ダフロン

2006年10月05日

アンダカの怪造学 4/日日日

4044810044アンダカの怪造学〈4〉笛吹き男の夢見る世界
日日日
角川書店 2006-09-30

by G-Tools

【崩壊した古頃怪造学校の再建まで他校に間借りすることになった生徒たち。伊依たちは修学旅行気分だったが、受け入れ先の殻蛇怪造学校は、異様な雰囲気に包まれていて・・・】
「伊依ちゃんがやってきたことは、無駄じゃなかったべさ。みんな見てた。ちょっとずつ共感してた。
今日確信できた。伊依ちゃんは間違ってなかったって」

オマイラ、好きだーっ!

先の怪造生物暴走事件で怪造が怖くなった次郎花。
学校を辞めるとまで考える彼女に何も言えない伊依。
一時的に通うことになった殻蛇怪造学校で起こる怪異。
その事件を通し、伊依の理想が実現することになる。
怪造生物を守る盾となって立ち上がった次郎花を始め、
古頃のクラスメイト達。それカッコイイじゃねぇかよ!

強い自分が独りだけ存在する世界ではなく、
弱くともお互いに助け合える仲間がいる世界。
怪造生物を道具としてでなく、友達として思いやる。
これだ! こういう綺麗事と理想論を馬鹿みたいに信じてる、
ボーイズ&ガールズが見たかったんだよ!ギガ感動した!

予想はしてたが≪肉体道楽≫にもデレが始まったー!
敵キャラが立場移るのはいつものことですかそうですか。
『昨日のラスボスは、今日のダチ』そんなジャンプイズムが
決して不愉快でなく思えるのもこの作品の持ち味。
それにしても、今までまったく繋がりのなかったキャラが、意外な展開で結びつきました。無駄に布石をバラ撒いてないな。

いやぁ、面白いですよアンダカ。
『狂乱』よりは真面目で、『蟲と眼球』ほどに暗黒でない。
日日日作品の中では比較的マトモな精神状態のときに執筆しているのか、文章もハッチャけることなく安定してます。
それでもネーミングセンスは狂ってますが、でも味がある。

ときに作者当人の「日日日」って名前は、「晶」という字を崩して「あきら」と読ませているのはわかっちゃいるが、
脳内は「ヒヒヒ」で処理してるのは私だけじゃないと思うんだ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 角川スニーカー文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アンダカの怪造学??
Excerpt: 日日日 アンダカの怪造学〈4〉笛吹き男の夢見る世界  スニーカー文庫の「アンダカの怪造学??(著:日日日 画:エナミカツミ)」を読みました。  異世界から怪造生物を召喚する技術≪怪..
Weblog: STAIRWAY 2 HEAVEN
Tracked: 2006-10-12 20:11

[日日日] アンダカの怪造学?? 笛吹き男の夢見る世界
Excerpt: 先日の騒動で古頃怪造高校が崩壊したため、学校再建までの間、生徒たちは殻蛇怪造高校の教室を間借りすることになったが、訪れた殻蛇怪造高校は、不気味な雰囲気と違和感に溢れている。とても学校とは思えない。 し..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-10-12 20:58

アンダカの怪造学??笛吹き男の夢見る世界
Excerpt: 仇祭遊が怪造した怪造生物によって古頃怪造高等学校が半壊した!!学校再建まで他校に間借りすることになり、修学旅行気分で旅立った古頃の生徒たちだったが、受け入れ先の殻蛇怪造高等学校は、不気味な雰囲気と奇妙..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2006-10-12 22:07

[書評][日日日][アンダカの怪造学][アクション][神秘/奇跡/魔法][魔物/妖怪][★★★★]アンダカの怪造学(4)笛吹き男の夢見る世界
Excerpt: アンダカの怪造学〈4〉笛吹き男の夢見る世界 作者: 日日日 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/09/30 メディア: 文庫 ストーリー 前巻の事件で物理的に校舎がすっ飛んだ古頃怪造高..
Weblog: いつも感想中
Tracked: 2007-05-08 13:42