ダフロン

2013年02月06日

裏ギリ少女/川崎中

4041006724裏ギリ少女 (角川スニーカー文庫)
川崎 中 TEL‐O
角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-01-31

by G-Tools

交通事故の現場に遭遇した小早川真春。瀕死の少女の手をそっと握った途端、彼女──ゆずきは跳ね起きて、大慌てで走り去っていった! ゆずきが抱える「裏切り体質」とは一体! ?不思議でせつない学園ラブコメ! !

 裏切られても信じる願い

 触れた人の思いを裏切る特異体質の少女と嘘つきの少年が繰り広げる学園ラブコメ。

 う〜ん、決してつまらないわけではないけれど、どうにもパッとしなくて、物足りないというのが正しい。
 接触した人の心の願いと正反対のことを実現させてしまう特殊体質を持つが故に、他人と壁を作ってしまう転校生・ゆずきを徐々に受け入れて打ち解けていく主人公・真春の姿がよかったですまる
 どう考えてもゆずきよりも月丘さんの方が可愛いじゃないですか! 双子妹ちゃん達も可愛いよ!

 真春のクラスメイトのヤンキー少女(設定)の月丘さんが典型的なツンデレで教師殺し可愛い。
 病気で留年しているだけで、本当はヤンキーじゃないんだけれど、周囲に気を使われたくなくてキャラ付けしたクラスメイトの期待に応えるために無理してヤンキーぶってる姿が不器用健気でいい。
 嘘をついて自分を庇ってくれた真春に向ける、恋する乙女らしいいじらしさときたら身悶えしますね!

 転校生のゆずきばかりを気にかけて、自分を二の次にしてしまう真春にヤキモチを妬いて、自宅に引き篭ってしまったり、真春がロリコンなのではと思い込んで、ゆずきの異能を借りて若返って幼女になってしまったりうわあああああああああ!幼女の月丘さんも最高です! あざとい月丘さんあざといよ!
 一応、メインヒロイン枠のゆずきさんは……お、おう。いままで大変だったね可哀想だった(小並感)

 学園異能としてはバトル要素がないし、青春ものとしては生温いし、ラブコメだとしても萌えやエロが足らないし、どうにも方向性が定まらずにフワッとしてしまって、煮え切らない感が非常に惜しいのですよね。
 そして決着の付け方があっさりしていて、「えっ、こんな簡単な解決法でいいの!?」と肩透かし。主人公の行動が行き当たりばったりで、もうちょっと格好良く見える活躍の場を与えて欲しかったかなぁ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 角川スニーカー文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック