ダフロン

2006年10月19日

二四〇九階の彼女/西村悠

4840235929二四〇九階の彼女
西村 悠
メディアワークス 2006-10

by G-Tools

【神の代行機械アントロポシュカによって管理される階層世界。少年・サドリは相棒のカエルとともに海を目指して塔を降りてゆく。かつて交わした「彼女」とのただひとつの約束を果たすために】

なんで両生類なんだよ


塔のかたちをした階層世界を旅する少年サドリと、
カエル型AIのカエルのロードストーリー短編集。
「カエルは実は美少女なんです」という記述が目立つが、
だったら最初から人間形態にしてくれよ!
無表情なわりに毒舌で高慢なAI美少女プリーズ!

階層ごとに世界観が固定されていなくて面白い。
管理者であるアントロポシュカにより様々な特徴があり、
草原と図書館でできている世界や、戦争ばかりしてる世界。
人間がまったくいないゴーストタウンのような世界から、
人がカエルになっているなんてブッ飛んだ世界まである。

とくに「九一四階の積層図書館」が好み。
図書館の外に出ずに本を書き続ける【記述者】の少年と、
彼を連れ出そうとする少女を描いた、これこそラブ!
オリネラに口では冷たく突き放しつつも、自分が外に出てしまったあとの彼女のことを考えるフリオラ。

好きな相手だからこそ寂しい思いをさせたくない。
大切な相手だからこそ辛い思いをさせたくない。
お互いに想っているはずなのに、なかなか通じ合えない二人がもどかしい。外に出た二人のその後が幸せになるといい。
って、これメタなのかよ!

表紙に釣られてみたけれど、正直ちょい微妙。
総じてまとまっているのだけれど、小奇麗で迫力がない。
主人公が比較的凡庸なキャラでアクが弱く勢いに欠ける。
各話ごとのゲストヒロインには切ない共感を抱いたが、
図書館とカエルの世界以外は、どうも結末が報われない・・・。

ストーリーは平均点。あとは気軽に楽しめる要素が欲しい。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(6) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[西村悠] 二四〇九階の彼女
Excerpt: そこは各階がそれぞれ世界を作っている巨大な塔の中。塔の外には海がある―あの人の言葉をきっかけに、僕は住んでいた階層世界を離れ、下へ向かってカエルは旅を続けていた。 階層を降りるための門を開けるためには..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-10-20 08:54

電撃文庫・10月の感想4
Excerpt: ■西村 悠×高階@聖人『二四〇九階の彼女』  ★★★☆☆ 無数の階層が連なる【塔】のかたちをした世界。各階層は神の代行機械である アントロポシュカによって管理されていた。しかし管理する階層に住む人..
Weblog: 詠み人知らず
Tracked: 2006-10-21 21:41

二四〇九階の彼女
Excerpt: 無数の階層が連なる【塔】のかたちをした世界。各階層は神の代行機械であるアントロポシュカによって管理されていた。しかし管理する階層に住む人間が【幸せ】に暮らせる世界を作る、という命題を与えられ階層世界を..
Weblog: ライトノベルの箱詰め。
Tracked: 2006-11-02 17:31

二四〇九階の彼女
Excerpt: 「二四〇九階の彼女」 西村悠 かつて交わした「彼女」とのただひとつの約束を果たすために、“塔”を降りるサドリと相棒のカエルが訪れた“幸せ”に狂った神様と世界のお話 たっぷりの悪意に満ち..
Weblog: がらくたばこ
Tracked: 2006-11-06 22:43

二四〇九階の彼女
Excerpt: 二四〇九階の彼女 西村 悠〔著〕 メディアワークス(2006.10) 無数の世界が幾千と積み重なって形成された“塔”。サドリは廃棄された“塔”の2409階の世界に居るという少女と言葉を交わし、彼女と..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2006-12-24 03:13

(書評)二四〇九階の彼女
Excerpt: 著者:西村悠 二四〇九階の彼女価格:¥ 641(税込)発売日:2006-10 無
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-03-31 09:01