ダフロン

2007年08月11日

狂乱家族日記 八さつめ/日日日

4757736339狂乱家族日記 八さつめ
日日日 x6suke
エンターブレイン 2007-07-30

by G-Tools

【凶華が肉体を離れた隙に蘇った破壊神SYGNUSSの目的は? 強欲王、OASIS、《水》etc.宇宙人だらけのこの"世界の危機"に、乱崎家と凶華はどう立ち向かうのか!?】
「うぅ・・・・・・どうせ私なんかいらない破壊神なんだ!」

破壊神はつらいよ

水の脅威が去ったのも束の間、凶華が肉体を離れたことで破壊神SYGNUSSが復活してしまったけれど、狂乱家族のノホホンな空気に飲まれて自信喪失して、月香と強欲王の千年におよぶ恋物語にようやく決着がついたりするお話。

破壊神ナス子さん、流されやす。
乱崎家の人々のアクが強すぎるってのもあるが、本人も地球を滅ぼすうんぬん言ってても、月香と同じくほのぼのアットホームな雰囲気に飢えていたんでしょうね。
強欲王に嫁ぐ決意をしたお姉ちゃんを引き止めるナス子さんの思いとか、家族の絆が感じられる姿はやっぱりいいな。

強欲王が善人すぎて緊迫感にかけますが、恒例の宴に入ってからは、乱崎家や雷蝶、OASISそれぞれの思惑が飛び交い始め、なにがとび出てくるやらわくわくしましたね。
それにしても姉のために半分涙目で可愛いらしく変身したナス子さんには笑った。このツンデレっ子ちゃんめ!w

凰火に横恋慕するOASISが途中でゲームをひっくり返して、一時は地球滅亡かと思いましたけれど、結局は周囲の思惑は関係なしに、強欲王と月香で話し合って解決できたみたい。
OASISも、気持ちはわかるだけに責めきれなくて、もう少し大人になった後で新しい恋を見つけられたらいいですね。

てなわけで第二部『災厄編』はこれにて終了。
第三部は、いよいよシリーズ完結編となる『閻禍編』となるらしいです。脇道が多かったが、ようやく本筋に。
作者がその場その場で設定を加えていったせいで、凶華がややこしいキャラになってきましたが、もうないだろうね?
次回あたり銀夏と千花の恋にもそろそろ進展が欲しいなぁ。

ああ、そういや表紙がちゃんとネコミミのないナス子さんverになってますね。短めのツインテールがいいですばるたーん!
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[日日日] 狂乱家族日記 八さつめ
Excerpt: 破壊神になると決めたのに、悪に染まると誓ったのに、乱崎家の面々の優しさに触れて、困り始めたSYGNUSSの前で、姉である月香が言う。強欲王という宇宙人の求婚を受けようと思う、と。 そんなの許せないと吼..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-08-17 08:52