ダフロン

2012年07月28日

覇道鋼鉄テッカイオー 2/八針来夏

4086306891覇道鋼鉄テッカイオー 2 (覇道鋼鉄テッカイオーシリーズ)
八針 来夏 Bou
集英社 2012-07-25

by G-Tools

旅するカザンたちの前に現れた暗黒武侠『神算魔女』ミャウ=ガー。彼女は一行にある取引を持ちかけるが、それは不可解なもので? 当然拒否するカザンだったが、今度は自分を捜す少女が現れ…!?

 生きる意志が未来を繋ぐ

 童貞のみが使える武術を身につけた武侠少年が、悪の武侠集団から宇宙を救うスーパーロボットSF

 最高に頭が悪くて、最高にかっこいい。まったく、童貞ばかりが何故モテる。童貞だからです結論→
 アルフェミナ王女の依頼で人探しをする主人公・カザンたちの前に、暗黒武侠の一人ミャウが取り引きを持ちかけてきて……、怪しい悪事を目論む悪党たちを相手に正義を貫いていく姿に見惚れます。
 貧乳ゴスロリ美少女ツンデレ武侠とか、やべぇな! オタク層にはルゥランより人気出そうでアレ。

 またしても主人公以上に悪役のキャラクターが愉快で憎めない。人一倍悪知恵が働き、ドSなところもあるけれど本質は恋に恋する乙女なミャウが可愛すぎる。そんな義娘を愛してやまない暗黒武侠最強のお爺ちゃんガーナラクの親バカっぷりも笑わせてくれる。鍛えた武力を私利私欲のために用いる暗黒武侠でも、武人としての礼節はしっかりと守るところに、やはりただの悪党にはない品格を感じる。

 カザンとルゥランの力を持ってしても及ばない強敵である二人に、それでも一歩も引かずに正義を示す心意気は素晴らしかったけれど、事の真相は正義と悪の戦いの勝ち負けや、武侠の単純な力ではどうしようもないところで決まっていて、救いようのない不条理を前に打ち拉がれる姿がつらかった。
 しかし、そこからアルフェミナが起こした思わぬ奇跡に感動した。弱者でもできることがある。

 暗黒武侠になったミャウの悲しい過去には同情してしまうけれど、世の中には不条理が満ちている、銀河武侠と言えど人間だから万能ではない、でもその不条理を少しでも無くすために暗黒武侠としてもできることがあるのではないのかなぁ。不条理を憎む心は同じ、カザンともいつか分かり合える気がする。
 肝心のオッパイさんは今回も卑猥すぎていろいろ酷かったですまるカザンが乳殺されてしまう……。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 集英社スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283668069

この記事へのトラックバック