ダフロン

2013年08月26日

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5/渡航

4094514341やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5 (ガガガ文庫)
渡 航
小学館 2013-08-20

by G-Tools

奉仕部に送られてくるようになった「お悩み相談メール」、そして、平塚先生から持ち込まれた「結婚がらみ」の相談事……。(八幡的には)不本意にも忙しい奉仕部の活動。コスプレからガチ格闘技対決まで、多岐にわたりすぎて大変なことに。日々の些末な出来事にこそ、真実は宿る……

 スイートホームまでの距離は遠い

 ひょんなことから美少女と部活動をすることになったヒネクレ高校生の一風変わった青春ラブコメ。

 平塚先生ェ……。もうホント、誰か嫁に貰ってあげてよぅ。現実にいたらプロポーズしてもいいわ。
 平塚先生が仕掛けた「お悩み相談メール」によって舞い込む相談事を、奉仕部のメンバーがそれぞれ答えていくのですが、意見や主張の中にも各々の人生観や価値観、習慣、性格の違いが現れていて可笑しかった。
 結婚なんかできなくても、それだけが女の人生じゃないよ! 猫を飼えばいいんだよ!

 小町さん嫁度高い。妹で、嫁度も高いって、最高じゃないっすか、もう結婚を前提に一緒の家で暮らし始めるまである。ポイントをいくつためたら攻略ルートのフラグが立ちますか? 妹エンドの某ラノベに続こ。
 他のヒロインは一長一短というところですが、平塚先生は女子力じゃなくて肝心な所で男前力を発揮しちゃうから、釣り合うような相手が現れないんじゃ…男としてはすごく気軽に付き合えそうな人なんだけどなぁ。

 集団での遊びに慣れていないぼっちーズの行動がイタタ……。げ、ゲーセンなんて不良の行くところですしおすし。家庭用ゲーム機になれてると、1プレイごとに料金取られるシステムがぼったくりに思えるんだよね。
 卒業した先輩って、なんでよく部活に顔出すのか。ぼっちは卒業した母校には二度と近寄りたくないもの、トラウマだらけだから。いや、過去は振り返らない主義なんですよ。どこにいても辛い場所しかないからな。

 ちなみにラノベ新人賞の一次選考は、「日本語になっている」の他に「小説になっている」も問われる。あとパクリだとか、テンプレすぎて古臭いのとか、中二病でルビ文字全開で物語設定を説明しているだけでストーリーやキャラクターの成長や変化が描けていないのとか、一つでも大きな欠点あれば容赦なく落とすから。
 しかし、返還された評価シートのコメントは信じろ。どんなに納得出来ないことが書かれていても絶対に信じろ。諦めずに応募してくれないと困るのは出版社側なんだから、いい加減なことを書くわけがないんだよ。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガガガ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373107390

この記事へのトラックバック