ダフロン

2006年08月25日

十三番目のアリス/伏見つかさ

4840235155十三番目のアリス
伏見 つかさ
メディアワークス 2006-08

by G-Tools

【傲岸不遜な九条院アリスは、十五歳の誕生日を控えたある日、彼女を「十三番目」と呼ぶ謎の少女が現われる。平穏な学園生活を謳歌していたアリスに、突如訪れた過酷な試練。】

※この作品はツンデレです


『異能を操るツンデレ美少女と心優しい男の子』という、
いつまで続けるつもりなのかもはや電撃文庫のステロタイプ。
近年稀に見る純朴少年、三月に対し下僕の如き扱いをする
Sッ気たっぷりなアリスは美味しいのだけれど、生憎とストーリーについては予定調和の域を出てない。

人気筋の基本形をコピーするのは構わないのですが、
もっと他とはここが違うんだというアレンジをしてくださいよ。
読む側にとっては、どの点をとっても没個性に過ぎる。
月一くらいで新しいシリーズの出てくる学園異能モノですが、
今後、プロット段階での練りこみが今まで以上に必要ですね。

まあ相対評価を止めて、作品単体で見ればなかなか。
傲岸不遜なアリスを唯一トキめかすことのできる三月は相当なやり手です。
ストイックなところのある怜奈にかかると、いくら毒舌を吐こうがイジラレキャラになってしまう絡みも面白い。
典型といえば典型のツンデレの旨味をきっちり搾り出している手腕は認めてもいいかも。

デビュー作なのにもう続巻を決定しているというハナシです。
変わり目栄えしない異能アクションはいらないから、
ゴスロリ描写と日常パートだけは厚く見積もって欲しい。
なんかもう電撃編集部のルーチンワーク化した企画思想を垣間見てしまうのですが、読者の求める新境地に達するには、もはや作家の良心に頼るしかないのだろうか。

たまに出る問題作は、そのまま埋めておきたい地雷作だし。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(6) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

十三番目のアリス
Excerpt: 実に模範的な電撃的ライトノベル。 なんだかテンプレートすら見えてくるくらい定型的です。 が、別にそれは悪い意味ではなく、十分読めるレベルだし、 それなりに楽しめました。
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2006-08-27 02:37

十三番目のアリス
Excerpt: ボルナレフがいた。作者の伏見つかささんがジョジョヲタなのかにちゃんねらーなのか気になりますが、何にしてもボルナレフの所では思わずニヤリと。あれはどう見ても不意打ちじゃないか。そしてあからさまに狙ってい..
Weblog: ライトノベルの箱詰め。
Tracked: 2006-08-28 17:38

十三番目のアリス
Excerpt: 十三番目のアリス 著者 伏見つかさ イラスト シコルスキー レーベル 電撃文庫  ツンデレが主人公なんは難しいかも?  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2006-09-18 10:21

十三番目のアリス
Excerpt: 伏見 つかさ 十三番目のアリス  電撃文庫の「十三番目のアリス(著:伏見つかさ 画:シコルシキー)」を読みました。  傲岸不遜な気質で知られる九条院アリスは、みずから「令嬢の心得」..
Weblog: STAIRWAY 2 HEAVEN
Tracked: 2006-09-25 21:43

十三番目のアリスのレビューらしき紹介
Excerpt: 十三番目のアリス伏見 つかさ (2006/08)メディアワークス この商品の詳細を見る アマゾンよりコピペ 内容(「BOOK」データベースより) 傲岸不遜な気質で知られる九条院アリスは、み..
Weblog: しがない日々の傷痕?
Tracked: 2007-04-19 22:47

十三番目のアリス [伏見つかさ]
Excerpt: 十三番目のアリス (電撃文庫) posted with amazlet at 08.05.12 伏見 つかさ メディアワークス 売り上げ
Weblog: ちょいヲタ?バスタア日記
Tracked: 2008-05-12 19:27