ダフロン

2014年08月20日

落第騎士の英雄譚 5/海空りく

4797377542落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)5 (GA文庫)
海空 りく をん
SBクリエイティブ 2014-08-15

by G-Tools

暁学園の強引な参加表明により、波乱含みとなった七星剣武祭。それでも、夢見た大舞台を前に、黒鉄一輝の心は高揚していた。平然と大会参加者に交じる暁メンバーや、ステラの到着遅れといった不安要素がありつつも、前回七星剣王・諸星雄大との交流を経る。だがそんな彼の前に“風の剣帝”黒鉄王馬が突如現れる。


 譲れない戦いがそこにある

 才能のない落ちこぼれの最弱騎士が、意地と努力で頂点に駆け上がる学園異能バトル・アクション。

 前回七星剣王・諸星雄大。めっちゃイイ人だった。それなのに主人公…もうチートや! チーターや!
 全国から強豪が集う憧れの舞台、七星剣武祭にやってきた《落第騎士》・黒鉄一輝が、前回七星剣王・諸星雄大と親交を深めつつ、彼が過去に味わった苦難と挫折のエピソードに目頭が熱くなりました。泣かせんなよ!
 選手それぞれが意地や努力を抱き、誰かの思いを背負っている戦っている。だからこそ熱いんだ!

 初っ端から因縁のある暁学園の選手たちと遭遇した一輝ですが、ブラコン妹・雫の暴走っぷりのほうがヤバくね。ランク評価に惑わされず一輝の実力を見抜き、強敵として認める各校の選手たちに好感が持てた。
 諸星雄大の浪速っ子を絵に描いたような陽気なキャラも爽やかで好ましく写りました。過去に負った重傷から過酷なリハビリを乗り越えて復活し、努力の末に頂点に上り詰めた彼の人生にもドラマがありますね。

 大切な試合の前夜、兄・王馬と遭遇し、突発的な戦いの最中、正体不明の体調不良に陥った一輝の戸惑いや疑問は、これまで怯むことなく戦いに望んでいた彼らしくなく、こちらの気を揉ませてくれましたね。
 諸星雄大の騎士としての有り様だけでなく、妹へかける愛情も素晴らしい。妹が誇れる兄貴としてボロボロになりながらも諦めず勝利に食らいつき、最後まで意地と執念を見せる姿が最高に格好よかった!

 それに引き換え、一輝はチート覚醒にもほどがあるやろ……。あそこまで圧倒しちゃったら、今後の諸星くんが「七星剣王(笑)」とか言われちゃうんじゃないだろうか。もうちょっと手加減してあげてよ!
 ただまあ、今回の対戦相手は相性が良かったというのもありますけど、物理攻撃効かない相手が出てきたらどうすんだろう……。さて、次回はステラのターン! 今回一冊まるごと空気嫁だった彼女の華麗な活躍に期待!

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404076547

この記事へのトラックバック