ダフロン

2006年09月21日

ラキア 2/周防ツカサ

4840235589ラキア〈2〉
周防 ツカサ
メディアワークス 2006-09

by G-Tools

【名村哲平と桐沢弥生。二人はコンビニで出会い、そして「非日常」の扉を一緒に開けた。彼らが迷い込んだその先は、時間が一日ずつさかのぼっていくという「フリップ世界」だった】
「俺さ、女しかいないような店に入ると興奮するんだ」
「なんかやばい病気みたいだ。てか、恥かしくないの?」
「平気だ。一人で入った方が、興奮度が増す」

その度胸が欲しい!

クラスの委員長として皆から頼られる名村哲平と、
反対に周囲から腫れ物扱いされている少女、桐沢弥生。
エロ本買いにコンビニ行ったら、レジが同級生の女子だった。
確かにそのシチュは磔刑で己の人生を閉じたくなる・・・。
しかし巨乳好きといわれたくらいで落ち込むな、

むしろ乳革命家と名乗れ!

すいませんすいません、私にはそんな度胸はアリマセン・・・。

いい加減なようで、実は人付き合いに臆病な桐沢と、
そんなどこか不安定な彼女が気になって仕方がない名村。
お互いに重要な一歩は踏み越えない恋愛もどかしさ。
ときにすれ違い、噛み合いながら繋がっていく姿がよかった。

ループでもリピートでもない、一日ずつ時間を逆行していくフリップ世界に迷い込んでしまった男女のラブストーリー。
意識だけが過去に跳ぶと、その間尊睡状態に陥るってのは、
飛田甲もやってたな。あ、ごめ。それネタバレかも。

プロローグとエピローグで前作のキャラが夢の対談。
三尾さんは本当に素敵なエキセントリックだなぁ。
この協調性のなさに憧れる。馬車馬仲間だし。
亮介と美和も相変わらずのようで、こちらもニンマリ。

『スプリット宇宙』の仕組みも解明されてきましたが、
肝心のラキアの正体については曖昧なまま。
表紙と見開きで萌え度が上昇したのに中身が続かない。
この後さらに毒舌になって孤独になっていくのでしょうけど、
次回こそ、その辺りをメインに描いてくれないとダルい。

幽霊には微笑を、生者には花束を幽霊には微笑を、生者には花束を
飛田 甲

by G-Tools


posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ラキア〈2〉
Excerpt: ラキア〈2〉 著者 周防ツカサ イラスト 久麻 レーベル 電撃文庫  結構面白いシリーズになりそう。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリック..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2006-10-07 08:29

電撃文庫・10月の感想3
Excerpt: ■周防 ツカサ×久麻『ラキア?』  ★★★★★ 名村 哲平と桐沢 弥生。二人はコンビニで出会い、 そして“非日常”の扉を一緒に開けた。彼らが迷い込んだその先は、 時間が一日ずつさかのぼっていくと..
Weblog: 詠み人知らず
Tracked: 2006-10-10 02:33

[周防ツカサ] ラキア??
Excerpt: 秋野と亮介が遭遇したリピート現象だが、似たような出来事に遭遇した人がいるらしい。 ネット上で知り合ったカプネさんから紹介された N と名乗る男性が体験者だった。 それはリピート現象とは異なるが、一日が..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-10-12 21:24

「ラキア??」 周防ツカサ
Excerpt: 「あ、うん。また明日」『会うの
Weblog: 48億の個人的な妄想
Tracked: 2006-10-24 02:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。