ダフロン

2005年11月10日

ゴーレム×ガールズ/大凹友数




『ゴーレム×ガールズ』
大凹友数 MF文庫J


【片思いの同級生、乾琴子がイケメンと親しげに帰っていくのを見たとき。気弱でナナフシな少年森田友二の中である願望が生まれた、『人形の彼女が欲しい』と・・・。】

つ【ヒント:地雷】

魔法物質を元にゴーレムを作り出す学問操形学。
この世に未練を残した少女たちの魂を核とし、
鬱屈した少年の歪んだ願望がゴーレムの少女を作り出す。

はじけるエロス

ストーリーはゴーレムの少女たちの切ないエピソードや、
媛たんの横恋慕、タモさまと乾さんのコレからとか、
色々な含みを持たせつつ、ポイントはまとめてる。

ただ主人公に親しみがもてない

主人公森田友ニはどこまでもネガティブで気弱な性少年。
思春期の男子の卑猥な妄想やグロい欲望がこれでもかと濃ぃ
ネタとしてなら好きなんだが、ここまで堂々と描かれると引く。
受け入れられなくもないが、素直に感情移入できねッス。

ゴーレム少女が捨てキャラ

すみれと唯の二人を本筋にもっと関わらせて、
タモさまを励まし、ときに諭したりな成長シーンを作っとけば、
後半の人間模様に面白みが生まれたはずだ。

タモさまが最後で好感を持てるキャラに変わっていたら、
気弱少年の成長物語萌え!だったのに。
ときどき、流れにつまる地の文もあったし。
まあ軽く地雷ですね。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック