ダフロン

2015年04月28日

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの?/伊達康

4040674812結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (MF文庫J)
伊達康 そりむらようじ
KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-04-24

by G-Tools

魔法を操る竜人が現れたことで大陸の人類は滅亡寸前にまで追いやられていた。とある村を守る剣聖女・メルシオーネは、ある日ヒノモトから来た“シノビ”サビトと出逢う。常識外れの剣の技量と魔法にしか見えない奇妙な術―ニンポウ―を操り

 ドラゴン殺すべし慈悲は無い

 竜人によって人間たちの王国が滅亡し、亜人に支配された大陸でニンジャが出て殺す痛快ファンタジー

 ニンジャとドラゴンが同一作品内に登場するなんともミスマッチなアトモスフィア、ニンジャナンデ!?
 魔法を使い強靭な肉体を持つ竜人の侵略によって国家が瓦解した大陸で、交流の途絶えた人間の集落を旅して人助けをして回る女騎士メルシオーネと極東の島国ヒノモトから来た忍者サビトが出会い、襲い来る亜人たちと力を合わせて戦いながらお互いの関係を深めていく姿が初々しくてシリアスでもニヤニヤしてしまいました。

 剣の腕は確かで銀髪巨乳の凛々しい美少女騎士という見た目にも関わらず、男の視線にどこか無防備で危なっかっしいメルシオーネがカワイイヤッター! 優しくて料理上手という理想の嫁さんキャラが奥ゆかしい!
 サビトもシノビとして冷徹で無情なキャラを作っているものの地は意外と人間臭い少年で、メルシオーネの手料理を食べたり、ラッキースケベなんかもあったりして次第に打ち解けていく二人がラブコメでした。

 しかしメルシオーネが竜人の血をひく竜落子であることが村人にバレて、これまで村人のために命を張って戦ってきにもかかわらず、凝り固まった偏見によって憎まれたり、厭われてしまう光景がやるせない。
 少なからず理解者はいたものの、戦いの中で失ってしまい、村を追い出されることになっても、それでも恨まず責めず、竜人を倒すという自分の使命と向き合うメルシオーネが気高くてお人好しでカッコイイんだ。

 恋愛はしないと言っていたのに、サビトに恋をしてから、吹っ切れたかのようにデレデレじゃねぇか! チョロいくせに愛がめちゃめちゃ重いんですが、まあ結婚願望こじらせ女子に恋人ができるとこうなるよね。
 ここまでニンジャの強さを見せられるとドラゴン程度は相手じゃない気がするなぁ。結局、ニ万の軍勢を実質二人で壊滅させてしまったわけだしなんだこのニンジャ無双、このゲームやりたいです。
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418108930

この記事へのトラックバック