ダフロン

2008年05月09日

傷物語/西尾維新

4062836637傷物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN
講談社 2008-05-08

by G-Tools

「阿良々木くん、ど、どうか私のノーブラおっぱいをモミモミしてください、お願いします!」

みんな仲良く不幸になりましょう

阿良々木暦は、ある晩、血が凍るほど美しい金髪の吸血鬼と出遭ってしまった。両手両足のない『怪異殺し』の大吸血鬼、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと。
瀕死の吸血鬼を助けた阿良々木が、奪われた彼女の手足を取り戻すため、吸血鬼ハンターと戦うといったお話です。

阿良々木暦は、もれなく変態という名の紳士。
初っ端から委員長のパンチラ描写4ページとか長いよ!
あの一瞬にどんだけ人生最大の感動を覚えてんですか!
第一印象が、「パンツしか、記憶にない」ってそりゃどうよ!
戦場ヶ原ひたぎと神原駿河が出てこないせいか、委員長が阿良々木"の"エロキャラになってしまってますねえ。

吸血鬼と化したあと、委員長を巻き込まないためとはいえ、
傷つける言葉を言ってしまう阿良々木を、相変わらず不器用な奴だと思いましたが、ヒネクレぶりも変わりませんね。
自分が全面的に悪いのに「パンツを見せてくれれば仲直りしてやっていいぜ」なんていう阿良々木も阿良々木だが、本当にスカートを捲ってパンツ見せる委員長がたまらなく萌える。

阿良々木と委員長が和解したところまではよかったのに。
阿良々木は、やはりことあるごとにセルハラ行為を・・・。
ってか、体育用具倉庫での一幕は、もはや性犯罪である。
委員長は純粋な友情から阿良々木を手助けしてくれているのに、その優しさにつけ込んで、なんちゅう鬼畜行為を・・・。
人間として最低だ、いや、それよりなによりヘタレすぎる!
たとえ人から非難されようとも、男には逃げてはならないときがあってだな(r

しかし、阿良々木の欲望に潔すぎる委員長も問題ですね。
(人より上位の存在に拮抗しうる、おっぱいの持ち主w)
最後かもしれない戦いに赴く漢(せんし)に生パンツを託さないでください、それは果たして死亡フラグか微妙なところですw
なんというか「こやつ、聖人君子か!?」といいたくなるくらい、阿良々木に都合が良い、パーフェクトな子なんですよね。
こんな友達がいて欲しいような、でも実際ここまで芯の強い子いたら付き合いに苦慮しそうな、そんな気がします。

今更だが何故、阿良々木はひたぎと付き合ってるのか。
ここまでご奉仕されたら、委員長フラグの1、2本立ってるよ。
この際、ひたぎは本妻でいいです、それは仕方のないこととします。そうでないと、文房具が怖いですから。
だが、駿河と委員長は1号さん2号さんだろう。それはガチ。

内容としては、お笑いネタはそこそこといった按配で、まあ阿良々木と委員長の掛け合いだけでも十分に面白いんですけれど、西尾維新お得意の超人バトルが炸裂していましたね。
こういう学園異能バトルは正直、自重して欲しかったが・・・。
まあ最後は、バッドエンドでしたが、誰か一人だけが傷つくような結末でないだけ悪くない、むしろ阿良々木とキスショットにとっては、現状の最善手だったのではないかなと思います。

さて、本誌でもやたら「アニメ化アニメ化」と忍野メメが叫んでますが、『化物語』祝アニメ化!
阿良々木とヒロインたちの下らなくも最高に愉快な掛け合いを声優たちがどう演じるか、今から期待が高まるところです。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96214499

この記事へのトラックバック