ダフロン

2015年03月11日

Vermillion 朱き強弓のエトランジェ 2/只野新人

4800238323Vermillion 朱き強弓のエトランジェ 2 (このライトノベルがすごい!文庫)
只野 新人 フルーツパンチ
宝島社 2015-03-09

by G-Tools

VRMMO【DEMONDAL】そっくりの異世界に転移してしまったケイとアイリーン。タアフの村での騒動を片付け、城郭都市サティナへたどり着いた。物資補給と情報収集を進めるうち、街の暗部を垣間見、そして知り合った子どもの誘拐事件に直面したアイリーンは走りだした。その先に待つ苛酷な現実も知らず

PRtag.jpg

 殺意なき刃は死を招く

 ハードコアMMORPGに似た異世界へやってきてしまった二人の異世界転移ファンタジー。

 アイリーンがかっこ可愛くて惚れました。守られているばかりじゃない、戦うヒロインは素晴らしい!
 大都市サティナに到着したケイとアイリーンが木工職人の一家と知り合うが、滞在中に一人娘の誘拐事件に遭遇し、少女を助けるため、犯罪組織のアジトに潜入する姿が緊迫感溢れてハラハラして手に汗握りました。
 VRMMOものというか、もう異世界ファンタジーといったほうがいいのですが、このシリアス感がたまらない。

 タアフの村からの手紙を届けに木工職人モンタンの店へ行き、彼の創作した特殊矢に魅了されるケイの気持ちわかるわー、男はこういうの好きだよね。でも、ゲームだった頃は、この手の矢ってなかったんでしょうか。
 アイリーンはアイリーンで奥さんや娘のリリーと親しくなって姉妹のように仲睦まじい姿が微笑ましいっすなぁ。美少女なのにボーイッシュでやたらに無防備なアイリーンはケイでなくとも男心にクるものがあります。

 リリーが誘拐されたことを知りながら無視を決め込もうとするケイに啖呵を切って一人で救出に向かうアイリーンの純粋さが眩しいですね。この世界に来てからの人殺しや、他人を見殺しにする行為をアイリーンを守るためと正当化して、罪悪感を誤魔化してきたケイにはいいお灸になった。アイリーンを言い訳にして溜め込みすぎて引き返せなくなる前に、早いうちに自分の悪心と向き合う事がケイには必要だったと思います。

 一方でまだ人を殺す覚悟のないアイリーンは、せっかく暗殺スタイルのスキルを持っているのに手加減して誘拐犯たちを殺さずいるから、不意の反撃を食らってしまって窮地に陥ってしまって目も当てられない。
 二人共、もう少し力を合わせてくれよぉと、無鉄砲に単独行動を取ってしまう二人の危なっかしさにヒヤヒヤする。次はついに黒幕の犯罪組織が動くようですが、ケイとアイリーンにどう関わっていくのか。期待です。
posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | このライトノベルがすごい!文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415460765

この記事へのトラックバック