ダフロン

2013年09月05日

サイコメ 3 殺人希と期末死験/水城水城

4047290963サイコメ 3 殺人希と期末死験 (ファミ通文庫)
水城水城 生煮え
エンターブレイン 2013-08-30

by G-Tools

仮釈放の懸かった期末試験も近いある日、転校生がやってきた。異例の入獄となった人物は神谷綾花! 「やっと会えたね、お兄ちゃんっ! 」と笑顔の妹に京輔は愕然。しかし、兄に会いたいがため殺人未遂を起こしてしまった綾花の心境を知り、京輔は深い自戒とともに周囲の殺人鬼から綾花を守る決意をする。

 兄と妹の壊れた世界

 殺人犯を集めた更正学院に冤罪で入学した少年が繰り広げる学園サイコパス・コメディ。

 妹ちゃんキタ━(゚∀゚)━! ヤンデレだよヤンデレ! 散弾銃で兄に群がるメス豚共をぶち殺すよ可愛い!
 兄・京輔の後を追い掛け、殺人未遂を起こしてまで学園に編入してきた妹・綾花が、鋭利や煉子たちに嫉妬の炎を燃え上がらせるド修羅場に興奮が止まらない! この展開をずっと待っていたんだよおおおおおお!!
 京輔を巡るヒロインたちの恋の争奪戦に最大の障害が現れ、大荒れになっていく物語から目をそらせない。

 明るくて無邪気な甘えん坊で、どこからどうみても可愛い理想の妹・綾花ですが、度を越したブラコンで、ちょっと対応を謝れば一転して手の付けられないヤンデレモードに切り替わる、この緊張感がたまらない。
 再会した兄の周囲にハーレムができていて、鈍感な京輔が気づかないところで綾花の地雷を踏みまくって、瞳のハイライトがどんどん失われていく光景が、読んでてゾクゾク、ガクブルしてイッツ!エクスタシィー!

 鋭利や煉子、舞耶たちは綾花となんとか打ち解けようとするんだけれども、綾花にとっては兄以外はどうでもいいゴミのような存在で、仲良くしようと近づくたびに摩擦が生まれてしまうジレンマがもどかしい。
 ついには嫉妬で女性陣に手をかけようとして、てっきり京輔が洗の…説得するものだと思ったのに、煉子がまともなこと言い始めて、お前がやんのかい! そういう口先解決法は、ラノベ主人公の仕事やで!

 まさか和解してデレるとは予想外でした。論破されるとデレる法則あるな。綾花相手にはいつもの馬鹿力も振るうことが出来ず、綾花が絡むと無能化する。学園内で無双していた京輔も弱点を抱えることになりました。
 殺人機械として育てられながら、人間性が芽生えつつある煉子の今後の成長が気になり始めました。次回は、煉子の母登場ですが。でも、あとがきを読むと鋭利のメインの話なのか。打ち切りは免れたぽいので一安心。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374043037

この記事へのトラックバック