ダフロン

2006年07月25日

ウェイズ事件簿 3/神代創

4812427762ウェイズ事件簿3 深き闇の彼方に
神代 創 山本 ヤマト
竹書房 2006-07-20

by G-Tools

【ザムリアの侵攻、魔術師の裏切り。かつて、二つの災厄に見舞われた王都ラスラトア。複雑に絡まった因果の糸。15年の歳月をへて再び邪悪な意志に覆われる。】

ザムリアに潜入したカルヴィンとリーズフレア。
ラスラトアでは、サディアが不可思議な夢を見はじめる。
シリーズの核心に迫る事件が同時進行していきますが、
肝心のウェイズは自分の家で毛布に包まってるだけです。

働けよニート野郎

家から出るのは食料の買出しだけかよ・・・。
だから食事シーンばっかなのは何を狙ってるのか・・・。
オビは「探偵アクション」だけど、実際は家事の合間に事件を解決してる、「主夫アクション」だよね。
料理のできる主人公って本当に流行ってますねヲイ。

レヴからして淡白で、脇役もさっぱりさわやか。
ここまでアクのないキャラクターも珍しかったな。
もっとクセや裏があった方が面白かったかもしれない。
ストーリーも完結ということで、綺麗にまとめてきました。
色々と伏線を張っておいて、最後に無難な配置で落ち着くという、神代らしい終わり方がきたなぁというカンジです。

作品のパラメータは、すべて平均点なのに、
なんでか飽きがこないんだよな神代の作品は。
最初から平均点を狙って、まさに平均点ドンピシャの作品を作ってくるあたり、構成力や計画性は評価してますよ。

つまらなくはないが、完結が早くて物足りない。
わりと好みの作風だったし、もっと続けて欲しかったよ。
こしきゆかしき王道派の中でも軽めのファンタジーなので、
「ソードワールドとかは、ちょっと私には濃くて・・・・・・」
という初心者にも読みやすいのが特徴かな。

さて、現状竹書房に読みたいタイトルがない。いいか別に。


posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 竹書房ゼータ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ウェイズ事件簿(3)
Excerpt: なんかもぅ、終始淡々とフラットに進んで終わった。という感じ。 まぁ、ある意味ライトノベル? そんな感じ? もうちょっと突き抜けた何かが欲しかった。
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2006-07-26 02:04

[神代創] ウェイズ事件簿3 深き闇の彼方へ
Excerpt: 同じ夢を何度も見る。その上、自分の周りで不思議な現象が続くことに怯えたサディアは、エルフの長老に相談を持ちかけた。 同じころ、隣国ザムリアでの異変を偵察すべく、カルヴィンはリーズフレアを妻に扮させて向..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-08-14 09:41