ダフロン

2011年12月26日

泳ぎません。2/比嘉智康

4840143439泳ぎません。 2 (MF文庫J)
比嘉智康 はましま薫夫
メディアファクトリー 2011-12-21

by G-Tools

その日、学校一の美少女と謳われる小田部桜子から呼び出され、交際を申し込まれた卵太郎は丁重にお断りしてしまう。その夜、卵太郎は、近所の女の子の美唄と一緒に、日課となっている近所の大型プール施設に行く。そこに現れた桜子が美唄とプールで遊びはじめ、卵太郎は振り回されることになる。

 脱ぎました。

 プールサイドで水着姿の美少女たちが繰り広げる日常系ガールズトークコメディ。

 ドキッ! 美少女だらけのプールサイド(ヒロイン増量200%) ポロリもあるよ!
 学校一の美少女からの告白を断った少年・神卵太郎が、水恐怖症を直すためにやってきたプールで赤裸々なガールズトークに巻き込まれて、純真な男心を揺さぶられる姿が可笑しい。
 もうこれ水着ハーレムじゃないか。ただし女性陣から男として見られてないんじゃないかという罠。

 完璧超人のお嬢様と言われていた桜子さんでしたが、意外に大ボケをかます面白い子でした。
 神卵太郎に丁重にフラれてしまったものの、偶然出会ったプールで彼を脅してでも再び交際を迫る根性はなかなか見上げたものがある。猛烈アピールを仕掛けてくる桜子さんや、たまたま居合わせた野々宮先生のあられもない痴態にダメだと思いつつも誘惑されてしまう思春期の男子の悲しい性が笑える。

 新聞部の取材として水泳部に体験入部したら、今度は男子に興味を持つ日唯に研究対象にされてしまったり、男子に無関心なもい子の無防備さに惑わされたり、水着姿の魅力的な美少女に振り回されつつも彼女たちと次第に交流を深めていく神卵太郎が羨ましいやら妬ましいやら。
 最後に男嫌いの八重との伏線もしっかり回収して、ちょっと男を見直すキッカケになってくれたかな。

 しかし、新キャラ登場したのに、もう打ち切りかよ! いや、視点変更からすると元々2巻構成のつもりだったのかもしれないけれど、それにしても比嘉智康はスロースターターだから、こういう短いシリーズは向いてないんですよね。もうちょっと書かせてあげて欲しかった。ヤンデレ化した水泳部ガールズを見てみたかったよ。かなり物足りない感が拭えないけれど、次回作に期待。

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック