ダフロン

2013年04月18日

いま話題のファンタジーを紹介するよ!

 たまには軽い読み物でも書いてみるよ!

 皆さんは、最近ファンタジー小説を読まれただろうか? はい読んでませんかそうですか。
 かつてはライトノベルの火付け役となったファンタジーですが、ここのところ学園ラブコメの人気に押されて、ファンタジーというジャンルは下火になりつつあります。人気だとしても『星刻の竜騎士』のように学園ラブコメの要素を加えた魔法学園ものではないでしょうか。王道的なファンタジーというのは斜陽のジャンルになりつつあります。

 しかし、そんな現状にあって今ネット上でラノベ読みたちの注目を集めているファンタジー小説があります。
 しかも一作品だけなく、複数の作品であり。『剣を持って戦う剣士系のヒロインと知力で軍を勝利に導く軍師系の主人公』という共通のキャラ設定を持っているのです。
 今回はそうした、いま最も熱いファンタジー小説をいくつか紹介してみようかと思います。

◆ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
4048865595天鏡のアルデラミン―ねじ巻き精霊戦記 (電撃文庫 う 4-4)
宇野 朴人 さんば挿
アスキー・メディアワークス 2012-06-08

by G-Tools

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンII (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンII (電撃文庫)
宇野 朴人 さんば挿

by G-Tools

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)
宇野朴人 さんば挿

by G-Tools

 この物語の主人公の青年イクタ・ソロークは、とにかく怠惰で自分がやらなくていいことは徹底的にサボるどうしようもないダメ人間だ。しかし、本当に自分がやるべきことがあれば論理的に無駄を省き、最短の効率を追い求める現実主義者でもある。そんな彼が成り行きで帝国の皇女の窮地を救う大手柄を立て、下士官として小隊を率いる隊長に抜擢されてしまい、友人とともに戦争の最前線へと送り込まれて……というあらすじである。

 ヒロインである赤毛の少女ヤトリシノ・イグゼムは、サーベルとマンゴーシュの二刀流の女剣士で、彼女の家系は代々最強の剣士を輩出してきた『白兵のイグゼム』として知られる名門である。クールで真面目な性格でイクタとは正反対だが、学生時代からの腐れ縁で、戦場ではイクタが軍隊を指揮し、ヤトリが華麗に敵を殲滅するという息のあった戦いぶりが見所だ。

 勿論彼に軍隊すべてを任されるわけがなく、無能な指揮官の無策・無茶ぶりにいつも振り回される。しかし自分と仲間たちの出来る範囲で創意工夫をこらし、最大の戦果を持ちかえるところが小気味いい。
 主人公とヒロインだけでなく、魅力あふれる他の仲間たちの成長や葛藤もあり、涙もある。

 ストーリーが進むにつれ様々な新兵器が登場し、戦況が刻々と進化し続ける。剣と銃の戦いから大砲と戦略の戦いへと戦争の主役がシフトしていく戦争の歴史の中の激動の転換期を描いている戦記ファンタジーである。


◆覇剣の皇姫アルティーナ
4047284602覇剣の皇姫アルティーナ (ファミ通文庫)
むらさきゆきや himesuz
エンターブレイン 2012-10-29

by G-Tools

覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)
むらさきゆきや himesuz

by G-Tools

 続いてこちらの作品の主人公のレジス・オーリックはいたって大人しい文学青年である。しかし、彼の本好きは度を越していて、下級文官としての少ない給料を全額書物につぎ込み、本であれば小説から戦争史から条約文まで読み込む重度のビブリオマニアだ。不祥事の責任をかぶり辺境に左遷されたものの、彼の知識と知恵を見込んだお姫様アルティーナに気に入られ一躍軍師にまで出世するというシンデレラ・ストーリーである。

 アルティーナのお転婆ぶりも突き抜けていて、帝国に伝わる宝剣<帝身轟雷ノ四>と呼ばれる大剣を振り回す恐るべき怪力少女だ。見た目だけなら可愛らしい女の子が超重量の両手剣を振り回して敵兵をなぎ倒していくシュールな戦闘シーンがイッツ・ファンタジー( ゚Д゚)!である。また彼女も王位継承争いから外されて辺境に左遷された身であるが、民のため、国のため、皇帝を目指している誠実で健気な少女だ。なによりお姫様に頼られるシチュエーションなんて、男ならば燃えずにはいられない。

 レジス以外は体力と筋力パラメータばかり高い仲間たちの破天荒な活躍が痛快である。
 ぶっちゃけると、1巻の時点ではレジスとアルティーナのイチャイチャと、アルティーナ私設軍の地盤固めが淡々と描かれるだけなので戦記ファンタジーとしては地味で面白くない。2巻からようやく戦争が始まり、ストーリーが前に進むので、まずは2巻まで読んで判断して欲しい。

 身分違いにも関わらず互いに惹かれ合うアルティーナとレジスの関係や、メイドたちを含めた恋愛模様もやっぱり気になる要素の一つには違いない。


◆聖剣の姫と神盟騎士団
4041007623聖剣の姫と神盟騎士団I (角川スニーカー文庫)
杉原 智則 Nidy‐2D‐
角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-03-30

by G-Tools

 最後に紹介するこの作品の主人公・ダークであるが、ライトノベルの主人公としてはかなりの問題児だ。歴史に名を残す英雄を目指して傭兵になり、勝てそうな相手には偉そうに戦いを仕掛け、敵わないと悟るや命乞いをする金に汚くホラ吹きなお調子者で、なんとも言いようのない小悪党なのである。少しばかり魔法の才能があるものの、ゴブリンを操るのが精一杯という未熟さで、最強の傭兵団と名高い"聖剣団"に無謀な戦いを仕掛け、ついには捕虜となってしまう情けない男である。

 ダークを捕らえた聖剣団にいる六人の隊長は、全員それぞれ一騎当千の英雄英傑揃いであるが、彼らをまとめていたカリスマ団長が倒れた途端にバラバラになって聖剣団が崩壊の危機に陥ってしまう。本作のメインヒロイン・フィーネはこの団長の娘で、所有者の意志で剣身を変化させる魔法の剣『聖剣ゼス』の使い手であるが、剣の腕はあっても交渉事には不器用な少女でこの窮地をただ見過ごしてしまう。

 弱体化した聖剣団を立て直すため、仕方なく聖剣ゼスの刃を捕虜であるダークの心臓に埋め込み、強制的に雑用としてこき使いはじめるフィーネと、命を握られて唯々諾々と従うしか無いダークのなんとも奇妙な関係が可笑しいやら微笑ましいやらである。雌伏に甘んじるダークではあるが、なにせ戦時中の真っ只中、自分が生き延びるためにも聖剣団を離れた隊長たちを呼び戻そうと作戦を練り始めるのだが、それがどこまでも小賢しいハッタリと悪知恵の連続で驚きを通り越して呆れてしまう。

 あまりに王道やお約束から外れた邪道ファンタジーで、読者によって好き嫌いが分かれそうな作風ですが、ファンタジーというジャンルに風穴を開ける風雲児になり得るポテンシャルを秘めている。


 ここまで紹介してお気づきの方もいるかと思いますが、主人公とヒロインのキャラ配置だけでなく、もう一つ共通項があるのです。そうです、3つともタイトルに『”アル”』がつく。
 偶然でしょうが、それもありネット上ではこれらを一括りにして注目している人も多く、アルデラミン派とアルティーナ派とアルデバラン派のファンの間で三つ巴の争いが……起きたらいいよね!起きよう!

 ちなみに『”アル”』がつく戦記ファンタジーといえば、他に『アルスラーン戦記』が有名ですね。『”アル”』がつく戦記ファンタジーは名作の法則とか、あればいい。
4334764037王都炎上: アルスラーン戦記@ (光文社文庫)
田中 芳樹
光文社 2012-04-12

by G-Tools


 なんにせよ、久しく話題になる作品の少なかったファンタジーというジャンルで一気に3冊も騒がれる作品が出てきたというのは、ファンタジーの時代がまたクルー?(ないです)

 ともあれ、いずれか気になった方は手に取ってみてください。
 ただでさえ読まれず騒がれず目立たないファンタジー小説、それじゃあ、いつ読むのか?

 今でしょ!

 ……ええ、このネタがやりたかっただけですが、何か?( ・`д・´)
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いま熱いファンタジー小説ということでしたら、MFから出ている「魔弾の王と戦姫」はいかがでしょうか。紹介されていた三作品のさきがけともいえる王道の戦記ファンタジーで、星刻の竜騎士などのような学園要素はなく、国と国、軍と軍のぶつりあいを描いています。
ヒロインは剣を持って戦う剣士。主人公は弓の達人で軍師系でこそありませんが、軍師並に知恵を巡らせるキャラが敵味方にたくさん出てきます
Posted by ななっしー at 2013年04月23日 08:16
はじめまして、ななっしーさん。
「魔弾の王と戦姫」もいいですが、王道戦記ファンタジーの先駆けといわれたら、もっと昔からいろいろあると思いますよ。

では、どうしてこの3作が新しいかというと、やっぱり主人公が「強くない」ということなんですよ。
いままでの戦記ファンタジーといえば、主人公はとにかく強くて、その力で他の兵士から羨望を集める最強の戦士が定番のパターンだったんですよね。

それがここのところ、王道から外れたアプローチから戦記ファンタジーに挑戦する作品が次々と出始めて、注目され始め、新しい流れが来ているのかなと紹介してみたわけです。

決して前からある戦記ファンタジーもつまらないわけじゃないですよ。
Posted by 愛咲優詩 at 2013年04月25日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック