ダフロン

2006年12月25日

GOSICK 6 仮面舞踏会の夜/桜庭一樹

4829163755GOSICK〈6〉ゴシック・仮面舞踏会の夜
桜庭 一樹
富士見書房 2006-12

by G-Tools

【ベルゼブブの頭蓋から脱出した一弥とヴィクトリカは、豪華列車・オールド・マスカレード号にてソヴュールへと帰路につく。しかし、その列車内で形見箱をめぐっての殺人事件が】
「ぼくたちは、離れない。なにがあっても」
「うむ・・・・・・。そうだ、我々はけして離れまいよ」

プロポーズとOKの返事にしかががが!

<ベルゼブブの頭蓋>から逃れたのも束の間、豪華列車で巻き起こった殺人事件に遭遇してしまう一弥とヴィクトリカ。
〈孤児〉、〈公妃〉、〈木こり〉、〈死者〉と名乗る4人の乗客。
不気味な彼らの偽りの仮面の下にある正体を暴きます。
約一年ぶりの本編。富士見ミスのLOVE祭りは終わっても、
「愛がいっぱい」な一弥とヴィクトリカ。もう好きにしてお前ら。

今回のヴィクトリカは、いつものフリルとレースのゴスロリファッションではなく、すっきりとしたシンプルなエプロンドレス。
・・・・・・案外いいかも。ヴィクトリカといえばゴスロリですが、
もっと色々コスプレさせても美味しいキャラだなぁと。

一弥を下僕扱いする一方で、やきもちを妬くヴィクトリカ。
一弥もヴィクトリカのワガママに文句を言いながらも、甲斐甲斐しく世話する姿が微笑ましくって、二人とも可愛いー!!
もうミステリよりも、初々しいヴィクトリカとニブちんな一弥とのやり取りが眺められれば、ミステリとか本気でどうでもよいな。

まあ言うまでもなく、ミステリ分は例のようにヘッポコですが。
作者は、なんていうか本格ミステリをやる気はないらしい。
事件の捜査よりも、グレヴィールの双角ドリルの深遠の闇に魅入られて気もそぞろな一弥くん。その気持ちはよくわかる。
さらにドリルに火がついて、あわててその辺のカップに浸けたり・・・。ブロワ侯爵あんたの息子、面白い。

後半、なんか変な文章で遊んでた気がする。
このGOSICKシリーズは、桜庭一樹の一番の出世作だと思うので、もう少し真面目に気合を入れて書いてほしいなぁ。
次は秋の短編集。また一弥の姉さんが出ないかな・・・。

ときに今日のヴィクトリカは、やけにぷくぷくしてましたな。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 富士見ミステリー文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[桜庭一樹] GOSICK ?? ゴシック・仮面舞踏会の夜
Excerpt: &lt; ベルゼブブの頭蓋 &gt; から逃れた一弥とヴィクトリカが乗り込んだ豪華列車 &lt; オールド・マスカレード号 &gt; で乗り合わせた乗客は、<孤児><公妃><木こり><死者>と名乗りだ..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-12-26 09:02

GOSICK??
Excerpt: <ベルゼブブの頭蓋>と呼ばれる修道院を辛くも脱出した一弥とヴィクトリカ。ふたりは聖マルグリット学園に帰るべく豪華列車オールド・マスカレード号に乗り込む。そこに乗り合わせた乗客はなぜか<孤児><公妃><..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2006-12-26 18:30

GOSICK? ゴシック・仮面舞踏会の夜
Excerpt: 「GOSICK? ゴシック・仮面舞踏会の夜」 桜庭一樹 ベルゼブブの頭蓋から脱出した一弥とヴィクトリカだったが、乗り込んだ豪華列車・オールド・マスカレード号内にて謎の形見箱をめぐった殺人事件..
Weblog: がらくたばこ
Tracked: 2007-01-01 16:16

ラノベ「GOSICK? -ゴシック6-」感想
Excerpt: 「GOSICK? -ゴシック・仮面舞踏会の夜-」☆×5 富士見ミステリー文庫:著・桜庭一樹 “一弥とヴィクトリカは無事学園へと帰ることができるのか?” 【ベルゼブブの頭蓋と呼ばれる..
Weblog: すたじおG
Tracked: 2007-01-03 18:34

GOSICK〈6〉ゴシック・仮面舞踏会の夜
Excerpt: GOSICK〈6〉ゴシック・仮面舞踏会の夜 著者 桜庭一樹 イラスト 武田日向 レーベル 富士見ミステリー文庫  表紙のヴィクトリカがいい。  人気blogランキングへ ..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2007-01-17 19:08