ダフロン

2015年05月09日

まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 3/>紫炎

4800240530まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 3 (このライトノベルがすごい!文庫)
紫炎 武藤 此史
宝島社 2015-05-09

by G-Tools

ツヴァーラでのトラブルを解決し、ティアラやルイーズらをパーティに加えた風音たち一行。さらにダンジョンでは巨大猫の召喚獣を仲間に加え、ますますカオスっぷりを増したパーティに、ミンシアナ王国の現女王から呼び出しがかかった。首をかしげながら王都へ向かった風音たちの前に現れたのは、驚くべき人物だった。

PRtag.jpg

 女王陛下のお気の向くまま

 異世界にやってきた少女が魔物のスキルを奪って成り上がるハイパーラーニングファンタジー。

 元の世界に帰ることそっちのけで、この世界にハマっている風音のゲーマー女子っぷりが面白可愛かった。
 ミンシアナ王国へと戻ってきた風音と弓花が王宮から召喚状を受け、女王となっていたかつてのゲーム仲間ゆっこ姉と再会し、王宮の政治闘争やらドラゴン退治やら新たな騒動に巻き込まれていく展開が飽きさせない。
 今回も相変わらずのまのわ(まったり、のんびり、わきあいあい)なファンタジーライフが楽しかった。

 温泉入ったり、ダンジョン潜ったり、魔物倒したり、温泉入ったりして脇道にそれまくりながら異世界を漫遊している風音たちの冒険者生活が自由でいいです。てか、コイツら温泉入ってばかりだな! 温泉回だったか
 召喚獣や新型ゴーレムの開発やら、どんどん新システムが出てくるし、公式MODもありで自由度の高いゲームですね。ただ複雑すぎてキャラ育成に失敗する弓花のような素人もいるし、運営は調整してるんですかねぇ。

 懐かしのゆっこ姉との再会にほろり。ラスボスじゃなくてよかったー。しかし、この女王、腹黒である。
 単にレベルが高いというだけでなく政治の駆け引きや人間の扱いが世慣れている。異世界にやってきて相当の歳月が経っているし、王子も生まれていて、すでにこの世界が彼女の現実になっているんだろうと感じる。
 風音と王子のお見合いがドラゴン退治とは、さすがファンタジー……いやいや、ないでしょう。どうなるか

 巻末の達良くん編も風音と違うスキルを駆使してこの世界を攻略していく達良くんのプレイスタイルが面白い。ややチート気味ですが、本人のスキルよりも密かに陰謀を巡らせて戦力を蓄え、味方を集め、政権奪取を狙う用意周到な計画性こそが彼の強みであり魅力ですね。っていうか、風音本編は次回ドラゴン退治で期待感上げて続いているのに、短編でドラゴンが雑魚化してしまった。こりゃ次の巻も日常系ファンタジーだな。うん、それがいい
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | このライトノベルがすごい!文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418734451

この記事へのトラックバック