ダフロン

2011年12月02日

サカサマホウショウジョ/大澤誠

4086306492サカサマホウショウジョ (集英社スーパーダッシュ文庫)
大澤 誠 千葉 サドル
集英社 2011-11-25

by G-Tools

突然、この世界に現れた魔法国家。親善大使として日本の学園に派遣された魔法少女・ゆうまは国民の安全のため、世界征服を企んでいた! しかし、彼女が目にした学園は、想像を絶するもので…!? 第10回スーパーダッシュ小説新人賞優秀賞受賞作!!

 魔法少女に大切なこと

 魔法国家から日本に派遣された魔法少女と変人だらけの少年少女たちがおくる学園ラブコメ。

 主人公とメインヒロインがまるで悪役じゃないか! そしてサブヒロインが超主人公。なんだこれwww
 魔法国家からの親善大使として日本の学校に入学した魔法少女・ゆうまが、天才発明家の山田や妖怪ハンターの嵐といった、破天荒な級友たちとドタバタを繰り返し絆が芽生えていくのがよかったです。
 主人公とヒロインを始めとして、アクの強い登場人物たちの掛け合いが面白かった。

 魔法少女という非常識なキャラのゆうまですが、話の舞台となる幻城址学園には、超人的な能力を持った少年少女ばかりが集まっていて、魔法少女という特異なキャラですら埋没するというカオスっぷり。
 変人だらけの学生の中でも、エロス目的の発明ばかりを繰り返す山田が、毎度くだらない騒動を起こしてゆうまや幼馴染の嵐たちを振り回す様が可笑しかった。いつも楽しそうで笑いが込み上げてくるなぁ。

 ゆうまとは別に学園に侵入して、魔法国家への復讐に燃える魔法少女アンノンが目的のために山田やゆうまたちの関係を壊すべく暗躍するんだけれど、彼女にも悲しい事情があって同情してしちゃう。
 アンノンによって時空の彼方へと飛ばされてしまった山田とゆうまだけれど、そこからの主人公とは思えぬ悪ノリには大笑い。主人公が悪役の真似事して、悪役が主人公の野望を止めるってなんだよ!w

 他人と比べて、才能があったり、特別であるほど人間は孤独になっていく。恋をするのも自分と対等な人間でないと、お互いの考えが理解できないだろうし、どちらにとっても傷つくだけで苦しいでしょうね。
 恋する山田に振り向いてもらうために彼の元へ駆けて行く嵐が可愛かった。幼馴染っていいなぁ!
 ユーモラスなキャラと予想外のSF展開がインパクト充分でした。今季のSD文庫の新人は当たりだな。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 集英社スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238356232

この記事へのトラックバック