ダフロン

2006年11月27日

ロケットガール 2 天使は結果オーライ/野尻抱

482911875X天使は結果オーライ臓ロケットガール〈2〉
野尻 抱介
富士見書房 2006-11

by G-Tools

【不予の墜落に遭った宇宙船ランブタン。不時着したのは、ゆかりの母校ネリス女学院。宇宙実験の大ピンチ彼女らの前にあらわれたのは「小柄」で「ほっそり」とした少女、茜だった】
「私、わかったの。私が学ぶ場所は宇宙だって」

まさにサイエンスエンジェル!w

いつものようにトラブル発生で日本へと墜落したゆかりたち。
実験器具の故障で大ピンチの前に現れた天才少女、茜。
ありあわせの道具だけで見事に応急修理をしてのけた彼女を、ゆかりはSSAの宇宙飛行士へとスカウトします。
人類の希望と男のロマンに女子高生をかけあわせたスラップスティックSFシリーズ第2巻。

三人目のロケットガールは理系オタクの天才少女。
大人しく素直で、一見すると従順なようで根は頑固。
どんな過酷な課題にも決してめげないひたむきさが好印象。
ときにはタフで大胆な行動を見せてくれるのも気に入った!

今回も前半部は宇宙飛行士になるまでのもろもろを描き、
後半は茜の初デビューとなる宇宙空間へと舞台をリフトオフ。
彼女らに与えられた任務は、衛星軌道上でトラブルで立ち往生した冥王星探査機オルフェウス救出ミッション。
宇宙事業は長い時間と人々の努力に支えられてる。
その事実を改めて実感する茜の驚きがいいですねぇ。

このシリーズの醍醐味は、立ちはだかる困難をブレイクスルーしていく機転と閃き、そして不屈のド根性。
次々に起こるアクシデントにお互いに手を取り合うソロモン島とヒューストン。ロケット野郎たちの団結心が燃えます。
こうして大勢の人間がひとつの目標にむかって一致団結する姿は、なんともカッコよいです。

一難去って、また一難なストーリーとガールズのたくましさ。
確かに時代遅れな部分もあるが、これは地味に面白い。
はからずもNASAとの共同作戦の実績を作ってしまった"ガールズ"達は、この後いったいどうなっていくんでしょうか。

それはともあれ秋田大のポスターは禿げしくダサいな。
東北大といい、女子高生大好きだな喪前ら。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 富士見ファンタジア文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[野尻抱介] 天使は結果オーライ ロケットガール2
Excerpt: ゆかりとマツリが乗った宇宙船は、予定地から大幅にずれて着地した。よりによって、ゆかりの母校に。苦情を言ってくる教師がいたがそんな場合ではない。実験用の金魚の様子がおかしいのだ。何とかしなくてはとあわて..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-12-04 09:27

天使は結果オーライ
Excerpt: ゆかりとマツリの乗った宇宙船は、トラブルで日本でゆかりが通っていた高校に不時着
Weblog: 忘れられないモノたち@ココログ
Tracked: 2006-12-08 21:40

ロケットガール2―天使は結果オーライ
Excerpt: ロケットガール2―天使は結果オーライ 著者 野尻抱介 イラスト むっちりむうにい レーベル 富士見ファンタジア文庫  3巻以降も出るんだよね?  人気blogランキングへ..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2006-12-22 18:03

ロケットガール2 天使は結果オーライ 読了
Excerpt: 一人乗りしかなかったロケットが、いつの間にか二人乗りまで進化している!二人二役の
Weblog: 趣味は積ん読@日記風味
Tracked: 2006-12-23 23:32