ダフロン

2015年02月19日

天使の3P!×5/蒼山サグ

4048692577天使の3P!×5 (電撃文庫)
蒼山サグ てぃんくる
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-02-10

by G-Tools

お互いを意識し始めた響と桜花。そんな中、学園祭でのクラスの出し物担当になってしまった響のことを桜花も気にしてくれているのだが、ぎくしゃくは続いたままで―。案を練る響を応援しつつ、学園祭を楽しみに待つ潤たち。そこにキッズバンドフェスの話が舞い込んできた。さらなる成長を目指し、動き始めた結末は

 迷ったときは小学生を見つめよ

 動画サイトでボカロPとして活動する男子高校生とバンド少女たちのロックンロール・ラブコメディ

 ついにライブしなくなった! 幼女とデートしてるだけだこれ! それもよろしいんじゃないでしょうか。
 些細な一言で桜花との間に気まずい空気を抱えてしまった響が、コンテストを目指し作曲作りに励む少女たちを指導する一方で、彼女らの助けを借りながら桜花の気持ちと正面から向き合う姿が心温まりました。
 引きこもりから一気に女子に囲まれるリア充にクラスチェンジしてるんだけど、これが音楽の力か!

 部活動に入ってないことを理由にクラス展示の代表者を任されてしまう響の境遇が「ぼっちあるある」ですが、それにしても周囲も丸投げもいいところで助けを求められる友達も少ない元引きこもりにはキツイなぁ。
 唯一、頼れる桜花とはぎくしゃくとした関係が続いていて、さいわい優しい女子陣の助っ人が現れて二人の仲を取り持とうとしてくれるのだけれど、そのお節介に意固地になってしまう桜花の乙女心がもどかしい。

 キッズ限定のライブコンテストに出場するため、『リヤン・ド・ファミユ』と貴龍率いるライバルバンドに作曲指導を始めるのですが、『道に迷ったら小学生を見つめよう』とか、真面目なシーンでさらりと上級者発言が飛び出してくるから侮れないな。小学生優秀すぎて、響きがあっという間に追い抜かされてデート相手くらいしか役割が回って来なくなるんじゃないかと危惧している。というか、響さん女子小学生とデートしすぎぃ!

 響と仲直りをして関係を少し進めて、このシリーズにおける本妻の座をかろうじて死守した桜花ですが、ヒロイン勢では希美の方が精神年齢高くてお姉ちゃんしていて、むしろ読者としては希美の株が上がったのでは。
 お互いの新作発表とバンド対決は次回へ持ち越しとなりましたが、外部でのライブに出て行くとなると、また新しい幼女が登場してテコ入れする可能性もありえそうだなぁ。次は小学生の学校行事もやろうそれがいい。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414400298

この記事へのトラックバック