ダフロン

2013年04月10日

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月/竜ノ湖太郎

4041007593問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月 (角川スニーカー文庫)
竜ノ湖 太郎 天之有
角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-03-30

by G-Tools

魔王連盟ウロボロスと対抗することになった“ノーネーム”。黒ウサギの素敵ウサ耳がなくなるという緊急事態のなか、十六夜VS殿下のギフトゲームが始まった!一千体を超える巨人族の攻撃で大混乱に陥る煌焔の都で、耀はウィラと共にマクスウェルの魔王に、飛鳥とジャックは混世魔王に戦いを挑む。

 地獄の釜は開かれた

 異世界に召喚された最強問題児たちが打倒魔王を掲げてバトルを繰り広げる異世界ファンタジー。

 敵はストーカーにロリコンか、魔王は変態しかいねーのかな。それとも変態故に魔王と呼ばれるわけか。
 黒ウサギのウサ耳が消えたまま、魔王連盟ウロボロスとのギフトゲームが開始され、"ノーネーム"と魔王打倒に集った仲間たちが防戦一方に追い込まれ、十六夜の迫力ある戦いに手に汗握りました。
 あっちもこっちもピンチに火を着けたような鉄火場で、張り詰めた緊張感に息を飲みますね。

 冒頭で明かされた黒ウサギの過去は悲惨でしたが、先代の"ノーネーム"のメンバーたちのインパクトには圧倒されました。どうしてそんな強くて味方も多かったのに負けてしまったのか気になるところ。
 そんな先代の意志を継いでいるとも言える十六夜の己の正義を貫こうとする信念は、やっぱり格好良いですね。黒ウサギもデレればいいのに。このシリーズは唯一、恋愛要素が足りないんだよなぁ。

 再度襲ってきた魔王連盟"ウロボロス"の軍勢を相手に、問題児トリオを持ってしても苦戦を強いられる展開にハラハラさせられ、混世魔王に人質を取られて、さらに不安を煽られたところに現れる本気モードのジャックさんがイケメンすぎました。このカボチャは、あと何回の変身を残しているんだ……wktk
 即興にもかかわらず息の合った連携プレイを魅せるウィラと耀も見事でした。ああ、ウィラちゃん可愛い。

 飛鳥と耀も以前より格段に力をパワーアップさせたはずが、それでもギリギリの戦いで、打開策の掴めない強力な恩恵で襲い掛かってくるウロボロスの幹部たちの異様が不気味でした。
 しかし、彼らウロボロスの殿下やリンの側の事情も、少しだけ垣間見れて、交渉の余地が生まれそうですが、ノーネームの参謀組ががが……。さらにヤバそうなの蘇っちゃったけれどホントに勝てるのこれ?

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 角川スニーカー文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354852024

この記事へのトラックバック