も殺さない"、"誰にも殺させない"を貫く京輔の健全さが、この狂った世界で唯一の救いだった。

 読んでいる間中、倫理道徳の欠如したマッポーめいた世界観に、ここ、本当に日本かよ……と、思わずにいられませんでした。ぶっ飛んでて面白いのですが、最近の若者の日常離れは深刻化してるなぁ。
 犯罪心理とかそういうシリアスな要素は、割りとあっさりしてて、むしろ性欲肉欲フェチズムをビンビンに刺激してくる要素満点でニヤついちゃいますね。おっぱいのためなら殺されてもイイという方にオススメです。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

覇剣の皇姫アルティーナ 2/むらさきゆきや

4047287342覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)
むらさきゆきや himesuz
エンターブレイン 2013-02-28

by G-Tools

黒騎士ジェロームとの決闘を経て、兵達の信頼を得た皇姫アルティーナ。ところが、安息も束の間、蛮族が侵攻してくる。皇姫軍は軍師レジスの采配で勝利するも、その情報を掴んだ兄皇子より、ヴァーデン大公国有する難攻不落の要塞を攻略せよ、との命令が下る。

 盾を御旗に、剣をその手に

 読書狂の青年軍師と伝説の宝剣を振るうお姫様が織り成す戦記ファンタジー。

 レジスもアルティーナも実績を積み始めて、ようやく面白くなってきた。エンジンかかるの遅いよもー。
 蛮族の襲撃を退け、和平交渉を結んだ主人公・レジスと姫・アルティーナに、王宮からさらなる無理難題が突きつけられ、軍師として知恵を絞って難攻不落の要塞を攻略する展開が盛り上がりました。
 戦争ばかりで気づいたら女性陣に囲まれてハーレム状態なんだけど、軍師殿役得すぎぃ!

 レジスの采配で捕らえることができた蛮族の王ディートハルトの命を救い、対話を望むアルティーナの行動はこの時代背景からすると異質だけど、既存の常識にとらわれない姿がなんとも彼女らしかった。
 戦略ゲーは、まず仲間集めが鉄則ですからね。利害が一致すれば、敵でも味方に取り込む考えは、理に適っている。ただ彼女の場合思いつきでやってしまってて、それに振り回されるレジスが可笑しかった。

 蛮族を味方にしたアルティーナ軍に危機感を抱いた兄皇子が無理難題を押し付けてきて、兵を無駄に損耗させるか、それも国家叛逆罪の誹りを受けるか、みんなが悩み苦しむ状況で、あっさりと難攻不落の要塞の攻略法を考えつく軍師殿カッケー。カッコつけてすぐに風邪で倒れてしまう軍師殿ダッセーw
 普段の口は悪いのにレジスの世話を焼くジェローム様やクラリスさんがいいツンデレでした。

 レジスの作戦の奇抜さも、アルティーナの馬鹿力でぶっ飛んだ。素手で鉄鉱石砕くってどんだけー!
 話が展開していく度に、アルティーナの超人ぶりに驚かされます。皇族は特異体質の家系か何かなんだよねきっと……。男らしい勇ましさもありつつ、とても年頃の女の子らしい可愛さもあって、砦の兵士ならずとも『女神』と崇めたくなる気持ちが理解できます。やっと盛り上がってきたけど、次はどうなる?

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 4/鳳乃一真

4047285129龍ヶ嬢七々々の埋蔵金4 (ファミ通文庫)
鳳乃一真 赤りんご
エンターブレイン 2012-11-30

by G-Tools

龍ヶ嬢七々々、そして黒須参差。二人はとある外国のカジノにやってきた。目的は七重島の建設資金をがっぽり稼ぐこと! カジノの大物相手にギリギリの勝負を演じてみせた最強コンビは、さらに白い妖狐に護られた財宝が眠るという謎の遺跡へと向かう!!

 考えろ、裏をかけ。そして未来を手に入れろ

 最強地縛霊少女(ただしニート)の"埋蔵金"をめぐる、奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル。

 うわぁ、このモブ可愛いなぁ。とか思ったら、メインヒロインの七々々ちゃんだったでござる!
 夢を叶える資金を得るため、裏カジノに赴いた龍ヶ嬢七々々と黒須参差の一世一代の大博打と、初めての秘宝探しの冒険から垣間見る七々々の計り知れない天賦の才に改めて驚嘆させられました。
 最初の七人にまつわる昔話やいつもと違って他愛のない冒険部の日常風景に和みました。

 強運にも頭脳にも恵まれた七々々ちゃんの天下無敵っぷりにはもう笑うしかありませんね。
 裏カジノの支配者に、"絶対に勝てない勝負"を挑まれ、完全に詰みの状態から機転を効かせて逆転してしまう、天然とも計算ずくともとれる直感や冴えが凄まじくて、周囲を圧倒する様が痛快でした。
 妖狐の守るお宝探しでも、潔癖さと優しさがあふれる姿がなんとも七々々ちゃんらしくて素敵でした。

 こっそり天災とデートを目論んだダルクがあっさり看破されて逆に弄られたり、そのとばっちりでモテ期到来と勘違いして調子に乗った重悟が女性陣から相応しい天罰を食らったりと騒がしくも笑ってしまう。
 無謀にも七々々にトランプ勝負を挑んだ重悟、天災、ダルクたちがアレコレと策謀や裏工作を尽くした挙句、七々々の起こした有り得ない手に惨敗したり、ホントこいつら毎日が充実してるなぁうらやま。

 彼らのやってることはまったくもって下らないけれど、学生として青春している。こうした光景が当たり前にある楽園こそが、最初の七人が命をかけてまで作りたかった夢なんだろうと思うと感慨深い。
 先人たちが残した楽園を出て危険に挑む冒険部のいつもの冒険もまた、七人が後輩に与えた未来へのチャンス。果たして今の若者たちはどのようにして自分たちの夢を叶えるのか。今後も見守りたい。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

も女会の不適切な日常 3/海冬レイジ

4047284173も女会の不適切な日常3 (ファミ通文庫)
海冬レイジ 赤坂アカ
エンターブレイン 2012-10-29

by G-Tools

も女会の日常が再び戻ってきた。“美少女"の僕は、愛とラブラブ交際中。さらに先輩も繭も雛子も僕にベタ惚れのハーレム状態! そこへ源ひかると名乗る“少女"が加入して……やっぱりこの世界、改変されてる!?

 も女でも恋がしたい!

 モテない女子たちが青春を謳歌するために頑張ってる<も女会>を舞台にした否日常系ラブコメ。

 愛ちゃん面倒くさいよ愛ちゃん。愛ちゃんの重すぎる愛情にドン引きますが、リンネもたいがいだな…。
 も女会のメンバーで『ロミオとジュリエット』の演劇をすることになり、配役や練習でドタバタ騒動を繰り広げるなか、またしてもアッパーグラスからの改変で愛がいなくなってしまって、不適切な非日常と決着を付けるため、も女会の仲間全員で愛を取り戻しに挑む友情展開に胸が熱くなりました。

 とりあえず、愛ちゃんが面倒臭い。とにかく手間がかる。晴れてリンネと恋人になったというのに、ちょっと他の女子と仲良くすれば嫉妬するし、思い込みが激しくてすぐに罵倒が飛んでくるし、簡単に自暴自棄になって自殺しそうになるし、とてつもなく重い女すぎるんだけれども、それもこれもリンネを好きな気持ちが大きすぎてコントロールできなくて、素直になれない不器用さや精神性の弱さが儚げで、可愛いんだよなぁ。

 自他共に認めるハーレムキングとなったリンネなら、もじょ会の美少女たちといくらでもイチャイチャし放題なのに、その甘い誘惑に逆らってよくもここまで一人の女の子に一途に尽くすものだと感心する。
 もじょ会の他の女の子たちも一筋縄では行かなくて、予想もつかないことをしでかしてくれるのが最高に愉快ですが、ちだね先輩は何一人だけ美味しい思いしてるんですか。リンネとベッドインなんて裏山(ぇ

 本来ならリンネを独占する恋のライバルである愛の奪還に一役も二役も買う女の子たちの活躍ぶりがよかったです。過去へ飛んで垣間見た女の子たちのキャラ背景もちょっと苦しくなったよ。
 もじょ会の女の子たちは、女子同士で百合百合してくれてるのがなんだかんだ一番和むよなぁ。
 時代を先取りし過ぎたラブコメ、これで完結らしいですが実に惜しいな。次回作に期待しますか。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする