ダフロン

2007年06月11日

刀語 第六話 双刀・鎚/西尾維新

4062836319刀語 第六話 双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ)
西尾 維新 竹
講談社 2007-06-05

by G-Tools

【虚刀流の剣士・鑢七花と奇策士・とがめは、蝦夷の踊山へ。十二本の変体刀の中で『重さ』に重点をおいた双刀・鎚を持つ次なる対戦相手は、凍空一族の怪力少女、凍空こなゆき!】
「いいか、とがめはな、おれが惚れたこの女はな、どんな苦境にあったって、たとえ死ぬような目になってさえ、自分の決断を後悔することだけはねえんだよ」

とがめたん、どんだけーwww

四季崎記紀の12本の伝説の刀をめぐる新本格時代活劇。
尋常ならぬ重さの双刀・鎚を自在に操る少女、凍空こなゆき
七花は双刀・鎚を受け継ぐ資格を証明するため試合に挑む。
そして七花はこの旅で初めて敗北を喫することになります。
しかし今回の刀は、予想に反してわりと常識的だった。

とがめたんはおバカけさんだが、そこが可愛い。
「私が死んだら『ちぇりお』を流行らせてくれ」とか、「そなたと出会って復讐の無意味さを悟っt〜」とか、その展開早い早いw
ますます萌え要素の広がる奇策士から目が離せません。
口を滑らせた七花の告白で、二人の仲がどうなるかと心配していましたが、とりあえずは問題にならなくてよかったです。

達人がうっかり素人に負けるってことはありますね。
自分より弱い相手と戦うと、どうしても油断をしてしまう。
そういう経験も七花は初めてだったんじゃないかな。
しかし、マトモな相手なら、さらに鋭さが増してる七花の強さ。
何人もの武芸者の経験を蓄積しているはずの、まにわにの狂犬が軽くあしらわれるという、まさにかませ犬の汚名挽回。

とがめの命令に逆らってこなゆきを生かしたことは、七花の人間性が育まれてきたことの証明ですが、それが弱点になってしまうのではと危惧するとがめの不安がより広がりました。
ただ、本当の弱点は、そうした使い手の不安なんじゃないか。
刀として、人間としてどうあれ。自分に惚れたと言ってくれている七花の愛を信じてやればいいと思いますよとがめたん。

ちょろりと登場しましたが、本当にそのまんまでしたね炎刀。
どうみてもそれは日本刀じゃねぇだろうと突っ込みを入れる私は真庭忍軍には入れませんか?
鳳凰があそこで仲間の首を切ったのはブラフだろう。
言うこと、やることすべてを信用してはいけないのが忍者だ。

さて、刀語もついに折り返し地点。
次回はいよいよ人類最強のお姉様の再来です。
凍空一族を滅ぼしたり(途中寒くなかったのかよ)、死霊山を消滅しまったり(どうして刀の場所が)、それはもう人間じゃねぇだろうという存在に七花はどう立ち向かうのか。

というか、最後の一行が強烈すぎだぁああああ!!
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(8) | 講談社BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[書評][西尾維新][刀語][アクション][和風][★★★]刀語 第六話 双刀・鎚
Excerpt: 刀語 第六話 双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ) 作者: 西尾維新, 竹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/06/05 メディア: 単行本 ストーリー 刀などとは思えないような5本目の刀・..
Weblog: いつも感想中
Tracked: 2007-06-13 08:36

来るんじゃなかったーっっっ!と思わせる感想を目指して/西尾維新『刀語 第六話 双刀・鎚』/感想
Excerpt: 「否定するわよ」  女は言う。 「わたしは否定する。奇策士とは違う、それがわたしのやり方――わたしは何も肯定しない。わたしはわたしさえも認めない。現実も現状も現象も――限界も限定も限外も、..
Weblog: かもめは本を読まない。
Tracked: 2007-06-13 21:42

刀語(6)
Excerpt: 刀語 第6話posted with 簡単リンクくん at 2007. 6. 6西尾 維新著講談社 (2007.6)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る これ、川獺は絶対..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2007-06-14 00:26

刀語 第六話 双刀・鎚
Excerpt: 賊刀・鎧の持ち主だった海賊団の船長に騙されたのかなんなのか、尾張に向かうはずの
Weblog: 忘れられないモノたち@ココログ
Tracked: 2007-06-17 15:50

刀語 第六話 双刀・鎚
Excerpt: 今日は久しぶりに更新が できる暇ができた。ようやく ブログを更新できる程度の 休みがきた感じだ。就活は 学校で授業がある日より 大変だ。 刀語も六作目になり折り返し 地点になりました。十二ヶ月 連..
Weblog: いつまで続くか黄金の意思!!
Tracked: 2007-06-23 17:00

[西尾維新] 刀語 第六話 双刀・鎚(カナヅチ)
Excerpt: 奇策士たちと手を組んだしのびの衆、真庭忍軍。だが、情に厚い真庭狂犬は、仲間を殺した憎むべき敵と手を組むことを許せなかった。奇策士との衝突は避けるが吉と判断した鳳凰の言葉を無視して、狂犬は単身とがめたち..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-06-26 08:52

刀語 第六話 双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ)
Excerpt: 月一冊ペースの本なので今月中に書きたかったのですが学校が忙しくてこんなギリギリになりました。 人気シリーズ刀語の第6巻です。 今回の舞台は蝦夷、先月が薩摩なのでものすごい移動距離です。 そして今..
Weblog: Magneの領域-Magnetic Field-
Tracked: 2007-06-30 21:27

『刀語 第六話 双刀・鎚』 西尾維新
Excerpt: ちなみにわたしの強度は障子紙なみだ。躓いて転んだだけでも死ぬ自信があるぞ。兎に襲われても負ける自信がある。 「とがめはな――どんな苦境にあったって、自分の決断を後悔することだけは..
Weblog: 48億の個人的な妄想
Tracked: 2007-07-20 01:32