ダフロン

2015年09月16日

魔法少女育成計画 ACES/遠藤浅蜊

4800245869魔法少女育成計画 ACES (このライトノベルがすごい!文庫)
遠藤 浅蜊 マルイノ
宝島社 2015-09-10

by G-Tools

盟友リップルの行方を探しながら、「魔法少女狩り」としての活動を続けるスノーホワイトに、「魔法の国」の国の中枢たる「三賢人」の一人から呼び出しがかかる。指定された屋敷に赴いたスノーホワイトを待ち受けていたのは、高貴そうな雰囲気を身に纏った、幼い外見の少女だった。

PRtag.jpg

 悪魔は笑顔でやってくる

 本物の魔法の力を得た魔法少女による理不尽で無慈悲なマジカルサスペンスバトル。

 祝アニメ化! ずっと前から期待してた! はい、本当にアニメ化できるとはカケラも思ってませんでした
 魔法少女の重鎮「三賢人」から呼び出されたスノーホワイトが、「魔法の国」にとって重要な儀式の鍵となる少女の護衛を依頼され、様々な勢力の思惑がぶつかり合う陰謀劇に巻き込まれる。組織のパワーゲームのコマとして、使い捨ての道具のように不毛な争いで命を散らしていく魔法少女たちの悲鳴と慟哭が美味しい(ゲス

 この世界は仲間思いのイイ奴から死んでいく。殺し合い始まってんのに甘っちょろいこと言ってる子は、「あ、死にそう」って思ってしまう。ブルーベル・キャンディさん表紙は死亡フラグや、次あたりヤバイですよ!
 でも、役立たずは意外としぶとい。ツンデレ属性も生存率高い。そして仲間が死んでから後悔する、これよ! 親友を失って絶望するツンデレ! これが味わいたかったんだ! 今回も期待を裏切らない酷い展開だ!

 うるるや宇宙美のように魔法の概要だけ読むと、どうやって戦いに活かすのかわからないような能力でも、戦いが始まってみると思ってもみない戦いぶりを見せてくるから展開が読めなくて、良くも悪くも盛り上がる。
 政治という本人たちの意思とはかけ離れたところで人生を左右されるデリュージやシャドウゲールの姿が不条理だ。プフレのクールな酷薄さは好きなんだけど、綱渡りを進んで挑んでいくから危なっかしいんだよなぁ。

 「三賢人」はわかっていたけど悪い人だった。トップの人格からしてダメなんじゃん「魔法の国」。
 スノーホワイトとリップルの再会の後味の悪さときたら、なんのために魔法少女たちが命をかけていたのかと思ってるんだ! 彼女たちの苦労を台無しにするフレデリカさんマジゲスの極みいいぞもっとやれ!
 よく考えるとロクに事態が好転も悪化もせずに、人が死んだだけだった! リップルさんの悪堕ちに期待。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | このライトノベルがすごい!文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426209879

この記事へのトラックバック