ダフロン

2013年01月21日

GJ部中等部 4/新木伸

4094513884GJ部中等部 4 (ガガガ文庫)
新木 伸 あるや
小学館 2013-01-18

by G-Tools

いつもの放課後、いつものせまい部室。もりもりの冬イベントをスルーしまくりで、今日も雑談中のGJ部中等部。「しちねんごろし」は愛称として成立するのか? ケンケンはジゴロなのか? ジンジンはスケコマシなのか? スケコマシとはなんなのか……。

 GJ部の新たな旅立ち

 個性豊かなメンバーのゆるふわなひとときを描いた萌え四コマ的コメディ。中等部編。

 ジンジンとケンケンが、女子に囲まれすぎて、モテすぎて壁ドン!机バン!床ゴン!の連続やったわ。
 初っ端からキョロや高等部GJ部のメンツが拝めて、やっぱり安定感ありますね。ほっとする。
 変なあだ名は男子であればネタとして笑い話になるのですが、女子だと微妙ですね。というか、みんな長いんじゃないか。本名より短くないと。というか、中学二年生ならあだ名より『二つ名』を考えるべき!

 カップリング論では、ジンジン×ケンケン、霞×聖羅はありですが、霞×ケンケンは認めぬ。小森×ケンケンは認める。小手指さんはケンケンのことを大きく誤解してるような気がする、そうであって欲しい。
 中学生なら大人ぶりたい年頃なのでしょうが、それこそ中二病ですよねぇ。ジンジンなんかまさにその傾向が強くて、周囲がちゃんとツッコミしないと黒歴史をこじらせて将来後悔しそうなキャラです。

 GJ部のイベント消化パターンでは、準備だけ描いて本番オールスルーする事が多いだけに、クリスマス話をちゃんとやったことに微かな喜び。中学生のクリスマス会にしては豪華だなー。幕間に出てきたGJ部高等部の面々に注目しました。烈斗くん入部しとる!キョロは高校では俺マンがデフォルトなのか。
 元祖ジゴロは何と言ってもキョロだよなぁ。ケンケンごときは、まだまだま小者よ…ククク 早く殴られろ

 狐面かぶってドヤ顔している聖羅ちゃんは、絵で見るとシュールですね。"中の人"を封印したことでGJ部にかつてない危機が訪れてしまったのは、可哀想やらなにやら。中等部の危機に颯爽と助けに登場して手を差し伸べる紫音さんは残念素敵可愛い。カップ麺部屋は健康に悪いから止めましょうよ……。
 次回はGJ部高等部の外伝だと!( ・`д・´) ◎の読み方は(えんかんのことわり)だと思うんですよ。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガガガ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314670407

この記事へのトラックバック