ダフロン

2017年05月02日

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?/三河ごーすと


あらゆる分野のエリートだけを集めた名門校・獅子王学園。だがその実態は、ゲームの結果ですべてが評価される弱肉強食の学園。裏世界のゲームで常勝無敗の伝説を残しながらも、面倒のない普通の人生を歩みたい主人公・砕城紅蓮は、入学試験で手を抜き、目論見通り最低位のFランクに認定されるが……

 この世界はゲームで支配されている

 ゲームの強さですべてが決まる学園で最底ランクの主人公が下剋上を繰り広げていく学園頭脳バトル。

 さすおに。やはり劣等生のお兄様は格が違った。最下位が最強なのは常識じゃないですかやだー。
 裏のゲームで政治も経済も戦争すらも決まる世界で、最強に君臨していた主人公・砕城紅蓮が、エリート校に入学し、上のランクの生徒が下の生徒を虐げる階級社会をぶち壊していくところが痛快です。
 ゲームで人権を切り売りする世界観がとても狂ってて歪んでて背筋がゾクゾクしてきました。

 裏の世界の権力争いから離れたくて高校に編入したものの、そこは生徒同士がゲームでランク競争を繰り広げる特異なエリート校で、平凡を求めてあえて底辺に身をおく紅蓮の徹底ぶりが滑稽でおかしい。
 そんな兄・紅蓮を敬愛し、家でも学校でもダダ甘やかしながらも、兄を活躍させる舞台を整えるべく暗躍するブラコン妹の可憐の毒舌&腹黒さが、まさにこの兄にしてこの妹あり。この妹がヤバい。

 厄介事を避けるためにわざわざ最低のFランクで入学したのに、ゲームで他人を陥れ人としての人権や尊厳をもて弄ぶ生徒たちの所業を見過ごせずに首を突っ込み、鼻っ柱をへし折っていくから面白いんだ。
 ゲームは基本のルールこそあれ、イカサマやペテンは当然のことながら、超能力のような異能でもなんでもありの卑怯上等のダーティーな勝負だから先の展開が読めなくてドキドキハラハラして手に汗握る。

 リアルな若者と比較したら、野心と欲望で目をギラギラさせてるこの学校の生徒達は嫌いじゃないですね。若い力で社会を発展させてくれそう。ただし行き着く先はディストピアかもしれないのがアレだが。
 一応、トップらしく貫禄はある生徒会長だけど盛大にかませっぽいんだよなぁ。次回あたり本気を出した弟にあっさり負けるか、あるいは大穴で妹がラスボスかもしれない予感がビンビンなんだぜ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449518030

この記事へのトラックバック