ダフロン

2019年02月03日

食べないお嬢と魔術学園の料理番/駿河ゲンゾウ


名門『クライエス魔術学園』は今や魔術よりも食堂の方が評判な学園。ところがただ一人、生徒会長レクティアはカイルの料理を口にせず…「食べたくないのよ、『人が作ったモノ』なんて!」幼い頃から狙われ続けたレクティアが信用するのは己のみ。しかし、彼女が最高峰魔術組織から抹殺対象になり

 いただきますは信頼の証

 魔術と包丁が交差する、新世代学園バトルファンタジー

 「食べないお嬢」じゃなくて、「ラーメン大好きレクティアさん」でいいんじゃないかなタイトル。
 客の笑顔が何より好きな料理バカの魔術学園の食堂で腕を振るう料理番の青年カイルが、生徒会長レクティアとぶつかり合いながら、彼女の心の傷を料理で救っていくストーリーに感動しました。
 他人の作った料理を食べるということは、お互いの信頼関係があってこそ。まったく納得しました。

 過去のトラウマから他人の作った料理を食べられない料理恐怖症ともいえるレクティアと、誰かに美味しい料理を食べさせるのが大好きなカイルとでは水と油で、互いの事情を知らない間は巡って衝突が絶えないんですが、レクティアの窮地を救ってからのデレっぷりは見事でした。これはいいチョロイン。
 エリートお嬢様キャラかと思ったら、ただの腹ペコキャラだった件。完全に餌付けされておる。

 魔法の使えないただの料理番かと思ったら実は……というのはよくある展開ですが、教官系としたら成長や教導パートが足りないし、異世界グルメものだったらもっと品数やキャラを出してリアクション芸を畳み掛けないとインパクトが弱いしで、一番重要なピース欠けていてどっちつかず。流行りのジャンルを合体させてみたけど、本来の良さを打ち消し合ってしまった感じ。作品が求めた味がわからぬ。

 キャラクターは魅力的ですが、ストーリーも世界観もシンプルだし、ちょっと単調に思えてしまう。
 もっとキャラクターや組織を増やして人間関係、勢力図を複雑にするとか、あるいは世界観をもっと『料理』というテーマに寄せて、「この世界の均衡は、美食倶楽部が支配している」とか、ありえない設定にするほうが個性が出そう。いかにもファンタジア大賞っぽいんですが、もっと冒険してもよかった。


posted by 愛咲優詩 at 00:00| 富士見ファンタジア文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。