ダフロン

2006年09月23日

戦鬼―イクサオニ―/川口士

4829118652戦鬼 ―イクサオニ―
川口 士
富士見書房 2006-09-20

by G-Tools

【鬼と人間が共存していた村。そこを突如人間たちが襲う。そして鬼の少年・温羅は捕らえられ、彼の父の首は都に晒される。復讐に心を燃やす少年・温羅と人間の少女の旅の物語。】

不快!不毛!不細工!


父の仇を取るべく人間の少女と旅をする鬼の少年・温羅。
鬼を超えた邪悪な力を持つ謎の敵に挑む伝奇ファンタジー。
昔話『桃太郎』と日本神話を生のままクチャグチャにしたカンジ。
久しぶりに心の底から「退屈」という気分に浸れました。

だって全然、ストーリーが面白くないんだもの。
文章力とか構成力以前に話がつまらないもの。
ラブコメなら萌えがある。ミステリなら謎と不思議。
エンタ系ならノリのいい興奮がページをめくらせる。
読者を読ませる力? そんなものがありましたかコレに?

まず、主人公がダサくてカッコ悪い。
『逆襲の魔王』のときにも散々言った覚えがあるけれど、
復讐心にとらわれた根暗なキャラなんかに共感できない。
人間の少女・梓と関って変わっていったから、だから何?

何を伝えたいのか中身が無い。
虐げられし者の苦痛? 理不尽な社会への憤懣?
物語を読んで浮かぶイメージは、とことんネガティブ。
作者が自分で作った世界に酔ってるのがわかります。
ナルシスティックでキモいです。性根が歪んでます。

文章と完成度こそ新人では身綺麗にまとまっている。
だが、この程度の文章を書ける作家はゴマンといる。
完成度なんて時間かけてプロットを練れば高められる。
必要なのは読者の価値観をブチ壊し、ブッ飛ばす個性。

ライトノベル作家なら文章や完成度なんて一番最後でいい。
それよりなにより、読者を楽しませてやるという作家の意思。
どんなに技術が高く、審査委員に注目されようとも、
物語に人を惹きつける魅力なくしては読者に評価されない。

富士見ファンタジア文庫の新人の弱点はそこです。
読者の視点で物語を考えるという認識が欠けている。
まあこの作者は『富士見ファンタジアの呪縛』が発動したし、

長くとも、寿命はあと1年だ。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(6) | 富士見ファンタジア文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

戦鬼―イクサオニ―
Excerpt: 角川スニーカーと並んで凋落著しい富士見ファンタジアですが、 出にくい大賞受賞作、というだけのことはあるおもしろさ。 もっとも、物足りない部分もあるんですが、 それは基本の完成度が高い故の贅沢な欲求とい..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2006-09-26 01:41

戦鬼 ―イクサオニ―
Excerpt:  ◎ 戦鬼 ―イクサオニ―        (著・川口 士 / イラスト・一之瀬 綾子 / 富士見ファンタジア文庫)   第18回ファンタジア大賞 "大賞"受賞作品。  ファン..
Weblog: 積み本倉庫
Tracked: 2006-10-03 14:50

戦鬼−イクサオニ−
Excerpt: 戦鬼−イクサオニ− 川口 士著 富士見書房(2006.9)オンライン書店bk1 | Amazon.co.jp 鬼ヶ島で人間と共存しながら平和に暮らしていた鬼達は、突如として一人の人間に滅ぼされる。そし..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2006-10-03 23:08

戦鬼 ―イクサオニ―
Excerpt: 戦鬼 ―イクサオニ― 著者 川口士 イラスト 一之瀬綾子 レーベル 富士見ファンタジア文庫  久しぶりにファンタジア小説大賞作に満足。  人気blogランキングへ ← よ..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2006-10-23 18:36

戦鬼 ―イクサオニ―
Excerpt: 突如として邑を襲った狗の群れは、一匹の犬の妖―怪物に統率されていた。彼らの狙いは神器と呼ばれる神々の宝具。巫女の少女梓も狗の牙にかかろうとしていたが、間一髪で彼女を助けたのは処刑されるために邑に囚われ..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2006-11-13 18:55

戦鬼―イクサオニ―/川口 士
Excerpt: 川口 士 戦鬼 ―イクサオニ― 勿体ねー。 もっとページ数増やして丁寧に書きゃいいのに……。 設定や世界観やキャラが好きだっただけに、遣る瀬無いです………。 文だって決して詰まらな..
Weblog: 狭間の広場
Tracked: 2007-06-03 18:37