ダフロン

2007年06月26日

レジンキャストミルク 7/藤原祐

4840238820レジンキャストミルク 7 (7)
藤原 祐
メディアワークス 2007-06

by G-Tools

【連れ去られた芹菜を奪還するため。晶たちは、反撃を開始する。しかし晶を憎悪する無限回廊もまた、次の一手を打っていた。思惑と策略が交差する戦いの先に待ち受けるものとは】

失敗作にも意地がある

まったりほのぼの、しかしてダークな学園異能もの。
ツギハギだらけの日常でも、硝子にとって大切なものとなりつつあるその平穏を守るべく、晶は反撃の機会を探る。
芹菜を奪還すべく仲間達とともに二面作戦を開始するが、
敵もまた、さらなる手駒を送り込んでくる。そして戦いの中で、
彼らは仲間のひとりと永遠の別れを経験することになります。

これまでドヘタレだった晶が逞しくなったよなぁ。
いままで一方的にやられてばかりだったのが、完全に日常と決別したことで、吹っ切れた強さをみせてくれました。
『無限回廊』との戦闘そのものは途中で水が入りましたが、
戦いの主導権は譲らず、精神面でも圧倒していましたね。
というか段々と『無限回廊』の小物っぷりが増していくな。

日常パートは本当にほのぼのしているからこそ、それが崩れたときの不条理ややりきれない思いが際立ちます。
何かを得るためには、何かを差し出さなくてはならない。
しかし芹菜を救うために、今回の晶たちが支払った代償はあまりにも大きいものでした。

失って初めて自分の思いに気づく者。
あと少し力がおよばなかった自分を責める者。
生まれたてた感情に流されてただ泣き崩れる者。
そして仲間の死を無駄にしないために前へ歩む者。
死んでいった者のために残された人々は何ができるのか。
それぞれが抱える切なさ、悲しさが胸に突き刺さります。
異常な世界で生きる晶たちの友情や絆の尊さを感じました。

蜜が犠牲を払って手にいれた虚界渦開放の力。
『無限回廊』の元から解き放たれた良司と芹菜。
度重なる修正により弱まる世界の修正力。そして狙われる芹菜と君子の命は。本物と贋作の決着の行方は。

そんな事柄も絡んで、次回はいよいよ最終巻となります。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[藤原祐] レジンキャストミルク 7
Excerpt: いつ仕掛けてくるかわからないなら、いっそ普段どおりの日常を送るほうが、友人たちを守りやすい。何より、日常を守ることが、晶自身の望みでもあるのだから。連れ去られた芹菜との日常もまた諦めてはいない。 芹菜..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-06-30 08:18

レジンキャストミルク7
Excerpt: レジンキャストミルク 7 藤原 祐〔著〕 メディアワークス(2007.6) 全ての虚軸を消すため動き出した城島樹とその計画の柱となる城島鏡、そして“無限回廊”。彼らの元から森町芹菜を助け出すため、晶..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2007-06-30 09:32

レジンキャストミルク7
Excerpt: 芹菜を連れ戻すため行動を開始した、晶と硝子。無限回廊の許へ攻め込むが、その頃学
Weblog: 忘れられないモノたち@ココログ
Tracked: 2007-06-30 11:06

レジンキャストミルク7 感想
Excerpt: レジンキャストミルク7 感想
Weblog: アマデウスの錯乱?
Tracked: 2007-07-07 21:55

電撃文庫・7月の感想3
Excerpt: ■藤原 祐×椋本 夏夜『レジンキャストミルク?』  ★★★★★ 全ての【虚軸】を消滅させて世界の統合を図ろうとする城島 樹。 その計画の核となった城島 鏡と【無限回廊】。 彼らの企みを阻止するた..
Weblog: 詠み人知らず
Tracked: 2007-07-22 22:34