ダフロン

2015年03月18日

のうりん 10/白鳥士郎

4797382333のうりん 10 ドラマCD付き特装版 (GA文庫)
白鳥 士郎 切符
SBクリエイティブ 2015-03-13

by G-Tools
今日はみなさんに、とっっっても残念なご報告があります。わたし、戸次菜摘は――結婚
します!!男子生徒のみんな~! 先生が人妻になっちゃって落ち込むのは仕方ないけど、元気出さなきゃダメだゾ! だってだってぇ、これから始まる『インターンシップ』で、いろぉ~んな仕事を体験しなきゃならないんだからね☆

 夢に向かって人は育つ

 元・超人気アイドルと純朴な田舎者の少年の農業学園ラブコメディ。

 今回も感動した。特にラストシーンでベッキーが独身沼に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった。
 二学期も終わりに近づき、インターンシップで地元企業の研修に参加した耕作たちが、様々な業種に携わる人々の仕事ぶりを体験して、自分たちの夢や将来について思いを巡らしていく姿に考えさせられました。
 作者の白鳥先生が書きたかったと言っていた登場人物たちの進学や進路を描くパートが始まりました。

 のうりんのホモネタはノルマ。バイオ鈴木のホモ年表は歴史レイプもいいところだけれど、萌え参考書があるならホモ参考書があってもいいのか。女性は歴史好きの歴女多いしホモ参考書、売れると思います。
 ベッキーのお見合い会場に唐突に『らじかるエレメンツ』のキャラが乱入してきて懐かしすぎる。ほとんど忘れてしまっていたけど、そうそうこういうキャラだったわーと、同窓会で友人に再会した気分になりました。

 インターンシップで企業を訪問し、知られざる仕事現場を垣間見て、牧場の牧歌的なイメージや農協の独善的なイメージが良くも悪くも変わり、目立たない所で生活を支えている役所には本当に頭が下がりました。
 農業大学校や大学農学部もそれぞれのアプローチで農学生の可能性を引き出そうとしていて、どこの職場や学校も魅力的でやりがいがある仕事や学びたい事が多くて、耕作たちではありませんが進路に悩みますね。

 しかし、農業系求人募集は少ないという実情に愕然としました。農業は生活に不可欠なものなのに、つくづく常識からかけ離れた産業になっているんだなと改めて思いました。どこで間違ってしまったのだろうか。
 そしてベッキーの恋愛観も、どこで間違ってしまったのだろうか。スペックは高いし、普通にしていれば結婚できると思うんだよなぁ。毎回扱いが酷いだけにいたたまれない。最終巻までには幸せになって欲しい。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415867405

この記事へのトラックバック