ダフロン

2014年11月09日

アルジャン・カレール 革命の英雄、或いは女王の菓子職人 下/野村美月

4047299766アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈下〉 (ファミ通文庫)
野村 美月 マニャ子
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-10-30

by G-Tools

若き女王ロクサーヌの治める平和なフロリア。王都の片隅の小さな菓子屋には、今日も劇作家がやっかいごととともに駆け込んでくる。そんな平和な日々が、不意に揺らぎ始めた。フロリアの守護神、バルトレオン将軍の遠征失敗によって。フロリアは再び混沌に呑まれるのか―。

 お菓子の城の女王

 女王の菓子職人として後に"菓聖"と呼ばれることになる青年のヒストリカル・ファンタジー

 スイーツ女王ロクサーヌのお菓子外交のターン! アルジャンのお菓子は戦略兵器だったか。
 バルトレオン将軍の遠征失敗により周辺国から非難が殺到し、窮地に追い込まれたフロリアの難題を、天才菓子職人アルジャンとロクサーヌが力を合わせて乗り切る外交術の駆け引きに引きこまれました。
 お菓子で創りだした世界に現実で捨て去った夢や希望を見つける人々の姿に心がときめきました。

 近々隣国に大公妃として嫁ぐ伯爵令嬢シュゼットとアルジャンが深い仲なのでは?と、早合点で暴走するオーギュストが頓珍漢でコミカルで、でも、当の本人たちが抱える真相は思いのほかビターでホロ苦かった。
 アルジャンに強く惹かれながらも本当の関係を公表できず、長い間、一人で思いを募らせるシュゼットの叶わぬ恋に胸が締め付けられそうになりますね。輿入れする彼女に贈ったお菓子がまた涙を誘うんだ……。

 堅物のバルトレオン将軍とアルジャンの鉄面皮同士の男二人が、宮廷の片隅でお菓子のやりとりをしているシーンで思わずニヤニヤ。オーギュストとの友情話も、ツンデレ男って奴はこれだから最高だぜ!┌(┌^o^)┐
 外交交渉の席で周囲の大使から叱責を受ける度に、アルジャンのお菓子を給仕してその場の主導権を握るロクサーヌのお菓子外交は痛快だった。戦争という野蛮な行為に美食文化で立ち向かう姿が皮肉めいて面白い。

 パフォーマンスと味覚で理性を翻弄され続けた各国の代表が有利なはずの外交勝負で負けてしまったのも仕方がない。いつの間にか外交会議をお菓子品評会に変えてしまったロクサーヌが一枚上手でした。
 アルジャンがロクサーヌとの約束をこういう形で実現させるとは驚きでした。すでに菓子職人の技術じゃない! 続いて欲しかったのですが、これ以上はお菓子ではなく二人のイチャイチャで胸焼けしそうですね。

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408642214

この記事へのトラックバック