ダフロン

2007年02月01日

暗闇にヤギを探して 2/穂史賀雅也

484011787X暗闇にヤギを探して 2 (2)
穂史賀 雅也
メディアファクトリー 2007-01

by G-Tools

【草加合人は、突然先輩に誘われてプールに行くことになる。泳ぐのは苦手なのに。しかもそこでおかしな女の子と出会い。合人はまたしても奇・な出来事に巻き込まれていくのだった】

海産物できたか・・・


ノートを食べちゃう先輩と朴念仁の後輩の学園ラブコメディ。
ミリオン先輩と行ったプールで出会った不思議な少女まひる。
合人を気に入った彼女は、再び彼の前に現れ交際を申し込む。かくして合人をめぐり、ミリオン先輩と風子をまじえた三つ巴の争奪戦が本人そっちのけで加速していくといったお話。
風子のきぐるみ七変化が楽しくて好き。ジョーズカワイスw

合人の天然っぷりに周りが振りまわされたカンジかな。
相手の好意に気がつかないのと、自分の恋愛感情がわからないというダブルパンチで鈍ちんなのが見ていて非常にやきもきさせられます。お姉さんといい、淡々とした家系なのか。
ラブコメなので多んな女の子に囲まれるのはわかるが、せめて自分の主義主張だけはハッキリさせてほしかったかも。

合人を『特別』な存在だと、だんだんと心の中で占める割合が大きくなっていくミリオン先輩が乙女でよかった。
それに比べて、まひるの言う『特別』ってのは、能力を抜きにして、あくまでも対等な相手でいられる人間ってことだよね。
まひるのはそれは恋愛感情ではない気がする・・・。
むしろ浜の話になるとムキになるところからして、ツンデレ?
あとの方まで風子が部外者扱いだったのがなんですなぁ。

なんというか現実感に乏しい、まったりとした物語です。
読んでいてときどき白昼夢のようなシーンに遭遇するのが、それはそれでかわってるし、面白い個性になっている(?)
しかし前巻のときもそうだったけれど、前半に置いた騒動にくらべて最後の結末が尻切れトンボで竜頭蛇尾。
なんかもう少しエピローグで語るべきものを語ろうよ。
結局、話も曖昧なままですし、次こそキッチリ締めてください。

きぐるみシリーズも陸・海ときて、次はいよいよ宇宙だな!
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック有り難うございます。

この巻でも終わり方の唐突さが気になりますね。
自分個人としては、作者はこの物語を、ここで終了させてもいいような終わり方にしたんじゃないかとも思ったりするんですよ。
不人気でこのまま打ち切りの可能性を考えたのかも

このまま続けて、ミリオン先輩には幸せになって欲しいと思いますけど、ミリオン先輩が幸せになると、風子さんはどうなるのか、
難しいところですね
Posted by 影法師 at 2007年02月06日 00:06
あそこで終われなくもないんですが、ミリオン先輩とくっつくのはガチだとしても、せめて風子との関係は曖昧にせず、ちゃんと決着をつけて欲しいですね。
風子がフラレるにせよ、自分で作った設定の不完全燃焼は頂けない。
まあ私は風子ファンなので、他聞に彼女寄りの意見ですが。
Posted by 愛咲優詩 at 2007年02月07日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

暗闇にヤギを探して(2)
Excerpt: 暗闇にヤギを探して 2posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.26穂史賀 雅也著メディアファクトリー (2007.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2007-02-02 02:05

[穂史賀雅也] 暗闇にヤギを探して 2
Excerpt: 最近よくミリオン先輩と付き合っているのかと聞かれるようになった。たしかに一緒にいることが多いかもしれない。付き合ってはいないけれど、一人のほうが楽だという先輩は、どう思っているんだろうか。 そんなとき..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-02-02 08:53