ダフロン

2006年08月06日

xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル/西尾維新

4062135094×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル
西尾 維新
講談社 2006-08-02

by G-Tools

【残忍な眼。壱原侑子に相対し、私が最初に抱いた印象は、その一言についた。どんな願いも叶う店。ただし同等の対価が必要。この世のすべては<必然>の奇跡】

「ちなみに私は一条さんのファンよ」
「や、わかりやすいけれども! けれども!
 一条さんは確かに、誰もが認める
 素敵極まりないキャラクターですけれども!」

またマンガネタか!


トリビュート維新、弐さつめ。
内容は中編1話、書下ろしの短編2話。
幸福を享受できない女性。死者からメールが届く携帯電話。
そして「あやかし」と「まやかし」を視る異色眼を持つ男。
デスノよりは、本来の西尾と原作のダークなまったり感が合っていました。でも、さすがにマンガネタをやりすぎだろ!

いや、一条さんは最高だが

1話目までは原作に忠実にやろうとしてますが、
書下ろしの2、3話までくると西尾維新が食い始める。
真面目に書いてるうちに飽きてきたんでしょうなきっと・・・。
西尾維新の大好きな言葉遊びの連発。オリキャラでやたら凶悪な化町婆娑羅といい、自分色にベッタリ塗りたくってます。

ホリックファンと西尾ファンで評価が二分化してます。
四月一日に対する侑子のSっぷりに拍車がかかっててよかったと思うのですけれども、ホリックファンには不評です。
西尾センテンスに慣れていない読者は戸惑って当然かも。
それなりに両方とも読み込んでる私としては、西尾スパイスの効いたホリックは珍味な食感で楽しめました。

それより問題は、四月一日と侑子の絡みだけで、
他の主要メンバーの登場が皆無ということですよ!
百目鬼や九軒ひまわりどころか、モコナの出番がねぇよ!!
モコナが四月一日をいじらないホリックなんてホリックじゃねぇ

それとノベライズするにあたってのエピソード選びかな。
確かにホリックは、おどろおどろしい怪奇談もあるんですが、
狐の親子なんかの「あやかし」との心温まるエピソードも決して少なくないわけで。ホラーとほのぼのの割合が微妙です。

魅力的なあやかしキャラすらいないと面白味も半減。
私なんて九軒ひまわりよりも、座敷童を正ヒロインにと常々思ってるくらいだから。そこは見過ごせない問題でした。

ときに侑子は「ルパン三世」なら誰が好きか聞いてみたい。

ぱにぽに 1 (1)ぱにぽに 1 (1)
氷川 へきる

by G-Tools

posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ノベル「xxxHILIC アナザーホリック」感想
Excerpt: 「xxxHILIC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」☆×6(殿堂入り) 講談社ノベルス:著/西尾維新 原作/CLAMP “「NISIOISIN×CLAMP」それは<必然(ヒツゼン..
Weblog: すたじおG
Tracked: 2006-12-22 23:05