ダフロン

2014年08月01日

艦隊これくしょん 艦これ 陽炎、抜錨します! 3/築地俊彦

4047297690特装版 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!3 (ファミ通文庫)
築地 俊彦 NOCO
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-07-30

by G-Tools

E海域の攻勢作戦で大きな戦果を挙げた陽炎たち第十四駆逐隊。だが依然として深海棲艦との攻防に終わりは見えなかった……。そんな中、秘書艦・愛宕から第十四駆逐隊に告げられた命令はリンガ泊地への転属! あくまで一時的な転属ということで南方へ赴いた彼女たちを待っていたのは、

 駆逐艦娘たちの夏休み

 熱血艦娘・陽炎と落ちこぼれ駆逐艦娘たちが繰り広げるガールズファイトアクション。

 また陽炎さんは可愛い女の子とみればすぐに口説く……。相変わらずジゴロでイケメンっすわ。
 リンガ泊地への一時的転属を命じられた陽炎たち第十四駆逐隊が、南の島で束の間のバカンスとキャンプ気分に興じつつ、リンガ泊地を狙う深海棲艦の脅威に身体を張って立ち向かう姿が胸を打ちました。
 自分達以外に頼れる艦隊がいないなか、駆逐隊だけで戦うことになった陽炎のリーダーシップが輝く。

 曙のツンデレっぷりやべぇ! 何かと意地を張ってツンツンしていた曙も、今ではすっかり陽炎にデレて、ツンツンしつつも戦闘では彼女の身を本気で心配して、仲間として受け入れている姿が微笑ましいですね。
 転属を命じられてリンガ泊地へやってきたものの、叢雲とあきつ丸の2名しか配属されていない閑所で、浜辺で泳いだり、海の幸を獲ったりしてほのぼのしますねぇ。水着の女の子たちがイチャつく光景はいいものだ。

 のんびりしていたリンガ泊地周辺の海域で深海棲艦の影が見え隠れし始め、横須賀鎮守府の提督や愛宕が、陽炎たちをここに派遣した本当の理由が明らかになるのですが、それならそうと言ってくれてもいいのに。
 老提督と叢雲はリンガ泊地と運命を共にする覚悟だったみたいですが、そこまでせんでもよくないですかね。けれどそれで陽炎の魂に火がついて、徹底抗戦の覚悟を決めるのは、もしや提督はここまで読んでいたのか。

 ローテーションを組んで効率的な戦闘を深海棲艦に仕掛けつつも、徐々に仲間達が疲弊して、修復材も尽き、リンガ泊地の近隣まで追い詰められていく防衛戦は、読んでいる間に幾度と無く嫌な汗をかいてしまった。
 曙に勝るとも劣らない叢雲のツンデレっぷりや、生真面目なあきつ丸の意外な活躍が見物でしたね。鈴谷と熊野はもうちょっと出番が欲しかったかも。さて次回はどの艦娘が出て来るかな。あと装備追加してあげて…

posted by 愛咲優詩 at 00:00 | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403054011

この記事へのトラックバック