ダフロン

2013年09月06日

俺の教室にハルヒはいない/新井輝

4041007194俺の教室にハルヒはいない (角川スニーカー文庫)
新井 輝 こじこじ
角川書店 2013-08-31

by G-Tools

流され体質の裕の席は「涼宮ハルヒ」のキョンと同じ位置。しかしハルヒが座るはずの席はずっと空席のまま。ある日声優への道を歩み始めた幼馴染カスガを送った裕は、偶然出会ったアニメ脚本家マコトに食事に誘われ?

 ただの人間にもできること

 ごく普通の男子高校生が、ひょんなことから業界のディープな裏事情に巻き込まれていく学園青春ドラマ

 平凡だ、無個性だっていうけれど、ライトノベルの主人公なんてみんな平凡じゃないの。平凡イズベスト!
 普通の男子高校生・ユウが、些細な出来事からアニメ業界の人々と知り合い、普段は幼馴染や同級生と何気ない日常を過ごしつつ、隠れてアイドル声優と友達になってと二重生活を繰り広げる展開に胸が踊った。
 『涼宮ハルヒの憂鬱』のオマージュと聞いて、どんなパロディかと思ったらガチの学園青春ドラマでした。

 『涼宮ハルヒの憂鬱』の「キョン」と同じ立ち位置、流され体質で、どこか達観している性格のユウだけれど、望む望まざるに関わらず、平凡な高校生からすれば夢のような展開へと流れていくから羨ましい。
 疎遠になっていた幼馴染・カスガの「声優を目指している」という告白から、再び一緒の時間が流れ始め、さらにアニメ脚本家のマコトさんと知り合い、徐々にアニメ業界に関わっていくところが興味をそそられる。

 凡人故に「涼宮ハルヒ」の名言「ただの人間には興味ありません」が心に突き刺さって、アニメに苦手意識を思っていたものの、ガンダムUCや水樹奈々を知るにつれて関心がわき上がっていく光景が微笑ましい。
 自分は没個性だと思っているユウだけれど、人気アイドル声優であるアスカには、ユウの「普通の人間」という要素が何よりも大切で、仕事抜きのプライベートの友達として友情が芽生えていく姿が初々しかったです。

 幼馴染として気のおけない関係のカスガがいじらしく、ぼっちでユウにすがるアスカも愛らしかった。
 ダブルヒロインものだけれど、案外、清澄の存在がダークホースになってきそうな気がしますね。
 人気声優アスカとの関係は秘密であるため、表では幼馴染のカスガを応援しつつ、裏ではアスカにも頑張れと言い、両方にいい顔をしてダブルスタンダードに陥ってしまったユウの今後の修羅場に期待。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 角川スニーカー文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374137338

この記事へのトラックバック