ダフロン

2014年01月27日

さて、異世界を攻略しようか。/おかざき登

4040660390さて、異世界(ゲームガルド)を攻略しようか。 (MF文庫J)
おかざき登 ぺこ
KADOKAWA/メディアファクトリー 2014-01-23

by G-Tools

重度のゲーマー高校生・志度義弥は、いつものように妹とゲームをしていたところ、突如異世界へと飛ばされてしまう。さらに混乱する彼の上に、密かに憧れていた美少女転校生・柚比坂杏奈まで落ちてきた。ゲームガルドと呼ばれるこの世界から、現実世界へ帰るため、2人は100年間解かれていない『クエスト』に挑むことに。

 不可能クエストの謎を解け

 ゲームのような異世界ゲームガルドに召喚されたゲーマー少年が難関クエストに挑む異世界ファンタジー。

 女性は全員ほぼ全裸のビキニアーマーが普段着の異世界とか、頭おかしいんじゃねぇの(褒め言葉)
 異世界ゲームガルドへ召喚されたゲーム廃人の主人公・義弥が、元の世界に帰るため問題児ヒロインたちとともに難攻不落のグランドクエストに挑戦する過程で繰り広げていくラブコメ展開が美味しかったです。
 流行りのゲーム閉じ込められ系かと思えば、謎解きでした。この異世界作った開発者、性格悪いな!

 元の世界ではゲーム以外に取り柄のない劣等生だった義弥(ヨシュア)が、異世界に召喚されて早々100年間誰も解くことができなかった難関クエストの謎をあっさりと解いて周囲を驚かせる姿が痛快でした。
 共に異世界に召喚され、密かに恋心を抱いていた美少女転校生・柚比坂杏奈の腹黒い本性を知り、想いも冷めるのですが、本音でぶつかる関係になって、次第に努力家で妹思いの一面が見えてくるにつれ惚れ直した。

 脳筋戦士のシェリス、暴発魔法使いのティーナと、能力に難のある問題児とあえてパーティを組むヨシュアの選択は大賛成ですね。パーティの仲間に大切なのはパラメータの高低じゃない、愛嬌と可愛さですよ!
 能力的にはパーティのお荷物ですが、クエスト内容を検証して、実証して、ヒントを見つけて攻略法を見出していくヨシュアの謎解きがわくわくしました。本来RPGの魅力は無双じゃなく、こうした謎解きなんだよなぁ。

 RPGというよりはむしろ『MYST』か。プレイヤーを思い通りに動かしたい運営側と楽したいために裏技を編み出すプレイヤー側との知恵比べ。そんなRPGの本質を抜き出したアンチ無双となっているように思いました。
 ところでヨシュアの不運体質には何か理由はないのだろうか。不運はラノベ主人公の嗜みかもしれないが、理由も無く、都合よくポンポンと不運に見舞われていれば、それはそれで鬱陶しいし、不自然に浮いてるような。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386206922

この記事へのトラックバック