ダフロン

2015年03月28日

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 3/羊太郎

4040705157ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)
羊太郎 三嶋 くろね
KADOKAWA/富士見書房 2015-03-20

by G-Tools

魔術競技祭後、学修旅行の行き先をクラスに告げたグレンは、男子生徒から神と崇められていた。その理由、ロクでなしを神とまで高めたその旅行先は…リゾートビーチで有名な離島。水着、お泊まり―。グレンに焚きつけられた男達は女子の露わな姿を求め、帝国軍顔負けの作戦を計画し…!?

 進撃の戦車娘

 水着回! 普段の制服からして水着と大差ないへそ出しだけど。改めてデザイナー頭おかしい(褒め言葉)
 ルミアの護衛としてグレンのクラスに転校してきたかつての同僚リィエルのマイペースな天然ぶりにクラスメイトたちが振り回されつつ、授業や学修旅行を通じてお互いに馴染んでいく様子が和みました。
 個人的には面白いと思っているんですが、3巻の打ち切りの壁を越えられたことにとても驚いている。

 外道魔術師の実験台として育てられた少女リィエルは、その境遇から情緒や一般常識に疎いところがあり、転校早々、常識外れの異才を見せてクラスメイトから怖がられ引かれてしまうのですが、ルミアとシスティーナを始めとした生徒たちが積極的に交流を持ちかけてくれて、次第に受け入れられていく光景が心温まりました。
 無表情で人形のようだったリィエルも少しずつ人間味を感じられるようになっていく姿が初々しかったです。

 「学修旅行」としてビーチリゾートのあるサイネリア島へやってきて、水着の女子を前に燃える男子陣のはしゃぎっぷりが可笑しい。いや、気持ちはわかる。水辺で戯れている女の子たちが可愛くて本の中に入りたい。
 しかし、折角みんな平穏に楽しんでいたのに空気を読まずにリィエルの地雷を踏み抜くグレンの朴念仁ぶりにはまいりますね。まあ以前のグレンは自分のことで精一杯だったろうし仕方がないのかもしれませんが……。

 いつまでもそんな態度じゃ、そのうち女の子に背後から刺されるぞと思っていたら案の定で、ブッスリってレベルじゃねーぞ! 魔術師として危機感が足りないってドヤ顔してた人の見事なブーメランを見てしまった。
 次巻で禁忌教典の謎が描かれてシリーズ完結するくらいかな? コミック化したらしいですが、シリーズを長期で引っ張るほどのネタに乏しいのが難点なんですよね。もうちょい世界観を広げていけばいいのになと思う。
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | 富士見ファンタジア文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416428175

この記事へのトラックバック