ダフロン

2013年05月31日

神話戦域のグラフィクスII 十三番目の銀妖精/無嶋樹了

4798605883神話戦域のグラフィクスII 十三番目の銀妖精 (HJ文庫)
無嶋樹了 すみ兵
ホビージャパン 2013-05-31

by G-Tools

序列七位《灼熱姫》と熱き死闘を演じたランキングバトルの開幕戦。その中で序列九十九位の少年レイジは、意思を持つ神遺物の少女カナンと同調し、圧倒的な力を得ることに! するとその力の監視と実戦を目的とした美少女レネが、レイジの家に押しかけてきた! さらにはレネの妹分だという神遺使いの少女までもが

 神話に捧ぐ想い

 神遺使いと呼ばれる神の遺した異能を操る少年少女が、最強を目指して戦いを繰り広げる学園異能

 可愛い女の子と一緒に暮らしてて、男が絶対にすることと言えば一つ、そう、料理! ですよねー。
 世にも稀な意思を持つ神遺物の少女カナンと主人公レイジを監視する任務を帯びてやってきた美少女レネとも次第に打ち解け、任務のために自分を押し殺す彼女の心を揺さぶるレイジの言葉に胸が熱くなりました。
 神遺使いの彼らは何故戦うのか、どうして最強を求めるのか、それぞれが戦いにかける思いを知りました。

 サウガウド連合の軍人として軍事教育を受けたレネは、感情が乏しく意志の読みづらい少女なのですが、生活を共にするうちにカナンとレイジも些細な機微を理解し始めて人間味が感じられていく光景が和みました。
 しかし、レネを偏愛する妹のミオにとってはレイジは完璧な姉を誑かす悪い虫にしか見えなくて、レネ以上に強い任務遂行への使命感を持って、希少な神遺物であるカナンを強奪しようとするところが厄介で悩ましい。

 カナンを奪われ救出しようとするレイジとミオの戦いを見つめ、友情と任務とで板挟みにあいながらも、これまで盲目的に命令に従ってきたレネが初めて軍に逆らい、自分の意志で行動し始める姿に胸を打たれます。
 誰に言われたからでもない【神々の再演】で最強を目指す自分だけの理由を見つけて、レイジに挑むレネとの試合は、お互いに一歩も譲らない意志と意思のぶつかり合いで、次々と飛び出る新技の応酬に見入りました。

 今回は互いにフェアプレイで全力を尽くし、勝った負けた関係なく両者に称賛を送りたい名勝負でした。
 レイジ争奪戦こと、レイジハーレムにまた一人ヒロインが加わり、一番の古株であるフレアは、ただ付き合いの長さをアテにしてるだけでは噛ませ犬になる状況と思うのですが、あんなベタなラブコメしてるだけでいいのかなぁ。ついに大台へ迫ったレイジですが、次回、秘めた実力者ライナーも動くか。この戦いどこへいく。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364758667

この記事へのトラックバック