ダフロン

2006年12月01日

ソラにウサギがのぼるころ 3/平坂読

4840117470ソラにウサギがのぼるころ〈3〉mad tea party“side:heaven”
平坂 読
メディアファクトリー 2006-11

by G-Tools

【夕月学園では武闘大会と学園祭と夏祭りがごっちゃになったような「赤月祭」を前にして盛り上がっていた。慌ただしくも平和な日常の裏で、またしても不穏な空気が立ちこめて】
「実は───メイド服を貸してほしいんです」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・死ねばいいのに」

トリオ・ザ・メイドマン

絶対にやると信じてた学園祭編。
いつもはツンデレている聖司が何故か今回は積極的。
陽子のゴリ押しでメイド喫茶のスタッフに、さらに御厨槐や藤堂灯夜までもが参加して、かくしてメイドトリオここに結成。
いいですな、実に期待を裏切らないお約束でいいですな!
でも、ピンナップは正直引きました。お前ら、こっち見んな!

とりあえず、ハマりすぎてキショカワイイ野郎三人組は置き。
初っ端からメイド服の何たるかを熱く説くシズさんが好きだ。
もうすでにユウと陽子を抜き去って、萌えキャラ一直線だな。
かなり無茶苦茶な設定を後付けされてしまった式神四姉妹のハッチャケぶりも大変バカバカしく結構なことである。

タレント使用可の武闘大会≪水鏡杯≫を巡って争う、妙にやる気の槐とメンタルボロボロから復活したくおんちゃん。
一方は負けん気だったり、藤堂の応援で元気100倍だったり、
どちらも青春甘酸っぱーなカンジで、あれ毒は?毒はドコ!?
最後には聖司と陽子までいいムードになっちゃってますが、
お前ら、何時からそんな健全ラブコメキャラになった!

主人公の知らぬ学園祭の裏で謎の傭兵団が暗躍してたり、
真那の正体が徐々に明かされていくサブシナリオも流し。
定番といえば定番でストーリーに不備はないなんだけれど、
平坂読に求めているのは、読者の期待の斜め45度を狙っていく意地の悪さとか、悪趣味なサプライズなワケで。
「ちょwwwそんなんねーよッwww!?」的なインパクトは薄かったかもしれない。まあ最終評価は地獄編へ持ち越しで。

ああ、だけど、ぱんつはいてない玄武は「ちょwwwそんなんねー・・・・・・いや、あるあるッwww!!!」みたいな。玄武モエス。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ソラにウサギがのぼるころ(3)
Excerpt: ソラにウサギがのぼるころ 3posted with 簡単リンクくん at 2006.12.18平坂 読著メディアファクトリー (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワン..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2006-12-18 02:44