ダフロン

2006年11月07日

円環少女 4 よるべなき鉄槌/長谷敏司

4044267065円環少女 (4) よるべなき鉄槌
長谷 敏司
角川書店 2006-10-31

by G-Tools

【グレンとの苛烈な戦いで多くの刻印魔導師を失った《公館》。仁たちはその穴を埋めるべく奔走していた。だがその隙を突き、人間と手を組んだ魔導師・王子護は恐るべき計画を進行させていた!】
「ひとつの部屋に三人もいたら、もう誰かが王様になって、残りふたりを支配して踏みにじらないと、せんせの授業みたいにぐだぐだになるしかないの」

本妻つぇ────っ!!w

グレンの後始末で忙しくて家に帰れない京香の代わりに、
仁の部屋で同居することになったメイゼルときずな。
本妻と愛人が一つ屋根の下。エロゲのスイッチ入りました?
メイゼルを見るせんせの目線がやけに卑猥なんですが・・・。
教え子と同棲。これで名実共に変態教師ロードをまっしぐら!

委員長の寒川さんがマゾ疑惑の被害者になっていますが、
なんかもうメイゼルのサドデレには誰も勝てないな。
甘やかせば、好き放題やりたい放題。
厳しくすれば「独占欲の表れねw」とか言うのだろうし、
シカトしても放置プレイの興奮に身を捩じらせるんだから、
もはや打つ手ない。主導権を完全に握られてる。

メイゼルがブッ飛びまくってる現代の日常に対し、
過去の仁と妹の毎日は過酷な閉塞感に澱んでいます。
特殊な境遇に置かれてしまった妹を見守ると誓いながら、
次第に自分の中で重みになっていく仁少年の葛藤は、
見ているだけで辛いですね。

サドデレ派、おっぱい派のダブルヒロインの今後ですが、
仁がメイゼルに妹を重ねていることが今回でもよくわかった。
私的には保護者としての立場は崩れないかなという印象。
ただ、きずなにはおっぱいとお尻ばかり見ているのも確か。
私的には変質者としての位置付けは不動かなという感触。
ってか、お風呂場でバッタリなんて本当にベタな・・・。

やたらとテンポの悪い戦闘シーンは変らないな。
文章がゴチャゴチャしてなんだかまったくわからん。
まあ日常パートの面白さだけあれば満足なのだけどね。
ハウゼンやら魔術師たちが騒いでいる素振りが伺えますが、
これは次回へのインターミッションだったということにするよ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(6) | 角川スニーカー文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[長谷敏司] 円環少女(サークリットガール)4 よるべなき鉄槌
Excerpt: 先日の事件の後始末に追われている京香が家に帰れなくなるため、メイゼルは仁の家に泊まることになった。メイゼルとの距離感を掴みきれていない仁だが、きずなも仁の家に来ることになっているから、特に困ることはな..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-11-08 09:09

円環少女??
Excerpt: 長谷 敏司 円環少女 (4) よるべなき鉄槌  スニーカー文庫の「円環少女??(著:長谷敏司 画:深遊)」を読みました。  相似大系魔導師が挑んだ戦いによって、≪公館≫は戦力である..
Weblog: STAIRWAY 2 HEAVEN
Tracked: 2006-11-08 20:08

円環少女(4)
Excerpt: 円環少女(サークリットガール) 4posted with 簡単リンクくん at 2006.11. 9長谷 敏司〔著〕角川書店 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワン..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2006-11-09 19:38

ラノベ「円環少女4」感想
Excerpt: 「円環少女4 よるべなき鉄槌」☆×4 角川スニーカー文庫:著・長谷敏司 “泣いていいのは、あたしの前だけよ!過酷な運命に抗う少女魔導師の苛烈な戦い!灼熱のウィザーズバトル、人気急上昇!” ..
Weblog: すたじおG
Tracked: 2006-11-15 22:28

円環少女 よるべなき鉄槌
Excerpt: 相似大系魔導師グレンとの戦いで、《公館》は刻印魔導師の1/3を失った。その事後
Weblog: 忘れられないモノたち@ココログ
Tracked: 2006-11-18 20:53

円環少女 (4) よるべなき鉄槌
Excerpt: 円環少女 (4) よるべなき鉄槌 著者 長谷敏司 イラスト 深遊 レーベル 角川スニーカー文庫  よくここまで分かりにくくできるなぁ。  人気blogランキングへ ← よ..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2006-12-03 08:53